斎藤工主演映画 お叱りがヤバい!公開中止になる可能性も

エンタメ
スポンサーリンク

斎藤工主演映画 お叱りが話題となっていますね。

斎藤工さんの主演映画「麻雀放浪記2020」が

ある設定によりお叱りを受けた様です。

何が問題なのか?詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

斎藤工主演映画 お叱りがヤバい!公開中止になる可能性も

斎藤工さんの主演映画「麻雀放浪記2020

お叱りを受けたという映画の設定はズバリ

東京五輪の中止」

映画内での設定ですが、東京五輪を控えた時期に相応しくないと言う事なのでしょうか?

 

麻雀放浪記2020」は、

阿佐田哲也作の小説、「麻雀放浪記」を原作としています。

小説をもとにした漫画や過去に映画化もされている作品です。

主人公はふんどし姿で麻雀をするキャラクターで、

ふんどし姿の斎藤工さんが見どころの一つの様ですね。

東京五輪を中止すると言う設定で、映画公開中止となってしまうのでしょうか。

果たして、映画の宣伝としてのお叱りなのでしょうか。

映画の公開まで目が離せませんね。

スポンサーリンク

斎藤工主演映画 お叱りについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

別にいいと思うが、
なんならオリンピックが終わってから上映すればいい

 

宣伝でしょう。
政治介入によって完成した映画の公開が中止になるなんて聞いたことがないし、そもそも麻雀映画が五輪に影響を与えるわけがない。
真に受けている人もいるみたいだし、これはちょっとたちが悪い。

 

オリンピックは開催して欲しい気持ちと中止にして欲しい気持ちがあります
今の予算組みの高騰を考えると誘致当初の経済見通しより開催後の借金が不安です
でも今更中止は大規模災害でも起きない限りないかな?

 

映画の設定なのに。。
じゃぁゴジラが東京タワーや国会議事堂を破壊する設定はどうするんだ?これまでには総理大臣暗殺なんてのもあったけど…今後はそう言うのもすべてダメな設定にするの?

 

映画という影響力によるもので指摘が入るのは分かります。
それを連想させる事象がロゴから工事予算、場所選定にいたるまであったからです。それは、仕方ないことですが中止を訴えた時点で作品表現の規制が厳しいと思います。

麻雀という狭い世界にまで介入しイメージ保護に走るのは早計であり、指摘したことが公になった時点で私はこれまでの東京オリンピックの不手際を思い返すことになったし、またそれをかき消そうとする行為自体が残念で仕方ないと思います。

狭い日本、人口も減少しているなかこれ以上狭くしてどうしたものか。考えてしまいます。

 

個人的には、政治色が強いとか、犯罪に絡むとかじゃなければ、フィクションなんだから、いいのでは、と思う。
まぁ、賛否あるけど、頑張ってる人が多い中、良い気はしないでしょうね。

しょっちゅう壊されてる、東京タワーもあるし、広い心で、と言うわけにはいかないのかな。

 

斎藤工のふんどし姿が見れない方がむしろ寂しい。
酷暑のオリンピックじゃ、記録も出ないだろうし
中止で良い。オリンピックのたびに汚職じゃ
ねーか。選手、関係者、スポンサーだけが
やってほしいんだろ。国民性である納税者は、
莫大な負担をどの国でも強いられる。
前回のリオも暴動起きてたろ。

 

この作品は原作を結構.夢中に読んでたから楽しみにしてたんやけどなぁ..
麻雀好きなら大概知ってる人が多いと思うよ.早かれ遅かれお蔵入りだけは止めてほしいな

 

スポンサーリンク

斎藤工主演映画 お叱りの詳細

詳しい記事はこちら

俳優の斎藤工(37)が12日、都内で行われた「ベストフンドシストアワード2018」受賞式に登場し、主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)が“公開危機”に陥っていることを明かした。

「麻雀-」は「孤狼の血」の白石和彌監督が同名小説を大胆解釈した注目作。映画で斎藤がふんどし姿の主人公・坊や哲となり、大暴れしていることから新人賞を受賞した。受賞あいさつでは「今年、ふんどしとともに過ごすというのが今、課せられたこと。僕ではなく、昭和のふんどし雀士・坊や哲が受賞したんだと思います」と喜びの声を届けたが、映画自体はピンチを迎えているという。

1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入り、斎藤は「(公開中止になる可能性が)あります」と渋い顔。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と内情を明かした。

関係者によると、斬新過ぎる脚本に当初から「公開できるのか…?」と危惧する声が上がっており、昨年末の時点で作品は完成していたもののマスコミ向け試写の中止を決断。試しに議員試写を行ったところ、疑問を呈され「やっぱり…」となったという。

とはいえ、フンドシスト新人賞の受賞者として、斎藤は「(映画では)ふんどしの使い方が斬新で、倍満ですよ。ふんどしにいろんなものが表示されて、字幕みたいに使われる。ふんどし映画です」とアピール。映画が公開を“ツモれる”のか注目される。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-00000091-dal-ent

 

 

スポンサーリンク

斎藤工主演映画 お叱りのまとめ

映画の中の設定ですから、問題ないとは思いますけど、

東京五輪を成功させようとしている方々にとっては縁起でもないという事なのでしょうか。

 

コメント