【画像】黒田勇樹 激変がヤバい!元天才子役の42歳の姿が衝撃すぎる!

⚠  本サイトにはプロモーションが含まれています。

カメラ エンタメ
スポンサーリンク

黒田勇樹 激変が注目されていますね。

黒田勇樹さんがインスタグラムで激変した姿を公開して話題になっています。

どんな写真なのか気になりますね。

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

黒田勇樹 激変した42歳の姿が衝撃すぎる!

俳優の黒田勇樹さん

NHK大河ドラマ「武田信玄」でデビューして天才子役として名をはせ

『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』『ひとつ屋根の下2』などの数々の人気ドラマに出演

子役から活躍していた黒田勇樹さんも現在は42歳

そんな黒田勇樹さんがインスタグラムで公開した写真が余りにも激変していると反響を呼んでいるんです。

いったいどんな姿に激変しているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

黒田勇樹 激変の画像

それでは、黒田勇樹さんの激変の画像をご覧ください。

この投稿をInstagramで見る

黒田 勇樹(@yuukikuroda23)がシェアした投稿

 

 

こちらは子役時代の美少年から現在の激変した42歳のビフォーアフター

 

なお黒田勇樹さんご本人は自身のブログで

激変した姿が話題になっている事について

「俳優にとってビジュアルなんか、玩具でしかないんすよね」

とコメントしています。

 

スポンサーリンク

黒田勇樹 激変の詳細記事

続いて「黒田勇樹 激変」について報道された詳しい記事を見てみましょう。

元天才子役・黒田勇樹、激変した42歳の姿「こうなって…」ドラマ美少年役から30年超、意味深投稿も

俳優の黒田勇樹(42)が8日に自身のSNSを更新し、イメチェンした近影をアップした。

【写真複数】衝撃の激変!スキンヘッド&金髪のヒゲ姿

3月26日に「20年ぶり2度目の『しばらく休憩の意思表示ブリーチ』」と金髪になった写真を掲載していた黒田。この日は「これが、こうなってこう(やってみたかった)」とつづり、金髪でヒゲを生やした姿からスキンヘッドでヒゲのない顔に変ぼうしていく様子をアップ。フォロワーから「2枚目ジョントラボルタかと思いました」との声が上がっていた。

4月に42歳を迎えた黒田は1988年、NHK大河ドラマ「武田信玄」の武田信勝役で俳優デビューし、天才子役として活躍。94年のTBS系ドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」での美少年役などが注目を集め、98年、映画「学校III」(山田洋次監督)の小島富美男役でキネマ旬報賞新人男優賞、日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞した。

私生活では2012年に歌手の中村瑠衣と結婚し、13年に離婚。21年にブログで「結婚していて、子供がいます」「お相手はアイドルで女優で僕の主宰する令和反戦楽団の団員でもある珠居ちづるさん」「子どもは男の子でもうすぐ1才」と再婚を報告。しかし昨年11月にインスタグラムで「結局、俺の子ではなかったということなのかな」と意味深な言葉をつづり、3月26日のブログで「離婚とか引越とか、仕事探しとか、コツコツしなきゃいけないので息抜きに髪色を抜いてみました」と記していた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

黒田勇樹 激変についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

 

当時キンキキッズと出てたドラマですね。
観てました。
どこか影のある印象の役柄だった記憶があります。
でも芸能人は仕事によって輝くし、仕事がなければどんどんオーラも無くなるように思います。
今はまだSNSがあるので取材されなくても自ら発信できますが当時を知っている自分とすればこの投稿は何だかとても切なく思えてなりません。

 

黒田さんが以前、子役は18〜19歳でベテランになり、20歳前後で飽きられ、新社会人役などは椅子取りゲームなので新鮮な人に譲らないといけない…みたいなことを語られてたのが印象的だった。

この人も子役時代は中性的でミステリアスな強烈な印象を残したけど、そのままじゃ通用しないことや、新しい人に目が行く世論を冷静に分析され、生存競争に勝ち残るより好きなことをやる道を選ばれたのかなと。

なので、今も再びドラマ出演などの表舞台に返り咲くことより、個性的な生き方を模索し続けてる感じからは「あの人は今」的な落ち目な印象は全く感じない。

若くして注目されたが故の苦労もされ、私生活でも色々あったのかな?と思われるけど、良い人生を送られて欲しいなと願いたくなる。

 

激変と言っても肌見ればまだ若いし、頭髪も毛根がまだ
生きてるのにあえて剃ってる。彼はちょっと変わってるからね、
自分からああいうキャラにしてるだけだと思う。
少年時代までは不思議な美少年だったが、大人になったら
独特の個性で我流で生きて行った。

 

美少年というかちょっと癖のある顔立ちで一度見たら忘れられないような顔だった。個性的でいいと思ってたけどその後パッとしなかったのはなぜだろう。個性的すぎて逆に難しかったか。今の時代だったらSNSなども利用してうまくいったかもしれないけど。

 

あと20年位経って白髪としわが増えたら、昭和の時代にサントリーオールドのCMに出演していた、リー・ヴァン・クリーフみたいな渋い役者になるかも。

 

美少年ではなく、演技派、個性派でしたよね。
思い出してみるととても演技が上手で、一度見たら忘れられなくなる個性的な容姿で、芸能人としてはかなりレベルが高かったように思います。
芸能界からは自分から距離を取っていたんでしょうか。
個性派演技派俳優として、引く手数多だったと思うのですが…。
何故スキンヘッドにされたのか、聞いてみたいです。

 

最初の奥さんとうまくいかなくなって、次の奥さんとうまくいってると思ってました
ひとつ屋根の下2の下宿生役、山田洋二さんの映画で大竹しのぶさんの息子役を演じている姿が印象に残っています
どうしてこうなった、という感じですが、天才子役だけあって演技は見事でしたので、人生も幸せになってほしいです。。

 

マイナーだけど、仮面ライダー剣の志村役がとてもハマっててよかったと思う 表向き善良な好青年で裏ではとんでもない腹黒役というのがね この人は人間失格でもそうだけど、悪役として物語を盛り上げることにかけて一級の役者だと思う

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

黒田勇樹 激変のまとめ

以上、今回の記事では黒田勇樹 激変について調べてみました。

 

タイトルとURLをコピーしました