宇野常寛 キンコン梶原に怒り!カジサックからの失礼な絡みで帰る

エンタメ
スポンサーリンク

評論家の宇野常寛さんが、

カジサックとしても活動するお笑いキンコン梶原雄太さんから、

イベントで失礼な絡みをされたとツイッターで怒りの投稿をしました。

スポンサーリンク

宇野常寛 キンコン梶原に怒り!カジサックからの失礼な絡みで帰る

こちらが問題の宇野常寛さんがカジサックに対しての怒りのツイートです。

 

失礼な絡みをされ、イベントを途中で帰った様ですね。

更に宇野常寛さんのカジサックに対しての怒りのツイートは続きます。

カジサックこと、キンコン梶原さんは、

みんなを面白くするためなら、人に嫌な事をしても良いと思っているみたいですね。


この件に対してカジサックさんは、

「芸人として当たり前の事をしただけのことだから特に謝罪はしない」

という事のようです。

芸人とは、人に対して嫌な思いをさせる事が、芸人として当たり前の事なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

宇野常寛 キンコン梶原 怒りについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

梶原はテレビで見ててもガラが悪く面白くもないから引退した方がいいと思う。

 

やっと正面きって批判してくれた。
調子乗ってることはわかっていた。
引退でいいと思います。

 

梶原は自分のお笑いを批判されてもかまわないし覚悟があるみたいな考えなんだけど、嫌な思いした人は梶原がどうなろうとも嫌な気持ちは変わらないという事がわかってない。
しかもすぐに逆ギレしてYouTubeのネタにするのが余計よくない。

 

梶原もそろそろ考えたほうがいいと思うけどな
何があったかは知らんが偉そうにしてるんだろう。
池崎の1件からも全く変わってないことが分かった

 

これだけでは両者の間でなにがあって
どっちが悪いのかは判断できないが、
梶原がトラブルメーカーなことはわかった。
ここ最近の行動言動をみる限り
少なからず原因があることは想像できる。

 

>「みんなが面白くなるためにした」と釈明していたそうだが、「彼の『みんな』に僕らはなぜか入らないようだった。お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた」

これは身近な場面でもよくありますね。
誰かをいじって周囲の笑いを取るのは簡単ですが、いじられた誰かも一緒に笑えないなら、それはただのイジメか嫌がらせでしかないと思うんですよね。

こういうのは、職場でも学校でも、それ以外の仲間内でもよく見られますが、気を付けないと自分も同じことをやってしまいがちです。
本当に「みんな」が楽しめているのかよく考えましょう。

どこかで、いじり系の芸人さんは、いじった相手へのフォローとかを欠かさないと聞いたことがあります。
周囲のひとはもちろん、いじった相手も不快にしてしまっては芸としてダメなんだとかなんとか。。。

で、それができないなら素人と変わらないということです。

 

詳細は存じ上げませんが、人を傷つけて笑いを取るやり方は、本来面白くない人のやり方だと思います。会社でもよくある。見てられない。

 

有吉も失礼な事を相手に言うことがあるけど、こういう問題には発展しないんだよな。
いじる相手に愛情や尊敬の念があるからだろうな。そこが有吉と梶原の違い。

 

人をいじって笑いに繋がるのは、相手との関係性がきちんと成り立っていてのこと。
近年、若手を中心に、そこをはき違えて、いじって来る芸人が特に増えた。
おそらく、売れている先輩芸人のテレビの観すぎだろう。

いじっても、相手もお客さんも笑わせている芸人は、相当な気遣いと、それまでの組み立てがきちんと出来ている。

チャンスも多く、経験も積んでいるはずの梶原氏が、この歳までそれが身に付いていないのなら、今後も難しいと思う。

スポンサーリンク

宇野常寛 キンコン梶原 怒りの詳細

詳しい記事はこちら

評論家の宇野常寛氏(40)が、「カジサック」名義でユーチューバーとしても活動するお笑いコンビ、キングコング梶原雄太(38)からイベントで「失礼な絡み」をされたとし、怒りをあらわにした。

宇野氏は3日更新のツイッターで、「昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った」と出来事を報告。梶原はその場で「みんなが面白くなるためにした」と釈明していたそうだが、「彼の『みんな』に僕らはなぜか入らないようだった。お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた」と不快感をあらわにした。

続けて「こういうヤツがいるからイジメってなくならないんだなと痛感した」と宇野氏。「端的にせっかくテレビ的から離脱してネットにステージを移したはずなのに、やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました。彼には注目してたんですが、がっかりです」とつづった。

その後、宇野氏は、梶原から所属事務所などを通じて「芸人として当たり前のことをしただけだから特に謝罪しない」というコメントを受けたことを報告。「弱い人やマイノリティに石を投げて、自分を持ち上げるのが彼の考える『芸人として当たり前のこと』らしいです」と皮肉を込め、「カジサック、現場では慌てて(イイワケしながら)謝っていたくせに、大組織に守られると途端に態度がデカくなるんだと思った。本当ガッカリだな」「とりあえず二度と僕に近づかないで欲しいわ」と嫌悪感たっぷりにつづった。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00470010-nksports-ent

 

サンシャイン池崎さんの問題について語るキンコン梶原さん

スポンサーリンク

宇野常寛 キンコン梶原 怒りのまとめ

芸人として人を弄る事は、当然あるでしょう。

ですが、弄られる人との信頼が合って初めて笑いに繋がるのでは無いでしょうか?

信頼のない弄りはただのイジメになるという事を、

キンコン梶原さんには気がついて貰いたいですね。

 

 

キンコン梶原 公衆便所発言を謝罪もネットは更なる批判の声も!

キンコン梶原 苦言の真相は?相方西野の反応は薄かった!

宇野常寛 不快感の真相は?カジサックに対して怒りのツイート

コメント