体育の日 最後の真相がヤバい!きっかけは東京オリンピック?

エンタメ

体育の日 最後が注目されていますね。

祝日「体育の日」が2019年10月14日が

最後になるそうです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

体育の日 最後の真相がヤバい!きっかけは東京オリンピック?

「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」により

「体育の日」は今年・2019年が最後となり

来年度からは「スポーツの日」に改められるのだといいます。

 

 

「体育の日」と同じ10月第2月曜日が「スポーツの日」となる予定ですが、

来年度だけは特例となり、7月24日が「スポーツの日」になるのうなのです。

その理由は、

そもそも「体育の日」という祝日が生まれたのが

東京オリンピックの開催を記念して生まれたのだそうです。

そのため来年2020年だけはの東京オリンピックの開催日が

「スポーツの日」になるという特例になるのだといいます。

 

しかし名称は今まで通り「体育の日」のままで良かった様な気がしますね。

変える事を決めた人のさじ加減なのでしょうが、

意味のない改正だと思えてしまいますね。

体育の授業もその内にスポーツの授業となっていくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

体育の日 最後の詳細

詳しい記事はこちら

実は「体育の日」という祝日が存在するのは今年が最後…

2018年6月20日に公布された「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」により「体育の日」が「スポーツの日」に。

法律施行は2020年1月1日。そのため、「体育の日」は2019年10月14日が最後だ。

「体育の日」は今でこそ10月第2月曜日に制定されているが、2000年までは10月10日に定められていた。

「体育の日」が誕生したのは1966年。1964年に開催された東京五輪の開会式が10月10日だったため、それを記念したものだ。

1964年、10月10日が開会式の日程に選ばれた背景には、日本の気象の歴史の中で晴れが多いという特異な日付であったことが挙げられる。

気象庁の発表によると東京で「体育の日」に1mm以上の雨が降った回数は、1966年から2018年までの52年間でわずか9回。1964年10月10日も晴天でオリンピック開幕を迎えた。

そんな「体育の日」は再び東京でオリンピックが開催される2020年を前に、その役目を終え、消えようとしている。
2020年のみ、東京オリンピック開催日が「スポーツの日」に。

来年は特例として、東京オリンピックの開会式が開かれる7月24日が、「スポーツの日」に指定されている。

なお、2021年以降は、これまでの「体育の日」と同じ10月第2月曜日が「スポーツの日」となる予定だ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

体育の日 最後についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

体育の日をスポーツの日に変える意味が解らない。
それよりも、時代に合わなくなった法律がたくさんあると聞きますが、
そっちを改正すべきなのではないでしょうか。

 

別に体育の日で良いだろう。
ここは日本だし。
来年も体育の日は残しで普通に五輪開会式は特別に休日にしたらいい。

 

祭日を何でも月曜日にするのはどうかと思います。
連休にはなりますが、土日休みの人に合わせることはないと思います。

 

10月10日が体育の日でいいじゃないよー!

なんでも3連休になるようにって祝日コロコロ変えるんじゃないよ!

 

「体育」っていう包括的な響きが良かったのに。
なぜスポーツと限定してしまうのか。

 

祝日を月曜日にするの止めて欲しい。週の真ん中とかあると嬉しかったのは昔の話になりつつあるよ。

 

変える意味が分からない。
他にやる事山ほどあるでしょう?
来年は10月の休み無くなるし。
体育の日は体育の日で残して
オリンピックに合わせた特別な休みを設ければ済む話。何なら昔みたいに日程固定でもいいくらい。

 

来年のオリンピックもこれぐらいの季節に開催すれば良かったのに。
真夏は暑すぎる。危険。

 

スポンサーリンク

体育の日 最後のまとめ

以上、体育の日 最後について調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク