R-1落選芸人 怒りがヤバい!ウケたのに落とされたのはおかしい

エンタメ

R-1落選芸人 怒りが話題となっていますね。

「R-1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選した、

お笑い芸人のキートンさんが、意図的に落とされたと訴えているそうです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りがヤバい!ウケたのに落とされたのはおかしい

ピン芸人の中で誰が一番面白いかをい決める

「R-1ぐらんぷり2019

その大会の3回戦で落選したキートンさんが、

自身のツイッターで自分が落とされたのはおかしいと不満をぶちまけました。

こちらがキートンさんのツイッターです。

キートンさんの主張は、

「結果的に3回戦落ちとなったが、私は意図的に落とされたと思っている。

なぜなら3回戦の私は相当ウケたから」

と言っています。

キートンさんは、自分のネタに相当の自身のあるご様子。

そんなに面白い芸人なのでしょうか?

 

こちらは以前のキートンさんのR-1ぐらんぷり2015のネタの動画です。


この時から4年が経過した今年のR-1ぐらんぷり2019では、

面白くなっていたのでしょうか。

芸人が、漫才師のコンクール大会での審査員に対する不満で大問題になった後での主張

相当の覚悟の上での、大会運営にたいする批判です。

R-1落選芸人のただの愚痴では済まされ無い様な気もします。

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

見てないけど
キートンの面白さと
勝ち残った面子を見比べたら

まぁキートンの主張のほうが受け入れやすい。
さらに久保田やらの問題があった事をふまえて
尚の批判だから
かなりの覚悟で言ってるよね

 

ピンでやってる人にとっては1年に1回の大事な大会なのは間違いないしこれに人生かけてる芸人さんだっている。
準決のネタでも明らかに知名度だけで残ってるよなって思う人も毎年何人かはいる。
ある程度知名度のある人を残さないと運営的にも色々まずいのはわかるがこの方のように誰がどう見ても会場でウケてた人は落としてはいけないよね。
芸人さんが本気で来てるんだから審査員も予選からある程度はお笑い理解してる人にやってほしいと思うわ。

 

現場で見てないので、本当に面白かったかどうかについては何も言えない。
ただ、就職面接でも『この中では自分が一番』と思ってて落とされる事はある。
そもそも、何が選考基準なのかがハッキリしてないので詐欺とも言えない。

もともと、その場の笑いの量ではないのかもしれないし、笑いの量だとしてもそれはやっぱりそれぞれの主観であって、主催者側がダメだと感じたらそれは仕方がない。

特に下ネタだったりすると、センスが合わないと全く面白くない事がある。
観客に受けたから正解とは限らない。

もともとお笑いの評価なんてそういうものじゃない。
客観的な価値観のない世界なんだから、そこに文句言っても仕方がない。

逆に、賞を取れなくても面白いと思われれば仕事は来るし人気も出る。
チャンピオンに負けた芸人が売れることもある世界でしょ。

 

ネタを見てないので内容で判断できないけど、決勝がTV放送と言う事を踏まえても大人の事情が入るのはやむを得ない。

だけど新しい才能を生かすにはチャンスを与えないとね、別に優勝できなくても決勝に残った人で、ネタ番組に呼べるかの判断基準ぐらいにはなりそう。

芸人を判断する方は華のある芸人を探しているのだろうけど、そもそもその人に人を見る力があるかが疑わしいと思う。TVに出てる芸人でも何もしなければパッとしないけど、ネタをやらせたら面白いや褒め言葉としてのくだらねえと言いながら笑える事がある。

だから一度はメディアに出してみなきゃ分からない。

 

この人のことを知らないしネタも見ていないけど、審査ものの大会って評価の仕方を透明化して欲しいというのはもっともだと思う。
町のカラオケ大会から、国際的なミスコンまで様々な大会があるけどスポーツではないものをどういう基準で善し悪し付けるのか、お金的な事情もあるだろうし政治的な事情もあるかもしれない。
不満を感じたのなら声に出して言っていくしかない。

 

M-1でも審査に不満を発信して騒動になったように、スポーツのようにタイムが速い人や、多く点取った人が勝ちとは違うから難しいよね。
TVショーである以上話題のある芸人を残したいと言う運営の言い分も分かる。
不満を持つのは悪くないとは思うけどSNSで発信するのはやめた方が良いんじゃないかな。
納得いかないなら、運営に直接理由を聞きに行ってみれば良いかと。

 

自分でも言っている様に大人の事情でしょう。
残したくない理由があるのでしょう。
詐欺だと思うならコンテストには出ずに頑張りましょう。
2千円払いたくないのならば2千円払わなくてもいい位の芸人になりましょう。どうやってなるかは自分で考えましょう。
どうやって売れるかも考えずに手っ取り早くコンテストに出て上位に進出したら売れると思うのはやめましょう。
それか自分で企画立案してスポンサーを見つけてテレビ放映枠を確保して確かな審査眼を持った審査員に出演を依頼して番組を制作しましょう。その中でネタ勝負をしましょう。
炎上商法狙いは分かるがちょっとパンチが弱い。お笑いの世界に居て、それを笑いに変えずに真剣に文句を言ったら粋ではない。
もう少し頑張りましょう。

 

審査基準に関してよくわからない前提ですが、
面白いだけでは通らないと思う、というのが個人的な見解。

なぜなら、見世物である以上面白いだけでなくタレントとしての価値もまた必要だし、結果的につまらなくてもたくさんの人に見てもらえるかどうかがメディアの価値につながるから。

芸人は、まず放送してくれるメディアにとって利用価値にならなければならないし、そして視聴者にとって楽しい存在にならなければ成功しない。

良くも悪くも利用価値にならなければ採用されないのは自明の理。どんなに面白くても、マイナーだったら使われない。使われるためにはそれなりのコネか強引なやり方をしないと難しいのはどの業界でもおなじ。

個人的には応援したい。これにめげず頑張って欲しい!

 

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りの詳細

詳しい記事はこちら

椿鬼奴やくまだまさしらとのお笑いユニット「キュートン」などで活動するお笑い芸人のキートン(45)が、ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選し、「意図的に落とされたと思っている」と、大会運営への不信感をあらわにした。

キートンは30日、ツイッターを更新。「自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」と書き出し、手書きの長文をアップした。

その文書で「結果的に3回戦落ちとなったが、私は意図的に落とされたと思っている。なぜなら3回戦の私は相当ウケたから」と主張。「こういう事を言うと色々と文句を言ってくる奴もいますが、3回戦を見た芸人やお客さんからは、一番ウケていたと言ってもらえたりもした。さすがにそれは褒め過ぎとは思いつつ、謙遜して言ってもその日のベスト5には入る笑いを取っていたと思う」と説明した。

続けて「色々な大人の事情で、そこそこウケた知名度のあるコンビの片割れを残すのは、百歩譲って良しとしよう。が、圧倒的にウケている知名度のない芸人を落とすのは、絶対にやってはダメ、しかも3回戦ぐらいで」と持論を展開し、同大会に対し「『R-1詐欺』だよね。二千円の参加費を取って、出来レースまがいのやり方。R-1側はエントリー前に『キートンさんはどんなにウケても、3回戦で落ちますよ』って言わなきゃダメだよね」と皮肉を込めた。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

 

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りのまとめ

この主張をする事で、話題になった事は事実ですね。

本人がいう様に実力があるのなら、この先、世に出てくる可能性はありますね。

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント