猫耳大臣 拡散した動画が可愛すぎてヤバい!

エンタメ

猫耳大臣 拡散が話題となっていますね。

パキスタンで大臣が、記者会見の生中継でミスで「猫耳アプリ」が使われ

猫耳大臣となった動画がSNSで瞬く間に拡散された様です。

どんな動画なのか?詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

猫耳大臣 拡散した動画が可愛すぎてヤバい!

「猫耳アプリ」で猫耳大臣となった動画がこちら↓


パキスタンの大臣、カイバル・パクトゥンクワ州のユスフザイ情報相が

記者会見を生中継するさいに、

広報担当者が使用した携帯電話の「猫耳アプリ」が起動していたため、

大臣が猫に変身した猫耳大臣となってしまったという事です。

カメラではなく携帯電話での生中継というのも驚きですね。

広報担当者が記者会見の直前に「猫耳アプリ」で遊んでいたのかも知れませんね。

瞬く間にネットで拡散してしまうのは今の時代、防ぎようもないのでしょうが、

逆に猫耳姿が可愛い支持率のアップに繋がる事もあり得るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

猫耳大臣 拡散の詳細

詳しい記事はこちら

パキスタンで今月中旬、州大臣の記者会見を生中継するのに使われた携帯電話の「猫耳アプリ」が起動していたため、猫に扮したような姿がネット中継される珍事があった。州政府は「撮影者のミス」と釈明したが、動画は瞬く間にSNSで拡散。州政府の会見としては異例の注目を集めた。

話題になったのは、北西部カイバル・パクトゥンクワ州のユスフザイ情報相。14日夜、広報担当者が猫の耳をあしらう動画機能「猫耳アプリ」を起動させたまま会見を撮影。猫の耳やヒゲが付いたように見える情報相が、財政難にあえぐ州政府の予算編成を熱っぽく語る動画がフェイスブックで生中継された。

動画はすぐに消されたが、SNS上で「猫に変身」「ミャオ、ミャオ」などのコメントとともに拡散。情報相の所属政党は公式声明で「我々はネット技術を政治に生かすパイオニアとして誇りを持っている」と前置きしつつ、「再発防止に努めます」と釈明した。

パキスタンでは近年、電力事情の改善などでネット環境が急速に向上。各政党がネットを通じた広報戦略でしのぎを削っている。

注目度が上がる一方、放送事故や不適切発言のたびにネットが炎上。昨年11月には、国営テレビ局「PTV」が政府への風刺とも取れるテロップを誤配信したことがネットで話題になり、局トップが更迭される事態に発展した。(イスラマバード=乗京真知)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

スポンサーリンク

猫耳大臣 拡散についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

ご愛嬌で。
あまり目くじらを立てる事ではないと思うが、、、

 

日本なら逆に支持率上がりそう

 

確信犯だと思う。

 

公式会見を 携帯電話で生中継、の方にビックリしました。
ネコ耳 については、問題視するほどでも無いと思います。発言内容に対しての説得力がやや減少するかも知れない。その代わり発言が広く知れ渡るから、結果的に悪くないかもしれません。

 

良いと思うけどなぁ。
厳しさばかりだと人は離れますから、寛容をもって免罪を。

 

まあ話題になったんだから良いんじゃ無いの。大臣には少なくとも表面上は過失は無いんだし。裏の事情は分からないけどね。

 

とても似合ってると思う
頭の形に猫耳が自然にフィットしてるし
ヒゲもいい感じだと思います
ディズニ―のスタッフだと言われたら信じますね
これを逆にこの州のアピールに利用した方がいい

 

議論していた内容にもよると思うが
笑って許せるくらいの余裕が欲しいね。

 

今回の撮影ミスで注目されたことは間違いなし。若者向けに発信するという意味でも有効かもしれないな。

 

国によって考え方が違うから厳しかったとしてもしょうがないけど
こういうミスなら次からは気をつけろよで笑って済ませて
いいと思うわ。
もう一回同じ事したら厳しくていいと思うが。

 

プライドもあるだろう、お大臣の男性だから、これだけ画像が出回って、相当お怒りなんじゃ…って言うのが普通の想像だけど、実際にはどう思ってるのか気になる。

 

スポンサーリンク

猫耳大臣 拡散のまとめ

以上、猫耳大臣 拡散について調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク