アマゾン 還元義務撤回の真相がヤバい!出品者の負担を強制するおそれ

エンタメ

アマゾン 還元義務撤回が話題となっていますね。

アマゾンが、ネット通販で扱う全商品に販売価格の

1%以上のポイントをつける還元策の導入を撤回する事が明らかになりました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

アマゾン 還元義務撤回の真相がヤバい!出品者の負担を強制するおそれ

ネット通販の大手アマゾン

アマゾンで扱うネット通販「マーケットプレイス」の全商品に

販売価格の1%以上のポイントを付けるという還元策を発表されていましたが、

導入を撤回することになった様です。

商品を購入する側からしたら全ての商品にポイントが付くのは嬉しい事です。

撤回の理由は

「マーケットプレイス」は外部の出品者の商品を扱う仕組みとなっており、

外部の出品者にポイント費用の負担を強制するおそれがあるという事で、

独占禁止法が禁じる

「優越的地位の乱用」

にあたる可能性があるという事です。

 

ポイントの有無や還元率は従来どおり出品者の任意となる様です。

 

出品者にポイントに負担がかかる事で、

商品の値段が高くなっては本末転倒ですからね。

 

スポンサーリンク

アマゾン 還元義務撤回についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

ネットショッピングの利点は、流通など中間の経費が削減出来ることに有るのだと思う。
その削減分を利益に充てるか、販売促進に活用するか、それらは販売する側の都合で良いと思います。

他のマーケットサイトとの差別化や優位性の確保のために、無理なポイント対応などを強いるのは確かにアウトでしょう。

こういったマーケットサイトや旅行予約サイトなど、他人のふんどしで儲けを出す業種はみな搾取体質に見えてなりません。

 

楽天も相当酷いという噂あるよね?

しっかり調べ上げるべき。

 

楽天のポイント還元率は購入者側からすればありがたいが
出品者は薄利多売だよね

 

マーケットプレイスは買わないことにしている。

 

なんだ、これは?

ポイントなんかいらないよな。

 

巨大外資から税金をしっかり納めさせる法案とかが先だろ。

 

そもそもアマゾンは日本や欧州で税金をほとんど納めていない企業。
莫大な利益を上げてもすべてアメリカ本国へ持って行ってしまう。こんな糞企業が日本の通販を独占しつつあるのは危機だ。

 

ニセモノまがい物に当たることもあるので、Amazonは出品者の管理を強化すべきでしょうね。ポイント云々より、そっちが先。

 

スポンサーリンク

アマゾン 還元義務撤回の詳細

詳しい記事はこちら

アマゾンジャパンは10日、ネット通販で扱う全商品に販売価格の1%以上のポイントをつける還元策の導入を撤回することを明らかにした。5月に導入すると発表していたが、外部の出品者にポイント費用の負担を強制するおそれがあることなどから、独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」にあたる可能性があるとみて公正取引委員会が調査していた。

外部の出品者の商品を扱う「マーケットプレイス」で5月23日から還元策を導入すると2月に明らかにしていたが、これを撤回した。ポイントをつけるかどうかや、どのぐらいつけるかは従来どおり出品者の任意とする。アマゾンが自ら商品を仕入れて販売もする直販方式では、今後、大半の商品にアマゾン側の負担でポイント付与を始める。

アマゾンは撤回の理由を明らかにしていないが、公取委の調査を重くみたとみられる。公取委はアマゾンが優越的な地位を利用して一方的に契約を変更し、出品者が損をする仕組みになる可能性があるとみていた。

公取委はこれとは別に、アマゾンやヤフー、楽天などプラットフォーマーが取引先に不公正な取引条件を強いていないかを調べる大規模な実態調査を1月から進めている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000003-asahi-bus_all

 

 

 

スポンサーリンク

アマゾン 還元義務撤回のまとめ

以上、アマゾン 還元義務撤回について調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク