地毛証明書 賛否の真相がヤバい!教師の本音は疑問を感じていた

エンタメ
スポンサーリンク

地毛証明書 賛否が注目されていますね。

大手生活用品メーカーが、中学校や高校の

髪型を規定する校則について考えるキャンペーンを開始するという事です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

地毛証明書 賛否の真相がヤバい!教師の本音は疑問を感じていた

大手生活用品メーカーP&Gが、

中学校や高校の髪型を規定する校則について考えるキャンペーンを開始するそうです。

「#この髪どうしてダメですか」

というハッシュタグを付けてTwitterなどで

多くの学生や大人たちに疑問を投げかけたいとしています

 

P&Gがリサーチしたところ

現役中高生や卒業生の13人に1人が、

茶色など生まれつきの髪色を黒く染めるよう指導された経験があったといいます。

他にも、

「(側頭部を刈り上げる)ツーブロック禁止」

「うなじが見えると男子が興奮するからダメ」

などといったルールに疑問を呈する声が上がっているといいます。

 

現役の中学校・高校の教師200人からも回答が寄せられているそうで、

全体の70%が

「勤務している学校の髪型校則に疑問を感じている」

と答えているといいます。

さらに、87%が

「時代に合わせて、髪型校則も変わっていくべきだと思う」

と感じているという事で指導する立場の教師たちも

校則に疑問を感じているという結果になったそうです。

 

 

スポンサーリンク

地毛証明書 賛否についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

時代錯誤の校則等は当然変えるべきだ。長髪、染髪、スカート丈等、それが学業にどう支障をきたすのか論理的に説明出来ないケース等が散見される。全て自由にするまでには至らないのであれば、生徒側の代表である生徒会等との話し合いの場は持つべきだ。伝統だ文化だと、聞く耳を一切持たないのは問題だと思う。

 

先輩に持病(または服薬)が原因で白髪になっていた人がいました。同級生には明るめの栗毛の人がいました。学校はどちらにも「自然なまま(手を加えないという意味)にすべきだから染めてはいけない」との指導でした。その時の先生方の説明が丁寧なこともあり、周囲の生徒達も納得することができました。
校則では端的に示すために校則作成時に多かった黒髪としているのではないでしょうか。国籍や人種が多様化している現代は、「自然なまま手を加えない」という捉え方がしっくりくるのかなと思います。

 

まあひと昔前までは男子は坊主、女子はおさげの校則の時代だったからな。
その後、学生の荒れた時代を過ぎるとともに校則も変わっていったし、時代とともに変化していいと思う。
パーマ、染髪の見方も、ひと昔前の不良の代名詞とも違ってきている。完全自由化はどうかなとも思うけど、ある程度は自由にしてもいいのかな。線引きが難しい部分はあるが。

 

髪を染めて本来の色じゃない黒にするのは明らかに問題があると思う。画一的な校則を変える良い機会だから善は急げ、大至急変えた方がいいと思う。

 

校則では髪型は自由でもいい、個性があっても良いはずだという意見が多い一方、大人側の髭問題ではバッシングが多かったですね。
学生と社会人を一緒にするなとの意見が多く出るでしょうが、学生に出来てない事を社会人になって変える事が出来るのでしょうか?きっと、会社のルールも変えていかねばならないと感じると思います。
僕は髭や髪型は見た目良く整えたものなら良いのではと意見していました通り、行き過ぎた色や髪型になっていなければそれ程目くじら立てる事ないでしょうと言う持論を持っています。
ダブルスタンダードの方が多いのか、批判的なコメントにはコメントしないのかは知らないですけど。

 

日本人は型にはまったのが好きだからね。
金髪でちょうド派手な髪型はどうかと思うが、元から茶髪ならそれでいいと思うけど。
スカートの丈や靴下の色、中には二つ結びがどうのこうのとか、カールはなんカールまでよいとか、重箱の隅をつつくような校則まであって。
本来は勉強や友達関係を築く場なんだから、そちらを重視した校則作りのほうがいいと思うけど。

 

いろいろあるとは思うが、髪の色、肌の色、といった身体的特徴をうんぬんする規則は、教育の点から見て削除するべきだと思う。

教育員会がなぜこの人種差別につながる校則を支援しているのか、よくわからないね。国政から見ても、何ら国益にならない。

 

本来の髪の色を黒に染めろと言うのは、本人が地毛だと言うならいいだろうと思うが…本来なぜ校則があるのか、規則は守らなければいけないのかを中学校できちんと教えるべきだと思う。
またあまりに理不尽と思う校則は個人ではなく学生全体で学校に申し出れば良いと思う。
30年前ですがかなり大がかりな申し出をしたら、夏の男子はワイシャツではなく開襟シャツも認められましたよ。それを真似した近くの高校は要求がパーマ認めろだったのでダメでしたが(笑)
時代が変わったと言うけれど、やはりパーマ、化粧、アクセサリーはどうかと思いますね。

 

スポンサーリンク

地毛証明書 賛否の詳細

詳しい記事はこちら

どうして髪の毛は黒じゃないといけないのだろうか?うなじが見えるとダメなのか?

大手生活用品メーカーP&Gが、中学校や高校の髪型を規定する校則について考えるキャンペーンを開始する。「#この髪どうしてダメですか」というハッシュタグを付けてTwitterなどで多くの学生や大人たちに疑問を投げかけたいとしている。

「地毛証明書」の理不尽

P&Gの広報担当者によると、プロジェクトが開始されたのは2019年2月。

生まれつき髪が茶色い学生に対し、学校側が黒く染めるよう指導したり、くせ毛かパーマでないことなどを示す「地毛証明書」を提出させたりしている実態に疑問をもったという。

生まれつきの髪、染めるよう指導

P&Gはリサーチ会社を通じて現役中高生や教師、それに一般の大人など合計1000人を対象に、髪型を規定する校則に関する意識調査を実施した。

それによると、現役中高生や卒業生の13人に1人が、茶色など生まれつきの髪色を黒く染めるよう指導された経験があった。

学生たちからは他にも、「(側頭部を刈り上げる)ツーブロック禁止」とか「うなじが見えると男子が興奮するからダメ」といったルールに疑問を呈する声が上がっているという。

しかし、学生たちの69%が「自由な髪型が許されても良い」と考える一方で、髪型の校則がある理由を教師に聞いたことがあるのはわずか9%に留まる。

髪型について、面と向かって教師と話し合うことが出来ないことが課題として挙げられた。

教師からも疑問

調査には、現役の中学校・高校の教師200人からも回答が寄せられている。

それによると、全体の70%が「勤務している学校の髪型校則に疑問を感じている」と答えている。さらに、87%が「時代に合わせて、髪型校則も変わっていくべきだと思う」と感じていることもわかり、指導する立場の教師たちも校則を考え直す必要があると考えている実態が明らかになった。

一方で、校則は「長年続いている文化で声をあげにくい」といった回答もあった。

キャンペーンを展開

P&Gは、こうした調査結果を元に、社会全体で髪型を規定する校則について考えるキャンペーンを展開する。3月18日に新聞に広告を掲載するほか、27日にはこの問題について考えるラジオ番組を放送する。

プロジェクトの責任者を務めるP&Gの大倉佳晃アソシエイト・ブランド・ディレクターは「学生の個性が尊重される社会になることを少しでも応援していけたら」とコメントしている。

引用元

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-00010000-huffpost-soci

 

 

スポンサーリンク

地毛証明書 賛否のまとめ

昔は、男子が坊主頭、女子はおさげにすると言う校則が当たり前の様にありましたからね。

今の時代の高速はまだ緩い方とは思いますが、

時代の流れによって変わって行くのが当然でしょうね。

 

コメント