BiSH アイナに熱愛!お相手はMOROHAのUK!画像あり

エンタメ

BiSHのアイナ・ジ・エンドさんに熱愛が発覚しました。

お相手はMOROHAのUKさんの様ですね。

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

BiSH アイナに熱愛!お相手はMOROHAのUK!画像あり

BiSHのアイナ・ジ・エンドさんに熱愛が発覚しました。

 

アイナさんの熱愛のお相手とされる方は

2人組ラップグループ「MOROHA」のギターを担当するUK(31)さん

 

文春さんがアイナさんに直撃すると、

同棲は否定したものの、熱愛については否定しなかったご様子。

笑みを浮かべて

「それは事務所に確認してください」

と言ったそうです。

事務所は、本人のプライベートなので基本任せております

と否定はしなかったみたいですね。


BiSHは昨年、日本レコード大賞で新人賞を受賞した

現在人気絶頂のアイドルグループ

事務所も恋愛は禁止していない様なので、

アイナ・ジ・エンドさんには、

UKさんとの熱愛でいい恋をして、いい歌を歌ってもらいたいですね。

 

スポンサーリンク

BiSH アイナに熱愛についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

アイドルなのに全然可愛くないっていう。
でも歌上手いと思う。
幸せなら良いのではないでしょうか?

 

それはそれで、エエんじゃないかと思いますよ。

 

どちらかというと、BiSHにそういうアイドル感求めてファンやってる人は少数派だと思うわ。
恋愛だろうが何だろうが好きにやってくれていいから良いもの見せてほしいっていう感覚で見る対象だと思う。

 

27歳、くらいだと思うのでファンもダメージ少ないし、そもそも歌唱力やダンスなどのスキルが高い所が人気な人なので特に何もなく活動するんでしょうけど、こういう時のアイドルの交際宣言は売り上げにどう影響するのか事務所は悩みどころでしょうね。やはり、キャッチフレーズに「彼氏は二人まで」が付くんでしょうかね。

 

1度だけエーネーションでこの子達の歌を聞いたのですがこの子の声がとても良かった。ずっと歌って欲しい。恋愛をしたいと思う年齢だと思います。そんなことで騒いで欲しくないと思います。ステキな恋愛をして、その声でずっと歌っていてくださいね。

 

例えどれだけの実力があろうが、こういう色物的売り方をされてるんだからアーティストとしての将来なんてタカが知れてるでしょ。恋愛するのは全然良い事だと思います。
第一、恋愛禁止でファンを集めてるってワケでもあるまいし。

 

清掃員ですが、別にショックではないし、むしろそっとしておいてあげてほしいです。皆似たような気持ちでは?文春もいちいち記事にしなくてもいいでしょ。

 

外見重視ではなくパフォーマンス力で売っているグループだと恋愛でほぼ人気低下に関係ないだろうし問題なし。

パフォーマンス力が足りず握手重視アイドルには大事だろうけど・・・。

 

スポンサーリンク

BiSH アイナに熱愛の詳細

詳しい記事はこちら

6人組の女性アイドルグループ「BiSH」のメンバーであるアイナ・ジ・エンドの熱愛が明らかになった。2月2日のインターネット生放送番組「直撃! 週刊文春ライブ」が報じた。

BiSHは2018年12月30日に行われた「第60回 輝く!日本レコード大賞」で新人賞を受賞。2016年にメジャーデビューしたばかりだが、“楽器を持たないパンクバンド”をキャッチフレーズに2018年、一気にブレークした。

そんなBiSHのメインボーカルの1人、アイナ・ジ・エンド。2018年9月19日にはシングル「きえないで」でソロデビューも果たしている。同曲のミュージックビデオはYouTubeで100万回以上再生された。

アイナには同棲中の恋人がいる。ラップグループ「MOROHA」のギターを担当するUK(31)だ。MOROHAはMCを務めるアフロ(31)との2人組グループ。テレビ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、ジャニーズ俳優の生田斗真の「今もっとも会いたい人」として、ゲスト出演を果たしている(2015年6月1日放送)。

2人はスペシャルユニットも組み、音楽活動も共にしている。

2018年12月16日、東京・お台場のZepp TokyoでMOROHAの単独ライブが開催された。20時半頃、仕事を終えたアイナがタクシーで駆け付けると、約1時間後、関係者らと共に出てきたアイナとUK。2人はタクシーでアイナの自宅へと帰っていった。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

BiSH アイナに熱愛のまとめ

本人達も事務所も隠すつもりもないようですし、

いい恋をしていい歌を歌ってもらいたいですね。

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント