えなりかずき 共演拒否の真相は?泉ピン子との不仲を橋田壽賀子が暴露

エンタメ

えなりかずき 共演拒否が注目されています。

えなりかずきさん泉ピン子さんとの共演拒否をしている事がわかり話題となっている様です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

えなりかずき 共演拒否の真相は?泉ピン子との不仲を橋田壽賀子が暴露

えなりかずきさんが泉ピン子さんとの共演拒否をしているという事を明かしたのは

「渡る世間は鬼ばかり」の脚本を書いている橋田壽賀子さん

橋田壽賀子さんによると

「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」

とえなりさんが泉ピン子さんとの共演拒否をしている事には激怒している様子です。

 

 

「渡る世間は鬼ばかり」は30年続く国民的ホームドラマ

えなりかずきさんにとっては子役の時代から出演している出世作になると思います。

泉ピン子さんは主人公の小島五月役をを、

えなりさんはその五月の長男・眞役を演じています。

しかし、2人の共演は近年は無いそうで

橋田壽賀子さんは

「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。アホみたいな話ですよ。役者がケンカしてるから、書けないって」

渡鬼の脚本にも影響が出ているといいます。

橋田さんによると泉ピン子さんは、イジメた覚えは全くないと言っているそうで

「嫌われたらしょうがない」

と割り切っている様です。

はっきり物を言う性格でもある泉ピン子さんですから、

知らず知らずにえなりかずきさんに嫌われていたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

えなりかずき 共演拒否についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

当人同士が言うのならまだしも、橋田さんが告白するのはどうなんだ?発疹の悩みをうちあけただけで何故橋田さんが怒っているのか?

それを週刊誌に明かす自分も同じことしているじゃないか。

 

幼児から、すでに恩返しはしたと思う。
30年もやれば、断る権利はあると思う。
ほかの作品に出て、イメージを刷新すればいい。

 

これをみて、9月の特番がふに落ちない終わり方だったのがよくわかった。
泉ピン子の芝居もずいぶん老けた感じになっていたし、滑舌も回ってなかった。
スガコ先生も、大概泉ピン子ばかりを庇うのは考えた方がいいと思うが、90を過ぎたおばあさんにもう、何を言っても通じないと思う。

 

いじめた側は忘れてもいじめられた側は忘れられない
ってやつかな

 

橋田先生はえなりくんに怒ってます?
話の様子からみると子役時代からの役者としての付き合いの中でピン子さんと一緒になると体がストレスで異変が起きるのでしょう
よほど、嫌な思いしてなきゃそうならない
上下関係は最初からついてるし
これは、えなりを責めることか?
むしろ辛さに同情するけどね
話が好きに書けないからって役者に当たるようなこと暴露しなくても、自己中だなと思ったわ
裏側のいざこざなんて業界では当たり前にあることでしょ、むしろ波風ないほうが不思議かと

 

何があったんでしょうか。
この間のスペシャルも、貴子と離婚する!と啖呵を切ったえなりをお姉ちゃんと勇さんで窘めて終わりましたよね。
貴子さん役が嫌われているのかと思ったら、えなりさんだったんですね。
もう、渡鬼自体、いいんじゃない?終わりで。

 

安住アナに絡んでるピン子さんをみてたら
なんか嫌な感じはするよ、、、。
本人はなんとも思ってなくとも、相手が嫌だと感じたらパワハラなんでしょ。

 

本人は、故意にイジメた気はなくても、と言うか、いじめと言うより、
半端ない不愉快な目に合ってきたのだろう。

発疹とか、身体的に拒否反応がでるほどにね。

橋田さんは、作りたい作品作れなく、えなりかずきに怒りを感じ、ぼやいて
いるのだろうが、それはおかしい。本人には権利だってある。

どうしても嫌なら、イメージは変わってしまっても仕方ない。役者を
変えるしかない話。

ぼやいて、こんな話をおおっぴらで話す態度の方に、よほど首をかしげるね。

 

スポンサーリンク

えなりかずき 共演拒否の詳細

詳しい記事はこちら

 国民的ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で、俳優のえなりかずき(34)が女優の泉ピン子(72)との共演を拒否していることを、脚本家の橋田壽賀子氏(94)が「週刊文春」の取材で明かした。

「渡る世間は鬼ばかり」は1990年の番組開始から30年続く国民的ホームドラマで、どこの家でも起こる嫁姑や親子関係など家族の問題をリアルに描いてきた。泉ピン子は主人公の小島五月を、えなりは五月の長男・眞を演じている。だが、二人は2015年に放送された特番を最後に、以降は共演をしていない。今年9月16日に放送された特番でも、同じシーンに登場することはなかった。

橋田氏は「週刊文春」の取材に、こう語った。

「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」

さらに橋田氏はこう語る。

「肝心の嫁姑問題は絶対にできない。母親と息子のマザコンみたいなものさえ書けない。アホみたいな話ですよ。役者がケンカしてるから、書けないって」

また、橋田氏が訊いたところ、泉ピン子は「イジメた覚えは全くない」、「嫌われたらしょうがない」と言っていたという。

えなりに取材を申し入れると、マネージャーの母が「こちら何もわかりませんし、お答えすることはできませんので」と回答した。

小誌の取材に、泉ピン子のマネージャーは「『(えなりの共演NGについて)そういう話があるんだけど、そんな事ないのにね』と本人から聞いています」と答えた。

10月3日(木)発売の「週刊文春」では、“渡鬼”で何が起きていたのか、橋田氏が小誌だけに打ち明けた胸の内、えなりの母とピン子の対立、えなり家の事情などについて詳報する。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

 

スポンサーリンク

えなりかずき 共演拒否のまとめ

以上、えなりかずき 共演拒否について調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク