いだてん 撮り直し報道がヤバい!ピエール瀧の出演シーン全部か?

エンタメ
スポンサーリンク

いだてん 撮り直し報道が注目されていますね。

ピエール瀧容疑者が逮捕されたことを受け、

NHKは大河ドラマいだてんの瀧容疑者が出演した

全シーンを撮り直す方向で調整していると報じられています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

いだてん 撮り直し報道がヤバい!ピエール瀧出演シーン全部か?

ピエール瀧容疑者は、

いだてん」の主人公・金栗四三

マラソン用の足袋を提供する足袋屋の主人役という重要な役柄で出演しています。

12日の逮捕直前までに撮影は行われており

ピエール瀧容疑者の出演シーンは6月分まで進んでいたといいます。

 

「逮捕された人物が出演しているDVDや配信映像を発売することは難しい」

とNHKは判断したようです。

3月17~31日(11~13話)分の放送は、

出演シーンをカットして放送することを決定したとされています。

4月放送以降の場面は撮り直しするという事で進んでいるそうです。

放送済みの1~10話も同じ代役でさかのぼって再撮影するという事です。

 

 

View this post on Instagram

 

いだてんの録画を一気観中です。 足袋屋の親父役、、、 誰がする事になるのかなー? 残念だなー。 #いだてん

吉富いずみさん(@izumifive)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

いだてん 撮り直し報道についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

金栗が五輪から帰って、現地で得た経験から道具にフィードバックするのは、陸上の道具開発史上のかなりのスタート点で、そこで金栗は存在感放ったので、ドラマの中で重要なエピソードのシーンがコレのせいで挟めなくなったはずなんだよね。
クドカンはそれも吸収してこの後仕上げてくんだろうけど、本当あんまりな事態。
ミュージシャンとはいえ20代からの事だったなんて、もう絶句しかないわ。

 

不祥事起こした人の出演した作品が駄目と言うなら、海外の映画やドラマも駄目にすれば。海外の役者の不祥事は海外だから関係ないということなのでしょうけど。
日本は過剰反応が過ぎる。

 

全部撮り直しへ、というのは、既放送の分も含めてなのかな?

いやいや無理でしょうと思ったが、考えてみると、
1~2月分の出番は正味数分だろうし、撮るシーンはわかってるから、
未放送分の撮り直しと同時並行でやっていくのかも。
DVDとして販売する時、憂いなく世に出したいわけだし、
テロップ出し、ナレーション処理、編集で対応よりは
可能性が高いかも。
まあ費用は請求すればいいし。

思うに、薬物の場合は、もちろん世の中から減らしていきたいわけで、
薬物使用者を看過するわけにはいかない。
でも(販売者でなければ)、使用者の反省状況と
その後の更生を見ながら、対応を変えていっていいと思う。

取りあえず今は世の中への自粛、販売停止はするべきだろう。
無視するというのは、罰則にならないから。
ただ、ほとぼりが冷め、使用者が更生に向かっているなら、
再放送などしていって欲しい。

 

薬物に手を出したら、存在自体をなかったことにされる。作品に罪はないという意見もあるけど、それだけ厳しい態度を示し、どれだけ人に迷惑をかけるのかをわからせる為には致し方無いと思う。
お金があるからとか、嗜みのひとつとか、安易な気持ちや、興味本位で手を出したら、結果的に身の破滅が待っているということを想像して欲しい。

 

日本社会って何かと過剰になりやすい傾向があるとは、昔から感じる。
それが良い場合もあるけど、悪く出る場合もあり、最近は悪く現れることが多くなっていると感じる。
ちょっと前にも日本大好き系番組で某小売企業を外国人ビジネスマンたちが訪問するという企画があったんだけど、社員が一斉に起立し、斜め30度で会釈した時、外国人たちがメチャ引いていた。
でもテロップでは「あまりの美しさに感動する外国人たち」などと一方的に番組側の主観がテロップされていた。
その後、買い物した際も包装が過剰で外国人は閉口していた。
エコを重視する世界の基準から見ると、日本の百貨店などでの過剰包装は大分ズレているらしいんだけど、日本ではそれが美化される傾向があるから、そうした事実が報じられることはまず無い。
だから問題化されないし、なかなか反省しない。反省しないから未だ改善されない。

 

「企業としてコンプライアンスがあるわけだから、それに関わる芸能人もそこを通して飯を食ってるわけで、相応の対処や制裁は免れない。作品や音楽に罪はないという教授の心情も一理あるが、その前にメディアで商売している立場としての責任を自覚するべきではないだろうか?

 

クドカン大変だけど頑張ってほしい。「いだてん」視聴率は良くないけど、これからどんどん上がってくると思う。すべて撮り直しは負担が大きいな。代役が誰になるか気になる。

 

映画、ドラマ、CM関係は今、大変でしょうね。
「いだてん」関係者にすれば迷惑をこうむったのは間違いないでしょうが視聴率が低く厳しい中、凄く話題になっているのは皮肉ですね。
素晴らしい才能を持った人だけに、またいつか音楽、俳優をやって欲しいというのが本音ですが、被害をこうむった方々が許してからというのが前提だと思います。実際、何度も犯罪を繰り返し、Vシネマとか出ている人間を見ると関係者じゃなくても不信感、怒りを感じることがありますから。

 

スポンサーリンク

いだてん 撮り直し報道の詳細

詳しい記事はこちら

ミュージシャンで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)がコカインを摂取したとして、麻薬及び向精神薬取締法違反(使用)容疑で関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたことを受け、NHKが15日、大河ドラマ「いだてん」の瀧容疑者が出演した全シーンを撮り直す方向で調整していることが分かった。

同局関係者は「逮捕された人物が出演しているDVDや配信映像を発売することは難しいと判断があったようだ」と話している。瀧容疑者は主人公・金栗四三中村勘九郎)にマラソン用の足袋を提供する足袋屋の主人役という重要な役柄で出演。12日の逮捕直前までに撮影は6月分まで進んでいた。NHKは14日に3月17~31日(11~13話)分の瀧容疑者の出演について「ない」と発表。関係者によると、実際は出演シーンはあったがその部分をカットして放送することを決定したという。そしてこの日、瀧容疑者が撮影を済ませた4月放送以降の場面は撮り直しで進んでいることが新たに判明。そのための代役探しを急ピッチで行っている。

また、DVDや配信映像の販売へ向け、放送済みの1~10話も同じ代役でさかのぼって再撮影する方針も固めた。有料動画配信サービス「NHKオンデマンド」では13日から同作品の配信を停止していた。

DVDの発売が遅れる可能性も高い。昨年の「西郷どん」は第1~12話のDVDを同7月18日に発売。今作も当初、同様のスケジュールだったが、関係者は「代役での撮影は当然、今後の放送回が優先されるため、さかのぼる1~10話の再撮影はいつ時間が取れるのか不明だ」とし、頭を抱えている。

《脚本クドカン「いろんな事起こりすぎて」》 「いだてん」の脚本を手がける宮藤官九郎(48)が15日、ニッポン放送「宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD」に生出演し、瀧容疑者の名前は出さなかったものの「いろんな事が起こりすぎてて。人っていろんな感情があるよね」と騒動を念頭に置いたかのようなトークを展開した。「この間、撮影現場に行って、大変な思いをしてる人たちで集まるとなぜかみんなニヤニヤするんですよ。直接その話はしないですけど」と語った。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190316-00000001-spnannex-ent

 

スポンサーリンク

いだてん 撮り直し報道のまとめ

対応に追われるスタッフはたまった物ではないでしょうね。

大変だとは思いますが、この後は何とか「いだてん」を盛り上げて貰いたいですね。

 

コメント