近藤岳登 R-1デビューが衝撃的!元Jリーガーの移籍先は芸人!

エンタメ

近藤岳登 R-1デビューが話題となっていますね。

元Jリーガーだった近藤岳登さんがR-1デビューを飾ったそうですね。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

近藤岳登 R-1デビューが衝撃的!元Jリーガーの移籍先は芸人!

近藤岳登さんはJ1ヴィッセル神戸でDFとして活躍していたバリバリのJリーガーだったそうです。

 

そんな近藤岳登さんが選んだ次の移籍先は

なんと芸人の道でした。

ピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」の予選1回戦に出場し

見事に初戦を見事に突破したそうです。

 

 

スポンサーリンク

近藤岳登 R-1デビューの詳細

元J1ヴィッセル神戸DFの近藤岳登(37)が5日、大阪市内で行われたピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり2019」の予選1回戦に登場。初参戦のお笑い賞レース初戦を見事に突破した。

26歳でJリーグに遅咲きデビューした異色男の新たな挑戦。戦いの場を移したのは、経歴とはまったくの畑違いにもかかわらず、37歳のデビュー戦はトークの流ちょうさも、観客のつかみも上々だった。

ネタは「合コンで女性がJリーガーに引っかからない心構え」。最初にチヤホヤせず、相手の契約方式を確認するの大事と訴え、推定30億円以上の年俸を手にしているイニエスタら高給を手にするA契約なら「どんどん行って」。一方、C契約なら年俸60万円なんて選手もいる事情を明かしながら「こういうのが声を掛けてきたら“Jリーガー詐欺”の可能性があります」と語り、自分を指さして笑いを誘った。

終了後は、元サッカー選手らしい採点方法で「1ゴール1アシスト」と自己評価。ただ、ネタ披露時間が2分しかないことには「90分(サッカーの前後半)で勝負してきた男だから短かったね」と少々勝手が違ったよう。

それでも、所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー関係者も「かなりいい出来でしたね」と感心しきり。会場の反応も良かったことを振ると、ニンマリしながら「サッカーではあまりテレビに出られなかったから、これ(R―1)で出て、顔を全国の人にもっともっと知ってもらいたいね」。俳優になる夢もあるといい、そのためにも今春、フジテレビ系で全国にオンエアされる決勝進出が夢だ。

ダークホースとして勝ち上がれるのか?そして、最後に“Vゴール”を決められるのか?注目だ。

◆近藤岳登(こんどう・がくと)1981年(昭56)2月10日、愛知県豊川市出身。2007年に神戸に入団し、13年に三戸に移籍。14年からプレーしていたFC大阪とは一昨年11月に契約満了し、昨年1月に現役引退を発表。同3月に大阪・西梅田の劇場「ポストよしもと」のこけら落とし公演で舞台デビュー。

 

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

 

スポンサーリンク

近藤岳登 R-1デビューについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

凄いじゃないですか。笑いで一花咲かして欲しいですね。他にもネタは有るのかな?

 

同時期に関西学生サッカーで、所属学生の中で一番下手だったかもしれない者ですが、岳登選手はびわこ大で格の違い見せていましたね!
神戸で活躍しているのも嬉しかったし、キャラクターが話題になっているのも嬉しかったです!
普段はお笑いはあまり見ない自分ですが、このネタ見てみたいなぁ~。
活躍を期待しています!!

 

大学に入りなおしてJリーガーになった苦労人だし、新たな進路でも頑張ってほしいですね。日本代表にも入ってほしかった選手でした。

 

神戸で5年やってるんだから立派なJリーガー

 

 

頑張ってほしい!
Jリーガーもコメディアンも一般から見れば夢を見せる仕事だから近藤さんには次は笑いを我々に届けてほしい!
新年早々つまらないニュースばかりだから、近藤さんのニュースみたいに諦めず前向きな姿は見ていて気持ちが安らぐね!
甘い世界ではないが何とか食らいついて飯が食えるようになってほしい!
頑張れ!

 

素晴らしいチャレンジですね! こうして話題になっていること自体、将来への道を開く可能性を高めていると思います。異色芸人の実力発揮を願っています。

 

多才ですね。こんな第二の人生も素晴らしいと思いました。
ネタ、是非とも聞いてみたいものです。

 

ネタはサッカーが多いと思いますが、ミスでなくビッグプレイを、多く
してほしい。

 

スポンサーリンク

近藤岳登 R-1デビューのまとめ

ネットのコメントを見ても応援する声が多いですね。

Jリーガーからお笑いの道に進むと言う決断もさることながら、

初戦を突破すると言う快挙をしています。

この先、近藤岳登さんが、どこまで勧めむのか目が離せないですね。

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント