ゆるキャラブーム 曲がり角の真相は?もう飽きてきた?

エンタメ
スポンサーリンク

ゆるキャラブーム 曲がり角が話題となっていますね。

くまモンやひこにゃんをはじめとした着ぐるみのキャラクターたちの

ゆるキャラブームは曲がり角を迎えているそうです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ゆるキャラブーム 曲がり角の真相は?もう飽きてきた?

ゆるキャラとは、「ゆるいマスコットキャラクター」を略したもので、

イラストレーターのみうらじゅんさんが命名しました。

 

2002年に「ゆるキャラショー」を開催して以降、徐々に認知度が高まり、

06年に登場したひこにゃんが人気を博すと人気は一気に拡大し、

08年には「ゆるキャラ」新語・流行語大賞にノミネートされるまでになりました。

そして11年からは人気投票「ゆるキャラグランプリ」が始まったのです。

しかし、18年のゆるキャラグランプリで、

こにゅうどうくん」の順位を上げようと組織的な投票をしていたことが分かり、

批判を浴びた事は記憶に新しいと思います。

ゆるキャラグランプリ」も20年で終了する予定で、

ゆるキャラブームに陰りが見えて来ています。

ゆるキャラブームの曲がり角について東海大の河井孝仁教授は

「外からの知名度を得るという役割から、地域の中で大切にされる『象徴』へと役割が変化してきている。これからは競争ではなく、市民がゆるキャラを共に作っていくことが大事になる」

とコメントをしています。

元々の、ゆるキャラは地域や企業のPRのために作られたものです。

順位を決める必要はないと思います。

ゆるキャラは地元で愛されて、活動していく事が大切ですね。

スポンサーリンク

ゆるキャラブーム 曲がり角についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

私の住んでいる市のゆるキャラは、グランプリではいつも下の方にいますけど、地元では大変な人気で、公共の建物の上の方には彼が描かれていて、今も小さなイベントまで引っ張りだこです。

ゆるキャラは地元の人に愛される事が一番大事な事だと思う。

 

ゆるキャラが地元のPRに役立つのは間違いないが、それの順位を決めるのはどうかと思う。

 

プロフェッショナル仕事の流儀で『くまモン』出てたね。ついつい見ハマったわ。ゆるキャラのポテンシャルって世界をも巻き込むときがあるし、実際観光大使として地元にお金も落とす力もある。そして驚いたのはくまモンには部下がいて、俺の背中を見てろ!みたいに教育して叩き上げている所が凄すぎた。観光とは?好感とは?と身体張ってるのは画面越しからも伝わった。万人に寄り添うってなかなかできないね。

 

わが町にもゆるキャラいます。地道にゆるゆると浸透してる感じでそれなりの経済効果はあると思います。ゆるキャラグランプリで組織票が問題になるけど、そう言うことで興ざめにならないようにして欲しいですね。地元で愛されてればそれで良いのでは。

 

ゆるキャラ好きだけど組織票とか大人の事情を垣間見ると一気に萎える…
たくさんの人に愛されて人気があるキャラより、役所だの広報だので投票しましょう!とか煽りまくってるキャラが上位に行くのは納得いかないな

 

家康君とみきゃんの組織票の争いが、とどめを刺したと思う。
ゆるキャラは子供の物なのに、子供を無視して広告代理店や役所が大量宣伝をしたり、組織票の動員やナントカメールの不正を不正じゃ無いと開き直ったら、ゆるきゃらグランプリその物が駄目になったと思う。
くまモンは「熊本サプライズ」と言う県民を大切にする思想が根元にあります。
「皿を割る」と言う失敗を恐れず前向きな仕事をする考えが根元にあるけど、家康君やみきゃんは、そこを学んでいない。

 

「おんぶにだっこ状態」…実行委員長の言葉の通りだと思う。
地域のことよりもグランプリを取る事が目的になってるし、グランプリを取ったからといって特段活躍するわけでも名産品を宣伝するためにテレビに出るわけでもない。
グランプリ自体を終了させても何も影響ないだろうと思う。
そもそも地域を盛り上げるためのキャラクターなのだから、グランプリなんかよりも地域振興のために使ってもらいたい。

 

わが町、四日市市のゆるキャラは 組織票問題で一躍話題になった こにゅうどう君ですが、彼はゆるキャラブームが出来る前から 今ほどの人気は無いにせよ、地道に四日市市のマスコットをして頑張っていました。この子を1位にしてあげたいと思う市民は沢山います。幻の1位でしたが彼は十分頑張りました。これからも市民から愛されるキャラクターで有り続ける事でしょう。一時のブームに終わらず 各ゆるキャラを愛し続けるましょう。

 

スポンサーリンク

ゆるキャラブーム 曲がり角の詳細

詳しい記事はこちら

平成に入って大きな注目を集めた「ゆるキャラ」。

くまモンひこにゃん、ぐんまちゃんといった着ぐるみのキャラクターたちが続々登場し、地域や企業のPRに一役買った。一方で、自治体による「組織票」騒動など過熱も指摘され、ブームは曲がり角を迎えている。

「ゆるキャラ」という名称はイラストレーターのみうらじゅんさんが命名した。みうらさんが2002年に「ゆるキャラショー」をプロデュースして以降、徐々に認知度が高まり、06年に登場したひこにゃんが人気を博すと一気に拡大。08年には新語・流行語大賞にノミネートされ、11年からは人気投票「ゆるキャラグランプリ」が始まった。

ブームの背景について、東海大の河井孝仁教授(行政広報論)は「東京一極集中で地方が疲弊する中、ゆるキャラは安価で大きな経済効果があることが分かり、知名度を上げるために次々作られた。ひこにゃんやくまモンは著作権を強く主張せず、気軽に使えるようにしたことが人気につながった」と分析する。

一方で、18年のゆるキャラグランプリでは三重県四日市市がマスコットキャラクター「こにゅうどうくん」の順位を上げようと組織的な投票をしていたことが分かり、批判を浴びた。近年はブームに陰りが指摘され、グランプリ自体も20年で終了する予定だ。実行委員会の西秀一郎会長は「ゆるキャラは地方創生の切り札ではなく、あくまで一要素なのに、おんぶにだっこになりすぎている。グランプリを取ったとしても、その先は自分たちで考えなければ」と話す。

河井教授は「外からの知名度を得るという役割から、地域の中で大切にされる『象徴』へと役割が変化してきている。これからは競争ではなく、市民がゆるキャラを共に作っていくことが大事になる」と指摘している。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190217-00000014-jij-soci

 

スポンサーリンク

ゆるキャラブーム 曲がり角のまとめ

ゆるキャラは、地元を活気づけて盛り上げに一躍買ってることは間違いありません。

これからも地域で愛されるゆるキャラでいて欲しいですね。

 

コメント