野口健 激怒の真相がヤバい!救助要請後に勝手に下山した男に無神経

エンタメ

野口健 激怒が注目されていますね。

登山家の野口健さんが、ツイッターで

登山中に救助要請しながら、捜索中に下山し帰宅していたというニュースに激怒しました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

野口健 激怒の真相がヤバい!救助要請後に勝手に下山した男に無神経

野口健さんが激怒したニュースの記事は

富士山を登っていた20歳代男性が、

「疲れて動けない」

と通報し救助を求めたそうですが、

救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で下山。

その後、自宅に戻るまで下山したことを連絡しなかったといいます。

この事に、野口健さんは激怒しました。

 

野口健さんが激怒したツイートがこちら↓

 

救助に向かった人も、救助隊員が二次被害に遭うおそれもありますし、

救助を求めた以上は、下山したのなら連絡するのは、当然のことですよね。

自分のために他人を危険に冒しておいて、

無神経にもほどがありますね。

 

スポンサーリンク

野口健 激怒の詳細

詳しい記事はこちら

登山家の野口健氏が22日、ツイッターを更新し、富士山登山中に救助要請しながら、捜索中に1人で下山し帰宅していたというニュースに激怒。「安易に救助要請を出す登山者が増えている。有料化を検討すべき」と訴えた。

野口氏は20代男性が富士山登山中に動きが取れなくなり、救助を要請したが捜索中に下山し、連絡もせず帰宅していたという仰天ニュースを添付。記事によれば男性は登山届も提出せず、アイゼンもつけていなかったという。

これに野口氏は激怒。「これはとんでもない話だ!」と切り出し「救助要請しながら、自力で下山しそのまま帰宅していたとは。そもそもアイゼンも持たずに何を考えているのか」と男性の非常識ぶりに呆れ「というか救助要請しておきながら…こういう無神経な人がいる事に呆れ果てる。罰金を取る手段はないが、ペナルティーは必要!!!」と主張した。

野口氏は怒りが収まらないのか、ツイッターを連投し「極めて悪質!名前の公開ぐらいしてもいいだろうに」と改めて男性の行為を非難。「救助隊員は命がけで救助に向かう。2次遭難のリスクを背負いながらも一分一秒早く見つけてあげたいと必死になって捜索活動をする。この男はそんなことも想像できないのか」と強く訴え「近年、あまりに安易に救助要請をだす登山者が増えている。有料化を検討すべき」と持論を展開していた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000048-dal-ent

 

 

スポンサーリンク

野口健 激怒についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

救助する人だって危険を伴っているんだ。
よくそれで帰れたな頭おかしい
有料化していいし、実名報道してほしい

 

費用は絶対に請求するべきですね。

 

救助要請有料化賛成。今は救助保険もある事だし、人を動かすには金があるという事を認識してもらった方が良い。あと富士山登山は有料化すべし。安易に大量の人が登りすぎ。富士山は天候が急変したら逃げ場の無い山になる事を知らずに登る人が多すぎる。登山前に装備チェック義務化なども必要。

 

自力で下山できたのですから、救助要請は虚偽の通報ということになりませんかね?偽計業務妨害に相当する可能性もありますよ。かなり無理矢理な解釈して、行きすぎた考え方をすれば、の話ですが…。

それにしても、「申し訳ない、自力で下山できました」くらいのことが言えないものかな、と思います。悪意がなくとも、他人に徒労を強いたことには違いないのですからね…。

 

知り合いに山岳遭難救助隊員がいるが、彼らは本当に私生活を犠牲にしてまで任務を遂行しています。
また、非常に我慢強い性格の方ばかりで、愚痴も言わない、本当にいい男達です。
この様なことがあっても、ただ堪えるだけだと思うので、周りがこの様な声を上げてくれることにより、少しは救われのかなとは思います。野口さんのような有名な方が、この様な事を発信して頂き、救助隊員の事を思って下さる方が増えることを期待しています。

 

かかったコストは支払うべき。登山にはリスクは伴う。富士山や谷川岳のような遭難者事故の多い山に登る場合、万が一に備えてふもとで日掛け保険のようなものに加入者出来るようにした方が良いとと思う。富士山などは入山料を徴収する話もあるが、そこに保険料も組み込むべきだと思う。

 

自己責任で登山しているんだから、最後まで責任持って欲しいですね。
本当に救援隊の方々は命掛けて活動してるわけだし、私も救援要請は有料化して構わないと思います。

 

救助要請しておきながら、 下山出来たからと無断で帰るなんて有り得ないことを仕出かす人がいるのですね。
自身の救助にどれ程の人の手を煩わせているか、言われなくても想像つくものだと思うのですが…。

やはり山菜採りや登山(夏山、冬山を問わず)に係る救助費用は全額請求すべきと思います。
救助要請がなされると捜索隊を組まなくてはなりません。
田舎ですと消防団員なども駆り出されます。
捜索する側に二次災害の危険を負わせること、また現在では保険も整備されていることから全額負担させるべきだと思います。
そうすることで装備もしない安易な登山などを抑制できると考えます。

 

安易に救急車を呼ぶ人か増えて問題になってるけど、登山者の救助要請までおんなじような輩が増えてるってことか。老若男女問わず、“考えなしの阿呆”が増えてるのかね。
場合による規定を設けて有料かを検討して良いと思う。

 

費用とかの問題では無く。モラルの問題と思います。最近のこの手のモラル欠乏症が多くありますね。育てた親の責任でしょう。
常識とは何かを、学校でももっと教育して、その様な若者には厳しく対応しましょう。

 

スポンサーリンク

野口健 激怒のまとめ

以上、野口健 激怒について調べてみました。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    有料でいいですよ
    雪山でもコース外に行く外人を無料で救助?
    警察はすべて民間ヘリ、救助隊に委託して有料で救助すればいい。
    それが警察の仕事だろと言われるのなら、その分を未然の事故、事件の防止にあたればいい。
    救急車も有料でいいね。

スポンサーリンク