鉄道アイドル 台頭の真相は?鉄子を公言しても恥ずかしくなくなった

エンタメ
スポンサーリンク

鉄道アイドル 台頭が注目されていますね。

「鉄道が好き」を公言する鉄道アイドル

現在、第二世代が台頭現在、第二世代が台頭していると話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

鉄道アイドル 台頭の真相は?鉄子を公言しても恥ずかしくなくなった

「鉄道が好き」を公言する女性芸能人は、

鉄道アイドルと呼ばたそうです。

「鉄道が好き」と公言する女性芸能人は、鉄道アイドルと呼ばれた。当時のブームを牽引した鉄道アイドルは、主に豊岡真澄(36)・木村裕子(37)・斉藤雪乃(33)・伊藤桃(33)の4人。世間的には、まだ鉄道アイドルという存在が広く認知されていなかったこともあり、メディアや鉄道会社も彼女らの扱いがわからず、それゆえに活躍できる場は限定的だった。

しかし、当時はまだ活躍できる場は少なかった様です。

そんな鉄道アイドルが鉄道ブームを引っ張っていった現在は

鉄道アイドル・第二世代が台頭し始めたのだといいます。

 

鉄道アイドル・第二世代は

元SKE48の松井玲奈さん

芸能界でも鉄道好きとして知られる。愛知県出身の松井は、出身地を走る東海道新幹線が大のお気に入り。

 

廣田あいかさん

 

この投稿をInstagramで見る

 

ピら❕(@mnk0_2)がシェアした投稿

アイドルグループ・私立恵比寿中学の元メンバー。現在はユーチューバーとして活動。松井と同じく、廣田は「JTB時刻表」の表紙モデルに起用された数少ない芸能人の一人でもある。

 

久野知美さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

久野知美(アナウンサー/女子鉄)(@tomomi_kuno)がシェアした投稿

安定感のあるトークが持ち味のため、鉄道イベントのMCとしても抜擢される機会が増えている。また、『京急とファン大研究読本』(カンゼン)や『女子鉄アナウンサー久野知美の かわいい鉄道』(天夢人)なども出版し、鉄道に対する知識も豊富だ。

 

市川紗椰さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

J-WAVE TIME AND TIDE(@jwavetimeandtide)がシェアした投稿

ディープな鉄道企画で鉄道ファンからも人気のあるテレビ番組「タモリ倶楽部」の鉄道回の常連出演者。鉄道にも造詣が深く、雑誌でも鉄道コラムを連載中だ。

 

鈴川絢子さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

鈴川絢子(@suzukawaayako)がシェアした投稿

鉄道居酒屋で働いていた経験のある二児の母。常磐線特急「ひたち」「ときわ」にちなんで、長男を常陸、次男を常盤と名づけるほど鉄道には熱が入っている。近年は子供と一緒に鉄道を楽しむママ鉄も増加しており、二児の母でもある鈴川はそうしたママ鉄からの支持も厚い。

 

鉄道マニアの世界と言えば

男性の世界という印象がありましたが

現在は女性の鉄道好きも増えてきましたね。

彼女たち鉄道アイドルの台頭で

女性が「鉄道好き」を公言しても

恥ずかしくなくなって来たのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

鉄道アイドル 台頭の詳細

詳しい記事はこちら

「私よりも詳しい人はたくさんいるのに、選んでいただいて光栄です」

12月2日、東京・港区六本木で特別展「天空ノ鉄道物語」のオープニングセレモニーにお笑い芸人の中川家礼二(47)と共に登壇した元SKE48の松井玲奈(28)は、そう口にした。中川と松井は、芸能界でも鉄道好きとして知られる。愛知県出身の松井は、出身地を走る東海道新幹線が大のお気に入り。

女性が鉄道好き!? と思うなかれ。いまや男子顔負けの鉄道好き女子は少なくない。いや、女性の鉄道ファンは昔からいた。ただ、その存在が注目されることがなかった。

女性の鉄道ファンが脚光を浴びるようになったのは、2008年前後からだ。女性の鉄道ファンを意味する“鉄子”が流行語大賞にノミネートされ、それに伴って芸能界でも鉄道が好きな女性タレントが注目されるようになる。

知識偏重になりがちな鉄道マニアの世界は、男子偏重の傾向にある。しかし、鉄子が大きくクローズアップされたことで、ライトな鉄道ファンが新規参入できる素地が生まれた。鉄道事業者や旅行代理店などは、そうしたマーケットを開拓するべく鉄道を楽しむ旅行商品を販売。にわかに、鉄道ビジネスは沸騰した。

「鉄道が好き」と公言する女性芸能人は、鉄道アイドルと呼ばれた。当時のブームを牽引した鉄道アイドルは、主に豊岡真澄(36)・木村裕子(37)・斉藤雪乃(33)・伊藤桃(33)の4人。世間的には、まだ鉄道アイドルという存在が広く認知されていなかったこともあり、メディアや鉄道会社も彼女らの扱いがわからず、それゆえに活躍できる場は限定的だった。

鉄道好き女子が世間から認知されるようになるにつれ、鉄道アイドルが活躍する場は広がっていく。結果的に、鉄道アイドルは新たな鉄道市場を切り開くことにつながった。
活躍期待の鉄道アイドルたち

それから約10年。鉄道アイドルは世代交代を果たし、現在は第2世代が台頭している。冒頭で触れた松井は第2世代のトップランナーといえる大きな存在だが、鉄道アイドル第2世代は層が厚い。彼女のほかにも、特に活躍が期待される鉄道アイドルがいる。

廣田あいか(20歳)は、アイドルグループ・私立恵比寿中学の元メンバー。現在はユーチューバーとして活動。松井と同じく、廣田は「JTB時刻表」の表紙モデルに起用された数少ない芸能人の一人でもある。

フリーアナウンサーである久野知美(37)は、安定感のあるトークが持ち味のため、鉄道イベントのMCとしても抜擢される機会が増えている。また、『京急とファン大研究読本』(カンゼン)や『女子鉄アナウンサー久野知美の かわいい鉄道』(天夢人)なども出版し、鉄道に対する知識も豊富だ。

モデルの市川紗椰(32)は、ディープな鉄道企画で鉄道ファンからも人気のあるテレビ番組「タモリ倶楽部」の鉄道回の常連出演者。鉄道にも造詣が深く、雑誌でも鉄道コラムを連載中だ。

お笑い芸人の鈴川絢子(28)は、鉄道居酒屋で働いていた経験のある二児の母。常磐線特急「ひたち」「ときわ」にちなんで、長男を常陸、次男を常盤と名づけるほど鉄道には熱が入っている。近年は子供と一緒に鉄道を楽しむママ鉄も増加しており、二児の母でもある鈴川はそうしたママ鉄からの支持も厚い。

男臭かった鉄道マニアの世界は、鉄道アイドルが台頭した10年間で大きく変わった。

ある鉄道雑誌編集長は「以前は鉄道雑誌に女性アイドルが登場するなんて考えられなかった。今は鉄道アイドルが登場しない鉄道雑誌の方が少数派になっている」と話す。

今後、鉄道番組や旅番組で彼女たち5人の活躍を目にする機会も増えるだろう。鉄道趣味の世界は大きく変わりつつある。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

鉄道アイドル 台頭についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

元々鉄道が好きだったけど女性がヲタを公表
するのは抵抗があった時代から今や様々な趣味や
熱中する事をオープンにし楽しむようになったのは
嬉しい

 

女性のファンが増える事は嬉しいが、、最近の鉄オタの質やマナーの低下はなんとかならんか、、、自分はある女優さんのエッセイ読んでから「ソフ鉄」へ鞍替えしました。好きに夢中になるのはいいがやたらと知識自慢したりなりふり構わない写真撮影など迷惑行為が跡を絶たない事が嫌です。

 

まずは、タモリ倶楽部で鉄道会員として認められないとダメだと思う。

 

自分は鉄道ファンではないけど鉄道ファンを羨ましいと思う時がある。
マナーさえ守ればこんなに健全で楽しみ方のたくさんある趣味はないと思う。

マナーさえ守れば。

 

市川紗椰は凄いね、その知識に驚く!。
ほかの連中はあくまで「仕事」の範疇だったけど、
市川はまさしくマニヤ、ビックリする様なマニアック情報が出でくる。
鉄ちゃんのイメージを一新したビジュアルも中々のもの。

 

市川紗椰さんのタモリ倶楽部での鉄道オタク具合は本物。
アメトーークで「鉄道大好き芸人」の企画に出演してほしい。

 

内容を入力してください。

 

電車と汽車が好きです。
子育て最中ですが、鉄道のスタンプラリーを口実にちょっとした電車旅だと思って子供を巻き込んで楽しんでます。

健常児と寝たきりの子がいて移動が中々スムーズに行かないこともあるけれど、障がい児バギーを理解してくれる方が増えて感謝しています。

健常児の娘が京急線に興味を持ち始めたので、週末に予定がなければ京急線の各駅停車で全駅制覇を目指そうと言うことになり、第一弾として空港線をクリアしました。
1日乗車券で各駅降りて街並み見るのも面白いです。
羽田では飛行機見て、遅めのランチして羽田空港内を散策、羽田空港土産を買って満喫しました。
独身の頃のような鉄道マニア振りではないけれど、自分なりの鉄道愛で今後も楽しもうと思います。
女性の鉄道マニアが増えて嬉しいから松井さんには今後も鉄道愛を語って欲しいです。
頑張って下さい。

 

スポンサーリンク

鉄道アイドル 台頭のまとめ

以上、鉄道アイドル 台頭について調べてみました。

 

コメント