カメ止め監督 新作の真相は?キーワードはカメ?次作が正念場

エンタメ

カメ止め監督 新作が話題となっていますね。

カメラを止めるな!」

上田慎一郎監督らによる新作映画が、

今夏公開されることが決定したそうです。

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

カメ止め監督 新作の真相は?キーワードはカメ?次作が正念場

カメラを止めるな!」

製作費300万円という低予算で、

2館のみのスタートながら、SNSを中心とした口コミで話題となり、

全国375館まで拡大公開し、

動員220万人超、興行収入31億円を突破しました。

 

期待される上田慎一郎監督の次作は、

上田監督の書き下ろしたオリジナル脚本で、

カメ止め」のクリエイター陣が集結し

撮影はすでに9日間で撮り終えているといいます。

キャストやストーリーはベールに包まれたままで、

物語のカギを握る重要なキーワードが3つ公開されています。

「三角関係」「復讐(ふくしゅう)」「カメ」

新作映画のタイトルは未定ですが、

カメ止めを超える作品になるか注目が集まっています。

 

カメラを止めるな!」

もともと劇団で公演されていた舞台を元に着想を得た作品でした。

今度の映画は完全オリジナルという事の様ですから、

上田慎一郎監督をはじめとした「カメ止め」スタッフの

実力が本物なのか試される事になります。

 

 

 

スポンサーリンク

カメ止め監督 新作についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

撮っている人を撮っている人がいて
それをまた撮っていて、それをまたまた撮っていて…
が面白い。と言うことだったのでしょうか?
自分にはあんまり、というか
これを見た時間、録り溜めてある他のを観れば良かったと思ってしまいました
良さがわからなくてすみません。

 

もう同じ手は使えない。
次はさらなるトリッキーな構成にするか、普通の構成で演出や脚本で勝負か、のどちらかでしょう。

 

地上波だと一番おもしろい場面がCMいれまくりだからつまらないんだよな。
劇場だと最高に面白かった映画だからゴリ押し無いのにこれだけ大ヒットしたんだが。

 

カメ止めほどのヒットにはならないだろう。

 

カメ止め、かなり微妙だった。これが面白いと思う人いるんだねぇ。しかし、アカデミー賞取りすぎてたし過大評価だと思う。2作目は無理だろうね

 

カメ止めの 思わぬヒットで 次作へのハードルが 上がったよね。

 

ちょっと話題になって評判がいいからという理由だけで便乗して高評価している人が多いように思う。

 

カメ止め面白かった!次も見たい!上田監督の人の良さ、センスの高さ、クオリティを求める姿勢がテレビで見るたびにひしひしと伝わる。

 

スポンサーリンク

カメ止め監督 新作の詳細

詳しい記事はこちら

映画「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督(34)が、同作で助監督を務めた中泉裕矢氏(39)スチールを担当した浅沼直也氏(34)と共同監督&脚本を務めた新作映画が19年夏、公開されることが明らかになった。8日に配給のアスミック・エースが発表した。

新作映画のタイトルは未定だが、撮影は18年にわずか9日間で終了し、編集などのポストプロダクション(ポスプロ)が行われている。キャストやストーリーなど詳細はベールに包まれたままで、判明しているのは作品のカギを握る重要なキーワード「三角関係」、「復讐(ふくしゅう)」、「カメ」の3つのみ。わずか300万円で製作され、都内2館で公開後“ネタバレ厳禁”の言葉がインターネット上で飛び交って火が付き、全国375館での拡大公開、224万人動員、興行収入31億円突破と社会的なムーブメントを巻き起こした「カメ止め」の再現なるか、注目だ。

中泉氏は、「カメ止め」初のスピンオフとしてインターネットテレビ局AbemaTVで放送されたドラマ「カメラを止めるな! スピンオフ ハリウッド大作戦!」の監督を務めた。映画監督としては11年の「円罪」で監督デビューし、14年の「母との旅」「エンドロールを撮りに」が国内の映画祭で評価された。2日には最新作「君がまた走り出すとき」が公開されたばかりだ。

浅沼氏は「冬が燃えたら」が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017で短編部門最優秀作品賞を受賞した。3人は15年のオムニバス映画「4/猫 ねこぶんのよん」で各話の監督を担当した間柄で、息の合った共同監督ぶりに期待が高まる。

公開日とともに解禁されたビジュアルには、ガラス製とみられる透明な洗面器の中にいる、カメが映っている。「カメ止め」に続くのは「カメ」とも取れる写真が意味するものは…。「カメ止め」が8日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でテレビ初放送され、「カメラを止めるな! スピンオフ ハリウッド大作戦!」(中泉裕矢監督)もAbemaTVで同日午後11時10分、9日午後10時に放送される中、カメ止めクリエイター3人が手がけた謎の多い新作は、ファンの間で話題が沸騰しそうだ。

新作は、埼玉県川口市に2003年にオープンした、映像関連産業を核とした次世代産業の導入・集積を図るSKIPシティの中核施設「彩の国ビジュアルプラザ」の支援を受けて製作された。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

 

スポンサーリンク

カメ止め監督 新作のまとめ

カメ止め」を超える作品になる事は難しい様な気もしますが、

どんな映画になるのか気になりますね。

 

コメント

スポンサーリンク