大手芸能事務所 労働是正勧告がヤバい!上限を超える残業させていた

エンタメ

大手芸能事務所 労働是正勧告が話題となっていますね。

大手芸能事務所のアミューズ、吉本興業、LDH JAPANが、

労働基準監督署から是正勧告を受けていた事がわかりました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

大手芸能事務所 労働是正勧告がヤバい!上限を超える残業させていた

労働基準監督署から是正勧告を受けていたという

大手芸能事務所は、

サザンオールスターズや福山雅治さんらが所属している

  • アミューズ

ダウンタウンや明石家さんまさんなどのお笑い芸人が所属する

  • 吉本興業と子会社の東京吉本

EXILEの所属事務所

  • LDH JAPAN

各事務所は

労働基準法の上限を超える時間外労働(残業)をさせていたという事です。

月に500時間もの働いた従業員もいたという事の様ですね。

芸能界において、事務所との契約は奴隷契約と言われていたりしますが、

所属している芸能人では無い社員も奴隷の様に働かせていたのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

大手芸能事務所 労働是正勧告についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

是正なんて構造的に無理でしょ、正直…。

 

関係性で成り立ってる商売だから先輩や演者が帰らないと何もやることなくても帰れないとかあるだろうし。仕事外でマネージャー使ってるタレントもいるだろうし。改善の余地はありそう

 

法令を遵守してたら、吉本は潰れると思う。

 

芸能事務所だけに関わらず、日本の会社は大きくなればなる程仕事を増やす組織となってブラック化していくように思う。特に芸能関連は一般の会社とは違う という古くからの体質でより残業が多いのは当たり前という風潮の中、500時間とか体を壊すような非人間的な働き方をすればいずれ個人も会社も破たんが来る。そろそろ本腰を入れて改革を進めるいい機会だと思う。

 

タレントと会社は雇用契約が正社員ではないから是正の対象とならないが、マネージャーやスタッフは概ね正社員。タレントの誰かが言っていたが、最近は社員の長時間労働の是正のため、一日の中でマネージャーの交代があるとか。一番単純な対処策である人員増、属人性の排除が進んできたのは良いことと思います。

 

遅すぎるだろう。出演料が500円で交通費も出ないなんてどう考えてまともじゃない。アイドル関係もかなり酷いみたいだし。

 

所属している会社の方針や、今後のスケジュールに従わざるを得ないのが芸能人。睡眠時間3.4時間で働き続けらるのは、莫大なお金が流通するから。自分でマネジメントしてるのなら別ですが。

つまり、大事な商品であるのが、人だから様々な問題が発生してくる。
コンプライアンスも会社に寄って様々。芸能人本人でなくても、会社の運営そのものに携わる事務の人だっている訳だし。
組織として利益を上げる為に全て人が絡む。
これは何の会社でもそう。
芸能界は特殊な世界。長時間労働をしてたら、誰だって、心身ともにダウンします。
労働是正勧告といっても、非常に難しい世界。
そこを経営者がどう考えていくか…
芸能人は生き残りをかけて、収入を得続けなきゃならんし、本当に難しい問題です。

 

建前と本音を一致させる試みとそうした時代だということ。一気に進む部分となかなか進まない部分と。一致させるのが当然なのかもしれない。しかしManagerには将来芸人になりたい人間もいて弟子入りしているのと同じだと思っている人間もいるのか。本音と建て前を一致させることが必要。すくなくとも一流国で一致していない国は避難の対象。
日本もやっと歩み始めたようだ。ヨーロッパで労働者が休暇をとるのが当たり前。日本もそのうちそうなる。建前と本音が一致するのが当然。

 

芸能の世界にメスを入れるとなると…勧告の対象は10社や20社では利かないだろうね。芸能の仕事ほど不規則なものはなかなかないわけだから、マネージャー等の社員達だって当然…

 

芸能界など時間のかかる職業は
今後は業務委託へと転換されていくのかもしれませんね。

どこに出来高を設定するのかでしょうけど。
番組製作を1単位にするのか。
タレントにはオーディションもあるから
電車賃や出張手当てが設定されないなら仕事を獲得できないとただ働きになっちゃうね。

このままだと
単価の折衝に代理人が必要になる時代になりそうですね。

時給・月給で雇用となった場合も
残業手当てはもちろん
退社から次の出勤までの休息時間に最低賃金など公平な労働条件を満たすように
罰則や賃金支払い義務も含めて遵守させる法令がなければ今以上に雇用条件が良くなる事は無いと思う。

仕事は命を使っている。
国も使役側も雇用に対する日本的な思想を改めるときがきている。
新人教育も「新人は何も知らない」事を前提の教育へ転換しなければ企業も選ばれなくなりそうですね。

 

残業時間は職種によってだいぶ意味が異なると思います。個人事業主扱いとはいえ芸能人も労働というか拘束時間は長いわけで、それと一緒にいるマネージャー達の拘束時間も自ずと増えます。
職人や芸術家、スポーツ選手だって仕事のことを考えたりトレーニングする時間をいれれば長いはずです。
私のような普通の会社員だって、仕事が充実してれば休みの日でも仕事のアイデアを考えたりするし、それが苦ではないです。
要はサービス残業が強制されているものなのかどうかが問題だと思います。
論点がそれますが、一日の労働時間が7時間と8時間の会社があるし、年間休日数も異なるので、この手の話を調査する場合、残業時間ではなく、年間の総労働時間で比較して欲しいです。

 

スポンサーリンク

大手芸能事務所 労働是正勧告の詳細

詳しい記事はこちら

上限を超える時間外労働(残業)をさせたなどとして、人気バンド「サザンオールスターズ」が所属する大手芸能事務所アミューズ(東京)や、お笑い芸人を多数抱える吉本興業と子会社(いずれも大阪)の東京事業所、人気グループ「EXILE」のLDH JAPAN(東京)が、労働基準監督署から相次ぎ是正勧告を受けていたことが13日、関係者への取材で分かった。月に500時間働いた従業員もいた。

アミューズは「大変重く、真摯に受け止めている」、吉本興業は「重く受け止め、労基署と相談して対応している」、LDH社は「引き続き労働環境の整備に努める」としている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00000003-kyodonews-cul

 

 

 

スポンサーリンク

大手芸能事務所 労働是正勧告のまとめ

以上、大手芸能事務所 労働是正勧告について調べてみました。

芸能人も周りのスタッフに支えられての商業だと思います。

スタッフの待遇改善も今回の事で改善されて欲しいですね。

 

コメント

スポンサーリンク