ワイドナショー 非常事態がヤバい!松本人志の都合で2本撮りか!

エンタメ

ワイドナショー 非常事態が注目されていますね。

ワイドナショーが「2本撮り」の非常事態に

なっていると話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ワイドナショー 非常事態がヤバい!松本人志の都合で2本撮りか!

日曜日にフジテレビで放送されているワイドナショー

松本人志さんがコメンテーターを行っている情報番組です。

ニュースに対して松本人志さんがどの様なコメントを行うのか?が、

番組の見どころですよね。

しかし、情報番組なのに生放送では無く事前の収録になっています。

このため、松本人志さんもツイッターで

「タイムリーな話題にあまり触れられてなかった」

と情報番組なのに番組で扱う内容が古いというのは

致命的な欠点なのではないでしょうか。

そんな中、「ワイドナショーまさかの2本撮り」という記事で

ワイドナショーで「2本撮り」が行われていた事が発覚

流石に、2週間前の鮮度の失われた内容の情報番組を誰が見たいんだ、

という非常事態になっている様です。

「2本撮り」の原因は

松本さんのスケジュールの都合なのだといいます。

松本人志さんあってのワイドナショーですから

松本さんの都合が最優先になるのでしょうが、

ちょっと情報番組としては在り得ないですね。

 

 

スポンサーリンク

ワイドナショー 非常事態の詳細

詳しい記事はこちら

日刊スポーツの電子版が11月2日に掲載した記事、「記者根性で発覚『ワイドナショー』まさかの2本撮り」が大きな波紋を呼んでいる。SNS上でも話題だ。

改めて記事の内容を確認しておこう。10月25日にフジテレビの定例会見が開かれ、出席した同紙記者が今回の記事を執筆したという。

25日は金曜だったことから、記者は密かに、収録が行われるはずの「ワイドナショー」(日曜・10:00)のスタジオへ向かった。これがそもそもの発端だった。

「ワイドナショー」といえば、東野幸治(52)がMC、松本人志(56)がコメンテーターを務める人気番組。情報番組にしては珍しく生放送ではない。NGT暴行事件で指原莉乃(26)がコメントしたことが話題になったが、このツイートなどから、金曜収録・日曜放送のスケジュールは、一部の視聴者にも知られていた。

記者の狙いは、10月23日に発覚したチュートリアル・徳井義実(44)の脱税問題だったという。《もしかしたら、宮迫か田村亮あたりが、こっそりゲストになってないかというスケベな記者根性》でスタジオを覗いたと、記事で振り返っている。

《松本が局に出入りする時は、フジテレビの幹部がズラリと並んでお出迎え、お見送りをするのが常だ。ところが、この日はいつもスタジオがもぬけの殻。フジテレビ中を歩き回り、ドラマを収録することが多い、歩いて15分くらいの湾岸スタジオもチェックしたが「ワイドナショー」の影も形もなかった》

その後に取材したのか、経緯は明確には書かれていないものの、記者は理由を把握する。いつの間にか「ワイドナショー」は「2週間に1回、まとめて2本撮り」というスケジュールに変更されていたのだ。記者は《衝撃的だった》と記したが、これは読者の感想でもある。ツイッターを見てみよう(註:引用文は改行を省略するなど、デイリー新潮の表記に合わせた。以下同)。

《ニュースを扱う番組で2本撮りってどうなんだ?  最近はコメンテーターも固定化されてるし、マンネリ化が続くなら終わった方がいい》

《コスト削減優先なんだろうなぁ。何となくテレビの時代が終わるっぽい雰囲気の記事》

《だから最近、番組の構成が変わったのか。1つ1つのニュースにコメントしなくなったもんね。いまの番組進行は物足りなさを感じる》

擁護するツイートもあった。一例を挙げれば、《松本がレギュラー番組が増えたんだから、スケジュール調整当然じゃないの? 》という具合だが、やはり少数派だ。

~中略~ 情報番組はニュースの“鮮度”が大事だと改めて実感させられた。「2本撮り」はあり得ないスケジュールであることは火を見るより明らかだ。民放キー局で番組制作に携わる関係者が明かす。

「一部のメディアが報道していますが、11月29日の放送から松本さんが“新局長”に就任した人気バラエティ番組『探偵! ナイトスクープ』(朝日放送テレビ制作・註1)は、収録が各週金曜とされています。さらに翌土曜は、『松本家の休日』(同・註2)のロケがあるそうです。もちろん収録場所は、いずれも大阪。松本さんのスケジュールの都合で、『ワイドナショー』を2本撮りすることになったのでしょう。松本さんにはメリットがあるわけです」(註1:近畿広域圏などで金曜・23:17から放送 註2:近畿広域圏などで土曜0:10から放送。2番組共に全国ネットではない)

一方で、フジテレビのメリットは皆無だという。冒頭で紹介した日刊スポーツの記事には《制作費の問題も2本撮りの方が楽だし、安上がり》とあるが、前出の番組スタッフは「少なくとも私の考えでは、正しい記述だとは思えません」と指摘する。

「2本撮りのメリットはゼロどころかマイナスです。例えばセットの組み立てに必要な費用が半分になったとしても、その削減効果などたかが知れています。それより重要なのは視聴率です。後塵を拝している『サンデージャポン』(TBS系列・日曜・10:00)は生放送。視聴者が“鮮度の失われた情報番組”を見るとは思えず、その差は拡大するでしょう。フジテレビにとって痛手となるのは間違いありません」

この関係者によると、週1で収録していた時代は、「何とかして生放送に近づけよう」という努力を感じられたという。

「情報番組は生放送が大前提です。ただ『ワイドナショー』の場合は、できるだけ新鮮なネタを選び、土曜を挟んでしまうタイムラグを何とかして最小化しようと、あの手この手の演出や構成を行っていました。そこまで努力していたフジテレビが2本撮りを呑んだということは、“どうせ『サンジャポ』には勝てない”と白旗を上げたのかと思ったほどです」

視聴率低下が現実のものとなれば、収録曜日の変更を模索するか、内容のリニューアルを検討せざるを得なくなる――かもしれない。ちなみにツイッターでは早くも“改革案”が投稿されている。1つをご紹介しよう。

《時々すごい古いネタをやってることがあるけどそういうことだったのか(略)どうせなら1テーマに絞って深堀りするとか、まったく違う感じにしてほしい》

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

ワイドナショー 非常事態についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

2週間に一回取り置きの情報番組はありえない気がする。いい潮時だから打ち切ってもらいたいと思う。

 

元々後発なんだし、さっさとリニューアルするなりすれば良いだけ
TBSは午前中はテレビ、午後はラジオと爆笑問題のスケジュールをきっちり押さえているから編成が安定している

まぁそれでも新番組企画するよりは、無理がある編成で旬を逃した内容の番組を放送する方がフジテレビ側のリスクは色々な意味で少ないのでしょうね

 

吉本の数々の不祥事により、松本さんが大阪のテレビ局に義理立てしたいという気持ちも分かる。
ワイドナショーも開始当初は楽しみにしていたが、乙武が出るようになってから白けてしまったので、終わってもいいと思う。

 

朝の情報番組の2本撮りは意味が無いので辞めるべきでしょう、バラエティ重視であるならば、深夜にするべきでしょう。

 

生に近い形で踏み込んだコメントを言うコンセプトで始まった番組なんで、前日収録もどうかと思いましたが二週撮りが毎回だとしたら意味ないですね。

 

フジの女子アナの旦那の吉本芸人をこの番組はちょいちょい無理やり取り上げたけど、売れないなぁ。
いつしか情報やもの申すってより、SNSを意識した紹介やら仲間らでの好感度狙いが透けてきたってので、視聴者は覚めてきたのだと思うな。ってか作りて側が覚めてきていたのでは尚更でしたね。

 

一新して生で深夜放送でやってくれた方が面白いような気がする

 

松本さんが毎週、収録出来ないのなら週替わりで松本さん以外のコメンテーターを入れてでも2本撮りをすべきではなかったと思う。

幸いメインMCは東野さんなので、MCは変えずに済む。
でないと番組の終わりが見えている。

松本さんの代わりを探すのは難しいだろうが、例えば中居くんとかどうだろう?

 

スポンサーリンク

ワイドナショー 非常事態のまとめ

以上、ワイドナショー 非常事態について調べてみました。

 

コメント