【画像】オール巨人 歴代免許証公開が衝撃すぎ!昭和は笑顔で良かった?

⚠  本サイトにはプロモーションが含まれています。

カメラエンタメ
スポンサーリンク

オール巨人 歴代免許証公開が注目されていますね。

オール巨人さんがX(旧Twitter)で歴代免許証を公開して話題になっています。

どんな写真なのか気になりますね。

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

オール巨人 歴代免許証公開

漫才コンビオール阪神・巨人のオール巨人さん

M-1グランプリの審査員は引退してしまいましたが

漫才界の大御所であることには変わりありません。

そんなオール巨人さんが運転免許証の更新にいかれたそうで

X(旧Twitter)で新しい免許証と共に過去の歴代免許免許証を公開してました。

オール巨人さんの若い頃からの変化の様子と

過去の免許証の中には今では考えられない衝撃な写真もあり反響を呼んでいます。

どんな歴代免許証なのか気になりますね。

オール巨人 歴代免許証公開の詳細記事

まずは、「オール巨人 歴代免許証公開」について報道された詳しい記事を見てみましょう。

34年前の“伝説の名車”購入のオール巨人、72歳までの歴代免許証をずらり公開 「歴史を感じますね」「いい年の取り方」

お笑いコンビ「オール阪神・巨人」のオール巨人さんが12月6日にX(Twitter)を更新。歴代の運転免許証10枚の写真を公開しました。そういえば口ひげ生やしていた時期あったな!

【画像】オール巨人さんが購入した“伝説の名車”

現在72歳のオール巨人さんは、11月15日のX(Twitter)投稿で免許更新を報告。高齢者の免許返納に居合わせたことに触れつつ、「僕はまだまだ返納出来ないなぁ~」とつづっていました。

その後、12月4日にはお笑いコンビ「テンダラー」の浜本広晃さんが旧車を紹介するYouTubeチャンネルに登場。漫才師としてブレイクした35~36歳のころにも乗っていた「ホンダ・レジェンド」を購入したことを報告し、34年前の車にも関わらず塗装も部品も良好な状態の愛車に驚きの声が多数寄せられました。

そして今回のX(Twitter)投稿では、歴代の免許証の顔の部分だけをずらりと並べた写真を投稿。「新しい免許証が届きました 机の引き出しに、昭和57年からの免許証が残ってました 途中何枚か抜けてますが」と説明しています。

中には体調の悪い時期に撮ったものもあり、「下の真ん中の時期はC型肝炎の治療中で顔色悪い~  一年半で10キロ痩せてフラフラでしたが舞台は 何故か出来ましたね」と当時を振り返りました。

時間の積み重ねを感じる投稿に、ネットでは「良い思い出ですね」「いい年の取り方してますね。めっちゃ渋くなっていくのがカッコいいです」「巨人さんの歴史を感じますね」「歳を重ねる毎にカッコよくなってます」などの声が上がっています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

オール巨人 歴代免許証公開の画像

お待たせいたしました。

それでは、オール巨人さんの歴代免許証公開の画像をご覧ください。

若い頃から現在までのオール巨人さん

昔の笑顔で歯を見せている写真がひと際目を引きますね。

昔は免許証の写真で笑顔でも良かったですね。

しかし、それよりも以前の免許証を持って帰れる事は初めて知りました。

 

 

スポンサーリンク

オール巨人 伝説の名車の動画

歴代免許証公開したオール巨人さんの伝説の名車の動画がこちら

伝説の名車とは

なんと34年前の旧車「ホンダ・レジェンド」

オール巨人さんがブレイクした頃に乗っていたそうで

同じ車種の「ホンダ・レジェンド」を最近購入されたという事です。

 

スポンサーリンク

オール巨人 歴代免許証公開についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

 

なぜ古い免許証が残ってるのかが不思議。
更新の時に交換になるはずなのになぁー。
でも、今までの歴史を振り返れて羨ましい

 

試験場で古い免許証を渡す時に
『返して欲しい』と一言いって渡せば返却されます。
私もそれを知ってから毎回返却してもらってます。

昔の大きいサイズもありますが
当時は免許証一枚だけがカードサイズより大きくて不便でしたが
なめ猫の免許証は
今の免許証のサイズと同じだった!

 

昭和48年ころは二つ折りのビニール製の免許証でした。ビニールとビニールの間に免許証を入れて、それを圧着して二つ折りの免許証として使っていました。
しかし、この免許証にも弱点がありました。。ビニールが圧着されているところをある方法で圧着を外して顔写真を入れ替える方法で偽造がされていました。
その後、カード型のパウチを利用した免許証に変更になりましたが、益々偽造がしやすくなって大量の偽造免許証が出回りました。何で大量に出回ったかと言うと、この免許証は金貸しの「無人くん」で利用されていました。
平成10年ころには1冊50000円で取引がされていました。
現在の免許証は写真の左横にチップが埋め込まれているので、そのチップの情報が表現できない為、表面は表現できても本人の情報は皆無に等しい物である。

 

免許の申請書の写真も厳しくて、持ち込みの写真は大体ケチ付けられて試験場で撮り直しさせられる。
自分が高校生の頃は、試験場の近くに代書屋が有って、そこで製作してもらったもんだ。友人の中で一号に免許証取得した免許証は、代書屋ケチって自分で手書きしたもんだから、免許証の文字が手書きだったの覚えてる。ゆるゆるな時代だった。

 

実は初めての免許更新が昭和64年1月8日か9日だった。
実際は平成元年。しかし改元当日か翌日だったので、システムの変更が間に合わなかったようだ。有効期間が㍼67年になっていたんじゃなかったかな。裏面に昭和何年は平成何年と読み替える、というゴム印が押されていたのではなかったかな。
残念ながら現物は残っていない。

 

昔って言っても昭和57年以後ということで、その頃だともう今のようなルールはあったと思います。ただ撮る方もそんなにギスギスしてないというか、まだ大らかなところがあったということでしょ。
本人かどうか確認できるという点が一番なので、その点を大きく逸脱する写真じゃないし。

 

実は自分も更新の度に過去の免許証を貰ってる
きっかけは財布を紛失した際に免許証再発行してもらって
その後に財布が出てきて…免許証も
そこから何となく更新の度に貰うようになりました
別に誰かに見せる訳ではないけど結構こんな人居るんですかね

 

古い運転免許証は都道府県ごとに取り扱い方が違い
古い免許証を全員に返却 12都道府県の公安委員会
古い免許証は回収が原則 35都道府県の公安委員会
大阪府は回収が原則で新しい免許証を受け取るための引換券的な位置付けです。

せめて、これくらいは統一しろよな!!!

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

オール巨人 歴代免許証公開のまとめ

以上、オール巨人 歴代免許証公開について調べてみました。

 

タイトルとURLをコピーしました