釈由美子 事務所トラブルがヤバい!タダ働きに怒り個人事務所立ち上げ

エンタメ

釈由美子 事務所トラブルが注目されていますね。

釈由美子さんが、所属する事務所からの給料が支払われていないトラブルに見舞われている様です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

釈由美子 事務所トラブルがヤバい!タダ働きに怒り個人事務所立ち上げ

釈由美子さんが、所属する芸能事務所「トミーズアーティストカンパニー」から

給料未払いトラブルの報道が週刊誌により発覚しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

お行きなさい。 #釈由美子 #hbd

隊長さん(@nekotaicho214)がシェアした投稿 –

 

週刊誌の報道によると事務所が4000万円の債務を抱えて経営難に陥っており、

釈由美子さんの給料も1000万円が支払われていなかったといいます。

実際に支払われた額に、数100万円の開きがあった様で

話し合いの結果、差額は分割で支払うという事で落ち着いた様ですが、

釈由美子さんは個人事務所を立ち上げという事ですね。

事務所の倉持賢一社長は釈さんの個人事務所の立ち上げは認めたと様ですが、

事務所の移籍は否定したようです。

給料はキチンと支払われていなかったというのは、信頼は無くしますよね。

釈由美子さんとしては事務所の移籍は濃厚なのではないのでしょうか。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SuperheroMAXIDさん(@superheromaxid)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

釈由美子 事務所トラブルの詳細

詳しい記事はこちら

女優・釈由美子(41)の給料未払いトラブルを、30日発売の写真週刊誌「FLASH」が「タダ働き1年半!ブチ切れ独立」の見出しで報じている。同誌によると、釈が所属する芸能事務所「トミーズアーティストカンパニー」が4000万円の債務を抱えて経営難に陥って、釈も給料1000万円が支払われておらず怒り心頭。4月に個人事務所を立ち上げたという。

同社の倉持賢一社長は、デイリースポーツの取材に対応し、報じられた内容の一部を否定。「タダ働きということはありません。(釈が)支払われると思っていた給料と、実際に支払われた額に、数100万円の開きがありました。話し合って、今後差額を分割で支払うことになりました」と“円満解決”を強調した。

釈の個人事務所の設立を認めつつ、「独立の意向は聞いていません」と説明した。

引用元

 

 

スポンサーリンク

釈由美子 事務所トラブルについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

怒り心頭なのは事実では。数100万円の開きはタレントにとってもデカイよ。給料は会社として支払う義務があるもので差額があるだけでも当然事務所に対して不信感は発生するでしょうし寧ろ分割も本来アウトだからね。吉本でもそうだけど企業体質に問題があり悪質だと判断される場合も考えられる訳なので苦しいのは理解出来るけれど4000万円の債務を抱えて経営難に陥っている時点で経営者として言い逃れは出来ないでしょう

 

その分割払いがさらに不信感を煽る。

 

どっちにしても怪しい事務所ということは間違いない。

 

羽振りのいいイメージやけど。
タレンド事務所も大変なんやな。

 

釈さん1000万もらっていたんだね、凄い。
釈さんクラスでこれだけもらえて芸能界は本当いいね、でもプライベート犠牲にして働いているんだから妥当だね、働いた分は払わないと。

 

釈さんが月手取り50万円だと会社99:釈さん1なのでは。

 

今の社長は就任したばっかでしょ4000万の負債は前社長が残したもの

 

他の事務所だったら一蹴
独立したら嫌がらせ潰されて
業界自体がアウトロー

 

スポンサーリンク

釈由美子 事務所トラブルのまとめ

以上、釈由美子 事務所トラブルについて調べてみました。

 

 

コメント

スポンサーリンク