高須院長 不快感の死亡説ネタ元は夢?お悔やみ電話を父になりすます

エンタメ

高須院長 不快感が話題となっていますね。

高須クリニックの高須院長が、

ツイッターで死亡説が流れ訃報電話が来た事に不快感を示しました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

高須院長 不快感の死亡説ネタ元は夢?お悔やみ電話を父になりすます

高須院長は全身がんを公表しています。

最近は体調不良で入院するなど調子は余り良くないご様子でした。

そんな高須院長が朝一のツイッターで

「まだ生きてるよー」

と生存を報告。

どうやら高須院長の死亡説が流れたみたいで、

お悔やみ電話がかかって来たといいます。

高須院長のツイッターはこちら↓

お悔やみ電話には、父親になりすまして対応を行ったという事です。

生きていれば115歳という父親なのだそうですが、

高須院長だという事には気がつかなかった様子ですね。

訃報の元ネタはこちらのツイートでしょうか↓

 

何と夢で訃報のニュースを聞いたという事です。

このツイートをみて死亡説が流れてしまったという事なのでしょうか?

それが本人の所まで行ってしまったというのは驚きですね。

スポンサーリンク

高須院長 不快感についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

高須さんには元気になって頑張ってもらいたい。
応援してます。

 

すごく失礼な話。
高須さんにはまだまだ頑張ってもらわないと。

 

金があっても健康じゃなきゃ意味が無い。
治療に専念して復活してください。

 

失礼な話だよね。そんな不躾な電話があったことをユーモラスに話す高須院長には、まだまだ元気でいてほしい。

 

こういう話時々あるね
確認しないんだろうかね

 

親父さんのフリして電話応対したあたり、さすがだなぁ。しかも生きてたら115歳、気づけよってw多分普通の人が自身の身体が全身ガンという認識でいたら、こんなユーモアある対応できる気がしないわ。彼が医師だからとかじゃなくてさ。僕もこうなりたいな。

 

お悔やみの電話してきてるくらいだから、高須さんも面識のある人だったのかな?

 

高須さんって、本当に尊敬します!
どんな時にも、前向きな発信っていうか、私はいつも元気をもらいます。
どんな病気も逃げて行くような気がします!
長生きしてください!

 

スポンサーリンク

高須院長 不快感の詳細

詳しい記事はこちら

高須クリニック高須克弥院長(74)が16日、ツイッターを更新し、訃報電話について言及した。

高須院長は、投稿一番「まだ生きてるよー」と生存を報告。

「朝っぱらからお悔やみ電話。咽頭炎でしゃがれ声になっているのを幸い、父親になりすましてお礼を言うわし、わしの父親、生きてれば115才だよ。気づけよ」とトホホな展開を明かした。

どうやら、電話相手は高須院長が亡くなったと思い込み、心配して高須院長の家族宛てに電話をかけてきたようだ。

高須院長はぼうこうや腎臓、尿管などを患う全身がんを公表。最近は発熱やせきなどの体調不良で入院もしていた。

ただ、さすがに誤報には憤慨を隠せないもよう。「訃報を流したの誰だよ?」とあきれながらツイートした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000004-tospoweb-ent

 

 

 

スポンサーリンク

高須院長 不快感のまとめ

以上、高須院長 不快感について調べてみました。

何とも失礼な話ですが、それを父親になりすます高須院長の対応が凄いですね。

長生きして欲しいですね。

 

コメント

スポンサーリンク