尾木ママ 嘆きの真相は?教師によるいじめ動画がヤバすぎる!

エンタメ

尾木ママ 嘆きが注目されていますね。

尾木ママが教諭4人が同僚をいじめてた問題について

嘆きブログを投稿して話題となっている様です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

尾木ママ 嘆きの真相は?教師によるいじめ動画がヤバすぎる!

神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚4人をいじめいたと

衝撃のニュースが問題になっている中

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんがブログで嘆きの投稿をしました。

 

 

加害者達に

「完全におとなの犯罪です!いくつもの刑法犯罪犯している可能性が高いのです、厳重に取り締まり 厳罰に処して欲しい」

と加害者側の行為を断罪しました。

更に、いじめた行為を撮影した動画が存在する事に対しては

「信じられないです!」

「何目的でスマホ回してたのでしょうか」

「職員室で同僚教師に自慢するため それとも、楽しみの為に動画撮ったのでしょうか?なんてレベル低くて悲しい教師たちでしょうか」

と激怒しました。

 

問題のいじめ動画がこちら↓


これには呆れて物が言えませんね。

人間として最低な人物が教師だとは。

被害者の方はもちろんのことですが、

この様な行為を平然とする先生に教えられていた生徒達がかわいそすぎます。

尾木ママの嘆きは世間の声そのものでしょう。

 

スポンサーリンク

尾木ママ 嘆きの詳細

詳しい記事はこちら

神戸市立東須磨小の教諭4人が同僚4人をいじめていた問題で、教育評論家の尾木直樹氏(72)が自身のブログで、加害者側の教諭を行為を断罪した。

暴言・暴力のいじめ行為や、性的な嫌がらせなどのハラスメント行為といった教師による教師いじめ。尾木氏は5日の投稿で「飲み食いたかる。送らせる→強要罪、恐喝罪」「羽交い締めにして激辛カレーを食べさせる、目にこすり付ける→強要罪、暴行罪」「ラインで性的なメールを女性教師に送らせる→強要罪、パワハラ」など、具体的な行為と該当する罪名を列挙し、「完全におとなの犯罪です!いくつもの刑法犯罪犯している可能性が高いのです、厳重に取り締まり 厳罰に処して欲しい」と訴えた。

また、被害を受けた20代男性教諭が激辛カレーを食べさせられる様子が写った画像が存在し、加害者側が撮影したものとみられていることにも触れ「信じられないです!」と憤慨。「何目的でスマホ回してたのでしょうか」「職員室で同僚教師に自慢するため それとも、楽しみの為に動画撮ったのでしょうか?なんてレベル低くて悲しい教師たちでしょうか」と嘆いた。

加害者の教諭たちの評判がすこぶるよかったとされることに「ありがちですね」とし、「いじめをして同僚教師を卑しめ 自尊心傷付ける教師がどうして良い教師でしょうか」と突き放した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

スポンサーリンク

尾木ママ 嘆きについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

子供たちに対して真剣に教えたい!と思い教師を目指している人が
採用されず、指導力もなく学力のみで採用された人が沢山いる。
採用試験の段階でその教師の将来を的確に見極めることが難しいが
採用決定者にも責任があるのでは?また、管理者・指導者は更に
重要な役割がある。

先日の鬼怒川小学校でのできごとのように子供たちの心をしっかり見れる
校長や教師が増えることを期待しています。

 

このニュースを見ていると、本当に憤りを感じる。子供のいじめが問題になって命の問題にもなっている昨今、、現場教師がね、、あまりにもひどい。その加害者教師たちは言うも及ばず、学校長の監督責任も十分にあると思う。隠ぺいしていたならば、大問題だと思う。厳罰を切に願う。

 

尾木ママの、加害者の教諭たちの評判がすこぶるよかったとされることに「ありがちですね」 はまさにその通りで、日頃から弱者を相手にする仕事は職場の管理統制が整っていないとお山の大将が暴走することはよくある。
特にスポーツマンな教諭、ユニークで児童に人気のある教諭は管理体制が甘い環境では勘違いして暴君化しやすい。

 

中学生と関わることが多い仕事をしてますが、先生やパワーのある大人の前では大人しく優等生ぶって、その人たちの目から離れた場所(わたしの職場)では小学生を殴る、遊んでるおもちゃを蹴り飛ばす、叱っても鼻で笑う…と、散々悪態をつく子がいます。うちの息子と中学が同じため、わたしがPTA役員をしていると知ると態度が急変しました。子どもからすればPTA役員もパワーのある大人なのかな?(笑)その子は学校行事ごとに何かしら、審査員や実行委員をやり、先生からの信頼も厚いのかもしれません。でも、人として…という部分が明らかに成長していません。この加害者の先生たちもこのような状態で大人になり、上っ面だけで教員になり、純真なこどもたちの前に立っているのかと思うと、恐怖でしかありません。

 

刑事告訴で事件化して
起訴
懲戒免職で

反面教師と世にさらすべき
事件に思う。

 

昔は聖職だったが、現在は3Kの職場。となれば、自ずと優秀な学生は、教師になるはずがない。

 

心身ともに成熟している者が「大人」であり、これ程幼稚さを通り越して人間未満である彼らは「大人」ではない。

 

尾木ママと同じ憤り感じます。
教師による教師の犯罪 もう犯罪ですね。
何よりこんな教師が 子供の指導をしているのが 教育機関への憤り感じる。
いじめの相談しても 何も変わらない 教頭や校長に話しても もみ消されるなど よく聞く話ですが こういう教師がいるのだから かなしいけれど やっぱり と教育機関への諦め 焦燥感が生まれてしまう。
まじめな先生素晴らしい教師もいると信じたいが 人事る気持ちが小さくなるなぁ。

 

スポンサーリンク

尾木ママ 嘆きのまとめ

以上、尾木ママ 嘆きについて調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク