菅田将暉 役作りがヤバい!3年A組でどんどん痩せていっていた

エンタメ

ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-

主演の菅田将暉さんの役づくりが話題となっている様です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

菅田将暉 役作りがヤバい!3年A組でどんどん痩せていっていた

最終回を迎えたドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-

何とも衝撃的なドラマでしたね。

次々と謎が出て来て気になる展開はもちろんの事、

何といっても圧巻だったのは、柊一颯先生役の菅田将暉さんの演技でしょう。

病気で死を迎える直前という事もあり、

放送回を重ねるごとに頬などがこけていって痩せていっていました。

 

 

View this post on Instagram

 

2018年11月13日頃に3Aやるってゆう知らせが出たのまだ覚えてる! 何故なら11月15日が韓国で受験日だったけど私は受けないで日本に遊びに行ったんだから笑笑✌🏻 とにかくその時空港でおー!2019年1月か! でも韓国では見れないはずだよね😢って がっかりしてたけど、結局は幸いに韓国でも放送することになったし他国でも結構放送してるらしいだった🤭 ⠀⠀⠀ なのにもう最終回かよ! ちょうど3月10日に終わるねー😭 これで柊先生はもう見られないのかな😰 他の作品で早く菅田くんに会いたい。。菅田くんは大変だろうけど🙏🏻 (勿論テレビで🤭) ⠀⠀⠀ なんか3Aのおかげで色々教わった気がする✏ 例えば勉強は必ず筆記をして、それを覚えて、 テストをしたりすることだとは限らないっていうこと🤔勉強成績が低かった私が言うのがちょっと信頼性全然ないけど🤔 ⠀⠀⠀ 勉強も重要だが、それ以外にも重要なものは沢山あるからー!!! あぁぁぁいつの間に私も生徒になったみたい!! 最後まで宜しくお願いします 柊先生🙏🏻 ⠀⠀⠀ #菅田将暉#すだまさき #Sudamasaki#Masakisuda #스다마사키 #3A #3年A組 #3年A組今から皆さんは人質です #3학년A반지금부터여러분은인질입니다

菅田将暉さん(@suda.zzang)がシェアした投稿 –

 

菅田将暉さん役作りのため、食事制限をしていたといいます。

撮影中におなかがすいたときは二郎系の動画などを見て、

食べることを一つのモチベーションとして食事制限を乗り切ったという事です。

動画を見ると余計に食べたくなる様な気もしますが、

「この作品が遺作となっても、なんの悔いもありません、そのくらいの気持ちです。今持っているもの全てを出しきりました。そして全てを受け取ってもらいました。本当にハッピーです」

と撮影後にコメントしていて、

「3年A組」にかける意気込みが半端なかった事を伺わせますね。

 

 

スポンサーリンク

菅田将暉 役作りについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

菅田君の演技力に脱帽。
菅田将暉しか、柊先生は出来なかった。
脚本も素晴らしかったが、菅田君だからこそ、ここまで感動させられたと思う。

どんな役でもこなしちゃう俳優さんだけど、またいつか先生役をやって欲しい。

 

菅田将暉さんの演技は本当に素晴らしかった。
才能ある俳優さんですね。
役のために凄く痩せる。さすがプロ意識も高い。
「まんぷく」の東太一先生役も素晴らしかった。

3A色々考えさせられる内容で とてもよかったです。
終わってしまい寂しいです。
「まんぷく」の東太一先生役も素晴らしかった。

これからも色んなドラマに出演されると思います。
とっても楽しみです。
応援してます!

 

菅田くんお疲れ様でした。次の出演作も楽しみに待ってます。

 

52、3キロくらいになったんですよね。痛がるシーンは本当に苦しそうに見えました。
このドラマが遺作になってもいいと言っていたように、本当に心に響いたし、今のSNS依存の人たちに届いてくれたらいいと思います。

 

ドラマの展開がとても興味深くて菅田将暉の迫真の演技には惹きつけられるものがあったな。
このドラマで菅田将暉の事をとても魅力的な俳優と
思えるようになったな。

 

とにかく鮮烈なドラマだった

毎回、違う生徒たちの「告白」によって亡くなった生徒の人間関係が明らかになる、
第1話から回想シーンだけにしか登場しないが、実は最重要人物である亡くなった生徒、
繰り返しおなじシーンが出てくることがよくあるが、
後に出てくる時には必ず新たな情報が追加されていて全く別の意味合いになっている、
よく工夫されてた

でも、最後にネットで生ライブ中のカメラに向かって、ネット民たちに話かけるシーンは出色だった
菅田の発言に対するネットの反応も「いかにも!」という感じだったし

あの校舎の屋上での、7分間か何かの「先生の独白シーン」は長く視聴者の記憶に残るだろう
お疲れ様でした!

 

お願いだから、民王の続編をやってください菅田将暉の出演作品で、民王が一番好きなので。かわいすぎるエンケンさんも、もう一度見たい

 

エネルギー、集中力、相当のものをつぎ込んで役を演じられたと思います。ゆっくり休んで、エネルギーチャージして頂きたい。
そしてまた、我々を楽しませて下さい。

 

菅田将暉は役作りに真面目に取り組むイメージ
痩せると言えば「高嶺の花」の自転車旅の中学生も最終回で痩せて
戻ってきた時は清々しく感動した

 

途中で「ん?なんか痩せてきた?」と夫に話しながら観ていました。
菅田さん、こんな魅力ある役者さんとは知らず、今作でファンになりました。
永野芽郁さんも良かった。
ところどころ納得感の無い箇所はありましたが、とても見応えあるドラマでした。

 

こういう俳優さんに
大変魅力を感じます。
今後も応援させていただきます。

 

菅田くんの演技力はほんとに素晴らしいと思う

 

演技、凄まじかった。
かっこ良かったし、感動した。

 

スポンサーリンク

菅田将暉 役作りの詳細

詳しい記事はこちら

 10日に最終回を迎えた日本テレビ系人気ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」。主演の菅田将暉は役づくりで食事制限をしていたため、放送回を重ねるごとに頬などがこけていった。そんな菅田の姿は「ほんとにすごい」「役者魂に圧倒される」と反響を呼んでいる。

最終回を前に出演したテレビ番組で、きちんと測ってはいないが「10キロ弱ぐらい」体重が減ったことを明かしていた菅田。11日深夜に放送されたラジオ番組「菅田将暉のオールナイトニッポン」でも「3年A組」の話題に触れ、最終回のオンエア日にドラマの打ち上げが行われ、みんなで最終話を見たことや、生徒役の子たちから色紙をもらい号泣したことなど、貴重なエピソードが語られた。

 そんな中、病に侵されている役柄上、ずっと食事制限をしていたと言う菅田。ドラマが終わって何がしたいかを考えたときに「濃いものをガッツリと、たらふく食いたい」と思い、ラーメン二郎へ行ったことを明かした。撮影中におなかがすいたときは二郎系の動画などを見て、食べることを一つのモチベーションとして食事制限を乗り切ったという。

 どんどん痩せていく菅田には放送中からTwitterなどで「痩せた?」「役づくり?」などと視線が集まっていたが、放送終了後に改めて「役者魂すごすぎ」「迫力がすごい」「命懸け」「ストイック」と視聴者を驚かせている。

 同ドラマは美術教師の柊一颯(菅田)が高校卒業を目前に控えた3年A組の生徒たちを人質にして、自ら命を絶ったある生徒の死の真相について“最後の授業”を行う学園ミステリー。菅田にとって、ゴールデン・プライム帯(午後7時~午後11時)の民放連続ドラマ初単独主演作で、最終回は自己最高視聴率となる15.4%を記録(関東地区・ビデオリサーチ調べ)し、有終の美を飾った。

 菅田はクランクアップ後、「この作品が遺作となっても、なんの悔いもありません、そのくらいの気持ちです。今持っているもの全てを出しきりました。そして全てを受け取ってもらいました。本当にハッピーです」とコメントしていた。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

スポンサーリンク

菅田将暉 役作りのまとめ

「3年A組」の面白さは、衝撃的なストーリーはもちろんですが、

やっぱり菅田将暉さんの演技力の凄さもドラマが大好況だった要因の一つではないでしょうか。

 

コメント

スポンサーリンク