関大 モラハラ問題 見解がヤバい!織田信成側の主張と食い違い

エンタメ
スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解が注目されていますね。

織田信成さんがパワハラを受けたと主張する

モラハラ問題で関大が公表した調査概要

織田信成さん側とは異なる見解を発表しました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解がヤバい!織田信成側の主張と食い違い

関大スケート部監督を務めていた織田信成さんが

精神的苦痛を受けたとしてを浜田美栄コーチを訴えたモラハラ問題で

関大は、関係者に対して行ったヒアリングの結果

織田信成さんの主張と異なる見解になったと発表しました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

merumeru111(めるさん)(@merumeru111)がシェアした投稿

 

 

5人でする8の字練習は危険なので止めるように注意したが無視されたという点について浜田コーチは「その時、自分はリンクにいなかった」と返答。織田さんが反対されたと主張する部則の変更は「何度も同席の上で話をするよう提案しているにも関わらず、織田監督は欠席して応じていない」

 

織田信成さんは会見では涙を流しながら訴えていましたが、

関学や浜田コーチは全く逆の主張ですね。

しかし、パワハラを受けていたとする相手の浜田コーチ

を解任要求していたとは驚きました。

 

裁判で訴えを起こしている以上

これからどちらの主張が正しいのか判断されると思います。

 

 

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解の詳細

詳しい記事はこちら

9月まで関大スケート部監督を務めた織田信成さん(32)が精神的苦痛を受けたとして1100万円の損害賠償を浜田美栄コーチ(60)に求めた件について、関大は10日、関係者に対して行ったヒアリング調査の概要などを公式サイトで発表。織田さんの主張と異なる見解を示した。

発表によると、7月1日に芝井敬司学長と面談した織田さん側から
(1)練習時間の変更
(2)部則の変更
(3)8の字練習
についての浜田コーチの不満とともに、浜田コーチの解任要求があった。この3点について、関大は関係者へのヒアリング調査を実施。要望を受け入れるのは総合的にみて妥当ではないと判断したという。

また、調査結果の概要も公表。5人でする8の字練習は危険なので止めるように注意したが無視されたという点について浜田コーチは「その時、自分はリンクにいなかった」と返答。織田さんが反対されたと主張する部則の変更は「何度も同席の上で話をするよう提案しているにも関わらず、織田監督は欠席して応じていない」と主張した。

この概要は11月21日に織田さん側に文書で通知しており、最近の活動から体調不安が払拭(ふっしょく)されたと判断して公表したと説明。6日に実施した保護者への説明会で「多くの親や子どもたちが不安を感じている」として公表を求める要望もあったとした。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kei_tairaがシェアした投稿

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

関大は織田に何をして欲しかったの?指導?客寄せパンダ?
浜田コーチにしてみたら「片手間で口を出すな」ってなる。

パワーバランスは監督が上だが、どちらが上かを決めなかったから監督とコーチの衝突が起きた。

モラハラや、TVで泣くじゃくるのは大人としてどうかと思うが、ここまで拗れたのは関大の責任。

 

そもそもコーチ未経験の信成氏を浜田コーチの上位に配置した大学の編成側の責任も大きい

メディア広告目的だとしても現場側の気持ちになると編成した組織に問題があります

 

よくわからないけど、関大とコーチ、卒業生である織田さんの関係性の食い違いですよね。スポーツ選手が、卒業後に大学職員として残ることはあると思いますが、大学側から監督というポストを任されたと織田さんは思ったが、実際にはOBの延長くらいしか現場では認知されていなくて、指示が通らない、反対にあう、パワハラだとなったのかもしれない。

 

これ最初から謎な事件やったからな
関大では織田くんのお母さんが結構力があるのに
それに濱田先生がパワハラ?って感じやったし
濱田先生本人は宇治のスケートリンクに活動移すらしいし
関大のリンクには、そもそもそんなに執着はないんじゃないかな?

 

織田さんが、大学側に長年指導をしてきた浜田コーチの解任を要求していた事は意外でした。
そこまでするのはどうかと思いました。

織田さんは、なぜ、その事を会見の時に言わなかったのか?疑問。

 

見解の相違に伴い、織田側から濱田コーチの解任要求があったとしたら
織田監督側のパワハラと取られかねない。
疑問は織田が濱田個人のモラハラと訴えた点で、管理、その他の責任を追求するならむしろ関大を提訴すべきなんじゃないkと思うんだが。

 

人間性は置いといて、重鎮の浜田コーチの上に、指導実績のない織田を監督として配置する意味がわからない。まずは大学側の責任は大きい。織田も何も考えずに受けたとしたら世間知らず。

 

織田さんの大学への要望の中に濱田コーチの解任が含まれていたらしいけど、さすがにそれを大学側が飲むとは思えないわ。それこそハラスメントが第三者的な視点で見ても認定され、さらにほかの人たちも同様のハラスメントを受けていたことが証明されるとかじゃなければこれだけ大学に功績をもたらした人を即刻クビになんてできないでしょうし。織田さんも腹に据えかねるようなことがあったにせよあまりに要求が過大・過激だったのではないか?今後もフィギュアスケートの世界で生きていくなら相手を徹底的にやり込めるようなことはしないほうがいいんじゃないかな。

 

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解のまとめ

以上、関大 モラハラ問題 見解について調べてみました。

 

コメント