桜田五輪相 批判殺到がヤバい!池江選手の白血病のコメントが大問題

エンタメ

桜田五輪相 批判殺到が話題となっていますね。

池江璃花子選手が白血病を告白を受け、

桜田五輪相のコメントが批判殺到となっているようです。

どんなコメントをしたのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

桜田五輪相 批判殺到がヤバい!池江選手の白血病のコメントが酷い

桜田五輪相が出したコメントはこちらです

「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」

在り得ないコメントですね。

桜田五輪相、この方は池江璃花子選手がどんな思いで白血病の告白をしたのか考えていませんね。

池江璃花子選手の事よりも、東京五輪の成功が大事みたいですね。

政治家と言うのは、個人の事よりも、イベントの方が大事なのでしょうか?

人がいてこその政治だと思うのですが、余りにも配慮に欠けた発言ですね。

一番のショックを受けているのは池江璃花子選手だと思います。

 

 

スポンサーリンク

桜田五輪相 批判殺到についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

担当大臣としてオリンピックを盛り上げたいキモチは当然理解できる。

がしかし…
池江さんの闘病へのエールを語るべきところを、ガッカリとは…
人としての資質に疑問を持つし、配慮に欠けるヒトが大臣のような要職とは!

 

宇野選手が発言の権利がないと言ったこと、責任をもって常に発信していく覚悟を感じるし、知らないことを知らないと認めた上で話せないと正直な姿勢が、好感をもてるものでした。

「ガッカリ」とか、下火を心配するとか、立場以前に人として…。こんな人が五輪相で国民の方がガッカリだ。
ただ、五輪相の立場だと無知が露呈すればいじられるし、濁したままでは突っ込まれる。

真意としては全く池江選手の心配をせずということではないのは分かる。立場として五輪の事を考えすぎてしまったからこその失言と思う。

この方の立場だと、逆に(ご家族が仰られるようなニュアンスで)「水泳なんていいから」治してほしいと発言すれば、強化選手でこれまでたくさん費用もかけて強くなってきた選手なのに!と「水泳なんて」が失言になりかねない。とかく五輪相の立場の発言は難しい。

だからこそ「資質」が問われます。

 

この方、あがり症なんですか?常に緊張している感じがするし、思考回路がパニックになってるような…
立場としては気持ちはわかりますが、この場でガッカリという言葉の選択をしてしまうのは、器が足りていませんね。

池江選手、まだまだ若いですから治療に専念して、今後のオリンピックに期待したいと思います。

 

失言では済まされない
五輪と人の命どちらが大事か

 

がっかりと言えるこの人には人間性がない。税金で歳費をもらう議員をやめてもらいたい。

 

大臣という立場ではなく、人としてどうかと思う。
何より18歳としての彼女の人生が第一。
オリンピックのとこなど、今は二の次にして、まずは回復することを祈るのが大切だし、人として当たり前の思い。
国民を代表とする政治家という立場の発言とは思えない。
辞任を望みます。

 

盛り上がりを下火にする発言ですね。
五輪大臣が桜田氏で本当にガッカリ。
盛り上がりを気にするなら、辞職しましょう。

 

1人の人間の命は五輪の盛り上がりより尊いはず。
少なくとも政治家はそういう「正論」を語らなければならない。
でもまた「本意ではなかった」「誤解を与えたなら申し訳ない」で
済まされるんでしょうね。
与野党問わず、政治家の言葉の重みは全く無くなった。

 

スポンサーリンク

桜田五輪相 批判殺到の詳細

詳しい記事はこちら

競泳の池江璃花子選手が2月12日、Twitterで白血病を告白したことを受け、桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣は記者団に対し、「がっかりしている」「盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」などと発言した。ネット上では「コメントがひどすぎる」「人としてありえない」といった批判が広がっている。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

池江選手は「未だに信じられず…」

池江選手は1月18日からオーストラリアで合宿を行なっていたが、体調不良のため予定を早めて帰国。2月12日午後にTwitterで次のように明かした。

《緊急帰国し検査を受けた結果、「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。

今後の予定としては、日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います》

「一番言ってはいけない言葉」

NHKの報道によると、桜田五輪相は池江選手の発表を受け、記者団に対してこう語ったという。

「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。早く治療に専念して頑張ってもらいたい。また、元気な姿を見たい。1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」

「頑張ってもらいたい」「元気な姿を見たい」と気遣う言葉もあるものの、「がっかり」「下火にならないか心配」という部分が配慮に欠けるとして、問題視されている。

Twitterでは「一番言ってはいけない言葉」「大臣のコメントにがっかり」などの批判が殺到している状況だ。

桜田五輪相はサイバーセキュリティー担当も兼務しており、過去には「従業員や秘書に指示してやってきたので、自分でパソコンを打つことはない」という答弁が波紋を呼んだこともある。

引用元

池江選手の白血病「がっかり」「下火にならないか心配」 桜田五輪相に批判殺到(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
競泳の池江璃花子選手が2月12日、Twitterで白血病を告白したことを受け、桜田義孝オリンピック・パラリンピック担当大臣は記者団に対し、「がっかりしている」「盛り上がりが若干、下火にならないか心配 - Yahoo!ニュース(BuzzFeed Japan)

 

スポンサーリンク

桜田五輪相 批判殺到のまとめ

桜田五輪相の発言はかなり在り得ないですね。

失言では済まされ無い程、酷い発言だと思います、

 

コメント

スポンサーリンク