スポンサーリンク

要潤 イケメン脱皮の真相は?笑いのわかる俳優のキッカケはうどん県

エンタメ
スポンサーリンク

要潤 イケメン脱皮が話題となっていますね。

俳優の要潤さんがイケメン脱皮して、

コミカルな演技も出来る俳優へと成長を遂げています。

そのキッカケとはなんだったのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

要潤 イケメン脱皮の真相は?笑いのわかる俳優のキッカケはうどん県

要潤さんがかつて仮面ライダーとして俳優デビューを飾りました。

仮面ライダーアギトで賀集利樹さんや、あの友井雄亮さんと共に

3人の仮面ライダーの1人でした。

その後イケメン俳優としてて数々のドラマや映画に出演していました。

そんな要潤さんがいつの間にか、コミカルな演技も出来る

笑いのわかる俳優となっていますね。

そのキッカケはこちらのCMの出演だと言われています。

香川県のアピールCM「うどん県」

真面目な顔で淡々とうどん県をアピールする姿は

以前の要潤さんには無かったコミカルな一面でしたね。

このCMの衝撃は当時は凄まじい物がありました。

この後から三枚目の役も増え、笑いのわかる俳優になったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

要潤 イケメン脱皮についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

忠彦さん、当たり役だと思います。
確かに、コミカルな演技ができるって役者にとって大きな引き出しですね。要さんは主役をやることは少ないけど、出演しているとなると、作品を見たくなって見ます。

 

要潤、アギトの最初の方はまるで見ていられないくらい棒読みだったのが、1年間鍛えられて、中盤からはグッと演技が上手くなってきたもんなぁ。
今ではシリアスからコミカルまで何でも来い!の役者さんだもんなぁ。スゴイよ!

 

香川観光大使、うどん県の要潤です。
あれは衝撃的でインパクトあった。
以降、広島に有吉さんを起用したり
おもしろ観光大使ブームの火付け役
になったと思う。

 

そうかなぁ。
まぁ広く認知されたのはうどん県なのかもしれないけど、三枚目キャラだったのはもっと前からだからきっかけじゃないと思うけど。
役柄としては基本脇役で、動物のお医者さんの二階堂とかもそうだけどちょっとかっこいいけど三枚目キャラという役が多かったと思うけども。
番宣ゲストでも真面目な顔してちゃんとオチをつけて笑いをとってたし。

 

うどんの国の金色毛鞠にも、少し貢献されていましたね。
「要潤って、香川出身なんだ。へぇ~」と思ったと同時に、
香川アピールにはジャンル問わずに積極参加すると感じて、
すごく好印象をもちました。
故郷を大事にする人って印象凄く良いです。

 

要潤さん、他のイケメンだった俳優さんたちよりも、お肌があまり劣化してないのもいいです。

壇蜜さんのマンボの踊りに合わせて、新しい才能が開花したシーンは、今回のドラマの名シーンの1つでは!

 

イケメンだけどガッツリとした印象がなく、昔からうどん県を始めとして三枚目的な事をしているのがいい感じ。

 

うどん県から~と言われるとちょっと違和感
結構前からコミカルな役はやってたし早い段階で既にイケメンだけを売りにする俳優さんではなかったよね?
彼の場合シリアスな役をやってもどこかクスッとくるおかしみがあったりするし演技も人間臭い感じで好きだ
今まで「イケメン俳優」って括ったことがそもそもなかった
主役周りにいると何となく安心できるそんな俳優さん

 

役にしても、「イケメンである」ということを嫌味なく言えるキャラが出来るというのは強みだと思います。簡単なようで、案外難しい。

前クールの高橋一生さんのドラマで、「僕はイケメンでデキる男」振ってる要さん、とても好きでした。デキる男振っていても実際はそうじゃない部分が見え隠れして、とても愛すべきキャラクターだなと。

宝くじのくーちゃん役も好きです。これからのご活躍も楽しみです。

スポンサーリンク

要潤 イケメン脱皮の詳細

詳しい記事はこちら

放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)にも出演する俳優・要潤について。

 * * *
2月21日で38才の誕生日を迎える、アラフォーのイケメン俳優、要潤。

現在オンエア中の『まんぷく』では、ヒロイン・安藤サクラ演じる福子の姉・克子(松下奈緒)の夫・忠彦を好演している。

 忠彦の職業は画家。定収入がなく、一日中、自宅内のアトリエにこもりきりの忠彦に、当初、義母・鈴(松坂慶子)は嫌悪感を抱いていた。

だが、そのターゲットが福子の夫・萬平(長谷川博己)に向けられるようになり、さらには、戦場で目を負傷し、緑色と赤色が判別できなくなってから描いた絵に高値がつくなどしてから、義母との関係は好転していく。

◇『まんぷく』では“いいスパイス”として存在感

 だが、絵画モデルとして登場した「ゲスの極み乙女。」の「ほな・いこか」こと、さとうほなみや、忠彦の作風を大きく変えるきっかけを作った秀子(壇蜜)に対し、心配したり嫉妬したりする克子(松下)と共に、鈴もまたうろたえることに。

こうした忠彦を中心に繰り広げられるシーンは、即席ラーメン作りがなかなかうまくいかず、単調に見えていた萬平と福子のシーンに挟まりスパイスとなっていたものだ。

加えて福子や克子の長姉役で若くして他界した咲(内田有紀)の元夫・真一(大谷亮平)と萬平(長谷川)、そして忠彦(要)という、今井家3姉妹の夫3人のグループショットは、朝からありがたい気分になったものである。

『まんぷく』の忠彦役に要潤が起用されたのは、妻役の松下奈緒の高すぎる身長が無関係ではないと思われる。

 モデル出身の高身長女優は少なくないが、なかでも頭一つ大きい松下。朝ドラ『ゲゲゲの女房』での夫役に向井理が選ばれたのも、今となっては“身長”が理由ではなかったか。

果たして「忠彦さん」(要)は、例の絵画モデルらの存在に妻や娘をザワつかせるだけでなく、義母・鈴(松坂)にビシッと意見をすることもあれば、娘たちの恋愛や結婚話に大きく動揺したり、その娘たちから褒められてデレデレしたりする、なんともチャーミングなキャラクターを確立していく。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190213-00000009-pseven-ent

スポンサーリンク

要潤 イケメン脱皮のまとめ

仮面ライダーアギトの仮面ライダーの1人が芸能界を引退してしまいましたね。

要潤さんには、この後も変わらない活躍をして欲しいですね。

 

コメント