松坂大輔 ファン 損害賠償は高額になる可能性!

エンタメ
スポンサーリンク

中日の松坂大輔投手がファンに囲まれた中で右腕を引かれ、

違和感を覚えたとして問題になっています。

ファンに損害賠償を請求した場合、

かなりの高額になる可能性があるそうです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

松坂大輔 ファン 損害賠償は高額になる可能性!

中日の松坂大輔投手がファンに囲まれ接触したなかで右腕を引かれ、

右腕に違和感を覚えたとして、

「しばらくノースロー調整を続ける」と球団から発表されています。

こちらの画像が、松坂大輔投手がファンに右腕を引かれた場面と言われています。

これほど囲まれた中を移動していくのは危ないですね。

松坂大輔投手を引き留めようとして腕を引っ張ったのでしょうか?

もし、この事が原因となり、シーズンに影響が出たりしたら、

この腕を引っ張ったファンに損害賠償が出てしまう可能性もあり得るのでしょうか。

中日が松坂大輔投手を獲得した中には、

人気でファンを呼びたいという期待もあったのだと思います。

しかし、本来の野球に影響が出てしまっては意味が無いですよね。

 

スポンサーリンク

松坂大輔 ファン 損害賠償についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

松坂選手を引き止めたくて咄嗟に手が出たのかな?とは想像しますが、突然無理に引っ張られたら、それが通常の可動範囲とは違う方向に不意に強く引っ張られたら、と思うと怖い。
ピッチャーに限らずかもしれないけど、松坂選手の今の状態を考えたら特に繊細に大事に扱うべき肩だったわけで、ファンの方も悪意はなかったにしても加熱した状態で不用意に近づくのはやめてほしい。
その為にも松坂選手は時間をとって丁寧にファンサービスをしてくれていたのにマナー違反は選手生命にも関わる大問題になるなと改めて感じた。
大事に至らず元気な姿で野球を楽しむ松坂選手を見られる事を祈ってます。

 

個人的な意見としてはやはり犯人にはしっかりと責任をとってもらいたいところだが、1番大切なのは松坂本人がとうしてもらいたいかってところだと思う。もし松坂が犯人特定して責任とってもらうことを望むならそれはそれで良いと思うし、逆に事を大きくしてほしくないと思うなら静かに回復を見守ってあげるべき。
この一件で選手とファンの距離感のあり方について深く考えさせられた。ファンあってのプロ野球ということは選手はもちろん理解しているとおもう。しかし、サインの転売や罵声など、ファンがマナーを守れないのなら、選手サービスは停止でいいと思う。それぐらい我々プロ野球ファンは選手に対して配慮するべき

 

悪気はないとしても投手の腕を引っ張ったらアカンでしょ!球界の宝だし楽しみにしてるファンも多いし出場の試合は満席になるから中日にとっても大損害だぞ!

 

球場でファンサービスと称して、客とハイタッチさせられている選手を見ていて、ハラハラしていたが、ついに起こったか。
今回は状況は違うものの、選手の体は商品であり、安易に触れられる環境を作るべきではないと思います。

 

個人を特定する事も、ケガの原因が完全にファンが手を引いたことと特定する事も実際問題は難しいだろうね。ただ、ファンであれば自己満足のために選手にもチームにも他のファンにも迷惑を掛ける事と認識しなければいけないと思う。
逆に言うとファンサービスを利用してライバル球団の選手に接触し同様のケガを負わせることも出来ちゃうわけだからそんな事にならないように考えなければいけないと思う。もちろん最初に変わらなきゃいけないのはファンの意識ですが。。

 

こういうことがあると、ネットで犯人探しみたいなことが始まって無関係の人の情報が晒されるということが起こりかねない。やった人はちょっとだけ調子に乗っただけかもしれないが、こういう時代に自分の行動がどういう影響を起こし得るのかを考えておく必要があるな。

 

ファンとしてはつい手が伸びてしまったのだろうが、とんでもない事態になってしまった。
もちろんファンの行為は許されるべきじゃないけど、球団は様々なケースを考えて対策を練るべき。
ファンに「お願い」するだけでは解決しないと思う。
最初は直に見るだけで良かったのがサイン貰えたりタッチ出来たりすれば願望がエスカレートするのが人間。
どこかで線引きをするのは球団の役目。

 

肩や肘は特に突発的な衝撃に脆い造り、これはいくら鍛えようが変わらない。鍛えたから傷めないというわけでもない。
それよりも球団側、広報側がもっと選手に配慮したファンサを考えるべき。客ありきのプロ野球だから客視点で催すこともあるとは思うが、選手が怪我無くプレーができるようバックアップするのは、別に広報だからって一緒だと思うけどね

 

スポンサーリンク

松坂大輔 ファン 損害賠償の詳細

詳しい記事はこちら

中日の松坂大輔投手(38)がファンと接触したなかで右腕を引かれ、違和感を覚えたとして、「しばらくノースロー調整を続ける」と球団が2月11日に発表したことが報じられた。

共同通信によると、与田剛監督は「病院で診てもらうことになると思う」と説明したという。この一報にファンは衝撃を受け、ツイッターでは次のような声が続出した。

「こんなのファンじゃない!」「商売道具の肩を壊すなんてひどい」「壊した人はどう責任を取るんだ」

完治まで時間がかかった結果、シーズンに影響が出るだけでなく、最悪の場合は選手生命に影響が出ないか心配だ。右腕を引いたファンの法的責任はどうなるのか、冨本和男弁護士に聞いた。

●高額の賠償金が発生するリスクも

ーーしばらくプレーできない、あるいは引退が早まったなど影響が出た場合、民事での責任はどの程度になると考えられるでしょうか

「そのファンの行為が原因で、怪我をしたことが立証されればの話ですが、治療費等の実際にかかった金額については当然請求されることになるでしょう。

また、後遺症がのこり早期引退となってしまった場合、早期引退によって将来得られなくなったと考えられる減収分、治療・後遺症の精神的苦痛についての慰謝料についても責任を負うことになると考えられます」

ーー金額にして、どれくらいの損害賠償責任を負うことが考えられますか

「報道によると、松坂選手の年俸は8000万円プラス出来高払いとのことです。どれくらいの金額か定かなことは言えませんが、早期引退の原因となってしまったら、数千万円単位で賠償金が請求される可能性もあると思います」

ーー刑事についてはいかがでしょうか

「右腕を引く行為は、人の身体に対する有形力の行使と言えますので、暴行罪の責任を負う可能性があります。『2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金または拘留もしくは科料』という処罰を受ける可能性があります。

靭帯損傷等の怪我をさせていた場合、傷害罪の責任を負う可能性があります。この場合、『15年以下の懲役または50万円以下の罰金』という処罰を受ける可能性があります。

いくら松坂選手のことが好きでも、大切な体を痛めるような接し方はファンの最低限のマナーとして控えてほしいですね」 (弁護士ドットコムニュース)

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00009232-bengocom-soci

 

 

スポンサーリンク

松坂大輔 ファン 損害賠償のまとめ

実際、損害賠償を請求するのかどうかは、まだわかりませんが、

ファンももっと考えて行動して貰いたいですね。

 

コメント