翔んで埼玉 異例の初週超え真相は?ディスされた埼玉も喜ぶ面白さ

エンタメ

翔んで埼玉 異例が話題となっていますね。

映画翔んで埼玉が公開2週目の週末興行で、

異例の1週目を上回る数字を記録したそうです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

翔んで埼玉 異例の初週超え真相は?ディスされた埼玉も喜ぶ面白さ

通常の映画は公開1週目をピークに徐々に右肩下がりとなるそうで、

初週の成績を2週目以降に上回ることは余り無いといいます。

映画「翔んで埼玉」は“埼玉ディスり”で話題となっていて、

SNSなどの口コミで評判となっている様で、

初週を上回る異例の興行成績となっている様です。

特にディスられている地元の埼玉での盛り上がりは驚異的で、

東京を抑えて全国1位となったことでも話題となっています。

埼玉にとっては知名度も上がるし、いい町おこしの様な気がします。

最も単純に面白いからの結果なのでしょうね。

スポンサーリンク

翔んで埼玉 異例についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

真面目におかしいことしているから楽しめる。
映画で加わった内容も面白かったし。あと、自虐でdisるのが多いのが良いのかも(特に流山の前後)
ただ、個人的には一番disられたのは遠回しで茨城だと思う。

 

姉の影響で中学・高校時代にパタリロ、ラシャーヌ、妖怪始末人トラウマなどを読んだ世代として、あの魔夜峰央先生の作品が35年以上の時を経て映画化、さらには大ヒットをいうのは感慨深いです。

魔夜先生の作品は少女マンガというジャンルながら、内容・絵柄ともに唯一無二の存在だと思います。

また本棚の奥から引っ張り出して読んでみようかな。

 

この土日の埼玉県の映画館の混み具合は冗談抜きでピーク時のボヘミアンラプソディどころか君の名は。レベルだったと思う。
もしかしたらそれ以上だったかもしれない。
客がいつも多いMOVIXさいたまやユナイテッドシネマ浦和は予約の時点で完売。
客がいつも少ない映画館も完売する勢いだった。

東京はTOHOのデカい映画館やピカデリーで上映してないから、都内はそもそもの上映規模が限られてて土日は埼玉県よりも見るのに苦労してそう。

 

関東在住経験のある関西の者ですが…
先ほど観終わりました。終始笑い所満載でしたね。最後のはなわさんの歌もよかったです。

 

巻き込まれた群馬や横浜、西葛西etc.がw

二階堂さんやGACKTさん、伊勢谷さん、京本さん等出演者の皆さんの演技や武内監督の演出も振り切って良い仕事していたのが良かったと思う
埼玉対千葉のYOSHIKIさんや高見沢さんはじめ所々贅沢な使い方も楽しかった

 

映画館で笑い転げました(笑)
魔夜さん作品が好きで、漫画も読んでいたのでワクワクして行ったんですが、期待以上でした。
元は関西人ですが、関東に住んで愛着を持つようになったからこそ余計におもしろかったです。
元から関東に住んでいるならばきっとおもしろいはず!
私は仕事で疲れたときにまた観に行きたいなと思ってます。
たくさん笑いたい!!(笑)

 

埼玉は東京の隣で地味で、というけど
実際、東京出身で埼玉に移り住んでる人すごく多いし、埼玉から都内に仕事行ってる人もすごく多い。

東京ほどのゴミゴミした息苦しさはないし、それでいて都内にも出やすいし、東北方面や北関東、上信越方面などにも、どこ行くにも都内より便利という環境は実はこれといった特徴ないかも知れないけどそれこそが最大の利便性で売りなんじゃないかな。

私も東京生まれで今も東京だけど一時埼玉に住んでたし。
都内は高速に乗るまでがすごーく時間掛かる。
埼玉時代は都内もすぐ行けるし、冬は群馬新潟栃木も行きやすくて日帰りで昼過ぎからスキーに頻繁に行ったものだ。

賃貸とか東京より綺麗で安くて広くても安いし、物価も安め。
今でも埼玉に住むの全然OKだし。
東京出身者的には埼玉とか北関東の群馬とかもどこも好きだな。

 

みんな振り切って演じてるからなぁ。
やっぱりマンガなんかの原作の映画化は、いかにキャラに似せるかリスペクトするかだろうな。
中途半端だと、観てる方がシラケてしまう

 

スポンサーリンク

翔んで埼玉 異例の詳細

詳しい記事はこちら

“埼玉ディスり”で話題となっている映画「翔んで埼玉」(監督武内英樹)が公開2週目の週末興行で、興行収入、観客動員とも1週目を上回る数字を記録したことが4日、分かった。通常の映画は公開1週目をピークに徐々に右肩下がりとなり、初週の成績を2週目以降に上回ることはまれ。SNSでも絶賛の声が相次ぎ、配給元の東映では「興行収入30億円も見越せる数字」としている。

2月22日に封切られ、動員1位のスタートを切った「翔んで埼玉」。特に“地元”埼玉での盛り上がりは驚異的で、東京を抑えて都道府県興収シェア約23%で全国1位となったことでも話題となった。

多くのメディアで取り上げられるなど、もはや社会現象化している同作だが、2週目の週末興行も絶好調。3月2、3日の2日間の観客動員数は前週比107・2%の20万4770人、興行収入は同108・3%の2億8055万8300円を記録した。SNSなど口コミで魅力が広まり、累計興収120億円を超える大ヒットとなっている「ボヘミアン・ラプソディ」も公開2週目で興収は前週比109・6%、動員は同107・3%の伸びを見せたが、「翔んで埼玉」も“クイーン旋風”に匹敵する勢いを見せている。

公開10日間での累計は動員数73万9028人、興収9億5820万7800円。

同作は魔夜峰央氏(65)が1982年に発表した同名漫画が原作。女優の二階堂ふみ(24)と歌手のGACKT(45)が主演し、埼玉県人が東京に入るには通行手形が必要など徹底的に埼玉をばかにするコメディー。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

翔んで埼玉 異例のまとめ

ほとんど茶番劇ですが、埼玉ディスりも嫌みでは無い笑える要素があり

安心して見ていられる面白さがあります。

この先も異例の大ヒットが継続するかも知れませんね。

 

コメント

スポンサーリンク