アスリートイメージランキング トップ10を発表!画像あり

エンタメ

アスリートイメージランキングが注目されていますね。

博報堂DYメディアパートナーズが、

「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表しました。

トップ10の結果を詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

アスリートイメージランキング 1位は羽生結弦!画像あり

1位:羽生結弦選手(24=ANA)

 

2位:イチロー外野手(45)

 

View this post on Instagram

 

YouTubeとか見てて思ったけどやっぱこの人天才だわ! #イチロー

Nasa_ONCEさん(@twicebaseball207)がシェアした投稿 –

 

3位:大谷翔平投手(24)

 

View this post on Instagram

 

大谷翔平 #大谷翔平 #ふぉろーしてくれたらフォロバします #いいね返し #いいね返しは絶対

さん(@ooooootn_)がシェアした投稿 –

 

4位:大坂なおみ選手(21)

 

5位:錦織圭選手(29)

 

6位:長谷部誠選手(35)

 

7位:紀平梨花選手(16)

 

8位:リオネル・メッシ選手(31)

 

9位:本田圭佑選手(32)

 

View this post on Instagram

 

✔︎ 監督しての顔 選手に熱い想いをぶつける 素晴らしい監督 . 服装もかっこよくて可愛い🥺💜 . . . #本田圭佑 #keisukehonda

Juriaさん(@ksk4fan)がシェアした投稿 –

 

10位:宇野昌磨選手(21)

 

View this post on Instagram

 

#ShomaUno #宇野昌磨

Shoma Uno fanpageさん(@shomauno_fans)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

アスリートイメージランキングについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

三人とも素晴らしい活躍で納得のメンバーですね!
イチロー選手には心からありがとうとお疲れ様を言いたいし、羽生選手と大谷選手にはこれからも応援してますと言いたい。
大谷選手は手術後だし、羽生選手も足の怪我が完治していませんがどうかお二人ともお身体大切にして頑張ってくださいね。

 

ランキング結果はとても嬉しい!
この笑顔もとても爽やかです!
国別対抗戦の欠場は妥当かと思います。
まずは足の完治が最優先です。
もう、クリケットに戻られたという事でほっとしています。数日間の日本滞在でしたが楽しめたかな?気が休まる事ない日本に居るより遠くカナダからの近況を聞くほうが落ち着きますからね。

 

実力人気人柄3拍子揃ってるなトップ3
羽生は数日前の選手権でもオーラのかたまりで勝負強かったし
イチローはレジェンド大谷も未開の地をゆく大いなる挑戦者!
まあ当然の結果だ

 

羽生さんも大谷さんも、素晴らしい才能・身体能力に加え、あのルックスですからね。天に超ビッグな二物を与えられた人達。素敵だと思います。

 

皆さんいつも夢と勇気をありがとう。
羽生選手と大谷選手は同い年なんですよね。
94年生まれは他にも活躍してる選手が多くてすごい!
そしてイチローさん本当にお疲れさまでした。

 

イチロー選手引退寂しいですね
羽生大谷選手これからも活躍楽しみにしてます

 

イチロー選手が引退した今、真のアスリートで実力ある選手は羽生結弦選手、大谷翔平選手が適任だね。特に羽生結弦選手が日本国内において目立つ存在と言えるね。

 

羽生結弦の1位は、納得がいく。あれだけ活躍すれば当然だね。自分としてはサッカーファンでもあるので、長谷部(6位)はもう少し上でもいいと思うけどね(3位ぐらい)。
まぁ、アスリートは皆、応援してるけどね。特にサッカー選手とフィギュア選手ね。ワールドが終わって悔しいと言ってたから、羽生結弦の挑戦は続くだろう。何故なら彼は、
S.G.M.Y.Hだからね!(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

アスリートイメージランキングの詳細

詳しい記事はこちら

博報堂DYメディアパートナーズは27日、「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表し、五輪連覇で国民栄誉賞スケーターの羽生結弦(24=ANA)が総合ランキング1位となった。

2位は21日に引退を表明した大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(45)、3位にはエンゼルスの大谷翔平投手(24)が入った。

さらに4位に大坂なおみ(21)、5位に錦織圭(29)と日本テニス界の男女トッププレーヤーがトップ5入り。6位=長谷部誠(35)、7位=紀平梨花(16)、8位=リオネル・メッシ(31)、9位=本田圭佑(32)、10位=宇野昌磨(21)と続いた。

また、各種ランキングも発表され、「知性的」部門はイチロー、「親しみやすい」部門では大坂、「さわやか」部門は羽生、「勢いを感じる」部門では紀平がそれぞれトップとなった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000165-spnannex-spo

 

 

 

スポンサーリンク

アスリートイメージランキングのまとめ

いかがでしたでしょうか?

納得のランキング結果でしたね。

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント