ブル中野 回顧がヤバい!伝説の悪役レスラーが現在は美魔女に

エンタメ
スポンサーリンク

ブル中野 回顧が注目されていますね。

かつて悪役レスラーとして一世を風靡した

ブル中野さん回顧が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブル中野 回顧がヤバい!伝説の悪役レスラーが現在は美魔女に

伝説の悪役レスラー・ブル中野

女子プロレスのアイドル・クラッシュギャルズとの

抗争を繰り広げた極悪同盟は当時のプロレスファンにとっては

忘れられないですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

川口なびっ!(@kawaguchi_navi)がシェアした投稿

 

そんなブル中野さんが現在は美魔女として

TVに出す姿は懐かしさとともに驚きもありますね。

 

現在のブル中野さんの画像がこちら↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

ブル中野(@bull__nakano)がシェアした投稿

 

そんなブル中野さんの回顧を見ていきましょう

スポンサーリンク

ブル中野 回顧の詳細

全日本女子プロレスの悪役レスラーとして名を馳せたブル中野。ダンプ松本に誘われて“極悪同盟”に加入したのち、自身で“獄門党”を結成。青く逆立てた髪をトレードマークに、数々の激しい闘いを制してきた。その活躍は国内のみならず、アメリカでも認められるほど。1997年に引退し、プロレスとは違う道を歩むが、現在でも多くのファンを抱える伝説のレスラーだ。

――今では美魔女とも言われるブルさんですが、現役時代は最強(凶)の女子プロレスラーとして世界で大活躍された方。今、あらためて現役時代振り返ると?
【ブル中野】16歳で悪役になることを命じられ、最初は親にも友だちにも言えませんでした。エンタテイメントとして見てもらえる時代でもなかったので、悪役=本当に悪い人だと思われて、もう「人生終わりだ」と思った。ただ、会社から決められた人事に逆らうことはできないですし、従うしかないな、と。

――華々しいアイドルレスラーもいる中、16歳の女の子にとってはあまりにも酷な宣告ですね。
【ブル中野】でも、17歳のときにダンプ松本さんに髪を剃られて「私はここで生きていくしかないんだ、悪役で絶対トップになってやろう」と覚悟を決めました。そのとき初めてプロレスラーになれたというか、自分次第で捉え方も変わってくるんだと、どんどんプラス思考になっていきましたね。いち早く試練をくださったダンプさんには、感謝しかないです。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

最初は悪役レスラーには抵抗があったとは

確かに、まだ16歳の女の子がいきなり

「悪役になることを命じられ」

明日から悪役になるのは酷な宣告です。

 

そしてレスラーの引退後は

順風満帆とはいかなかったみたいです。

―そして、人気も実力もピークのときに膝を壊し、30歳で約15年のレスラー人生に幕。燃え尽き症候群みたいなものはなかったですか?
【ブル中野】それはありました。妹と母と父がいなかったら、自殺も考えていたと思います。プロレスができない自分は、生きている価値はないと思っていたので。

■65キロの減量、“普通の女性”と見られるも「バカにされているのかと」

――その後のセカンドキャリアは、どんな思いで歩んできたのでしょうか?
【ブル中野】膝や腰を痛めていましたし、体重のせいで階段をまともに上れない状態だった。そんなときにゴルフと出会い、単身渡米して。まずは研修生としてゴルフが普通にできる体にしなくちゃいけないと、ダイエットをはじめ、115キロから50キロまで減量しました。

――過酷なダイエットですね。
【ブル中野】ダイエットはプロゴルファーになるという大きな目的を果たすための、あくまでも通過点の一つとして捉えていたので、達成することができたと思います。でも、痩せたことで“普通の女性”に見られるようになって、「荷物を持ってあげようか?」なんて声をかけられたり。「私はそんなこと言われるようなヤワな女じゃないのに!」と、最初は受け入れられなくて、バカにされているのかと思ったこともありました(笑)。

――現役時代との落差が…。
【ブル中野】人を寄せ付けない悪役、別人格に成り切ってきましたから(笑)。一般の方とお話しする機会もほとんどなく、自分自身そのギャップに戸惑いがあったんです。

■ゴルファーの夢叶わず帰国、結婚後は「支えてもらいながらここまでこれた」

――プロゴルファーの夢は叶いませんでしたが、帰国後には結婚。女性として新たなスタートを切りました。
【ブル中野】結婚を機に何か新しいことを始めたくて、もともとお酒も好きだったこともあり、『中野のぶるちゃん』というお店を開いたんです。でも、お客さんが持つブル中野のイメージを崩したらいけないんじゃないかって、最初はまったくしゃべれなかった。なので、お店にいるときは毎回リングに立ったつもりで、どうしたら楽しんでいただけるか考えながら接客していました。

――舞台を変えながらも、常に新たなことに挑戦されてきましたが、恐怖やためらいは?
【ブル中野】ないですね。もちろん最初は怖い部分もありますけど、全日本女子プロレスでの15年間を思えば、この先の人生であれよりつらいことや厳しいことはないだろうと思いますし、何でもできるんじゃないかと思えるんですよね(笑)。

――結婚されてからは、旦那さんの支えも大きかった?
【ブル中野】そうですね。旦那を含め、周りを巻き込みながら(笑)、支えてもらいながらここまでこれたと思います。今年の3月に8年間続けてきたお店をやめたのですが、また何か次にやるんじゃないかと、みんなビクビクしています(笑)。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

しかし、

15歳年下の夫と同じ肌年齢を目指し

現在の美魔女に繋がっていくのだそうです。

 

――現在の活動について教えてください。
【ブル中野】中野でお店を出したことで活動の幅が広がり、現在は中野観光大使をやらせていただいています。ほかに、薬物撲滅運動やプロレス関連のお仕事(番組MC)はもありますね。これまで自分がやってきたすべての経験が今の生活に繋がっていると思いますし、この先も今やっていることがまたどこかに繋がっていくんだと思います。

――今では現役時代とは似ても似つかない美魔女ぶりですが、なにか健康面で気を付けていることは?
【ブル中野】とくにはないんですよね。若いころは無理やり食べて体重を増やしていたので、50歳を過ぎたら、美味しいものをちょっと食べる生活がいいなと思っていたんですが…。胃の手術(膝の負担を減らすため胃を切除した減量手術)をしてからは、逆にしっかり食べないと栄養が行きわたらなくなってしまうので、自分の好きなものを食べるようにしています。

――今の美容事情については?
【ブル中野】私の場合、とくに痩せたり太ったりが激しかったから、顔のタルミがすごくて。最初はエステなどもトライしたんですが、なかなか改善できなくて。そんなとき、「金の糸を入れると15年前の肌になる」と聞いたんです。ちょうど旦那が15歳年下なので、肌年齢で同じになるかなと思って、3年半ほど前に顔に金の糸を入れました。あと、ボトックスやヒアルロン酸など、継続的にメンテナンスを行っています。

――アンチエイジングのためにしていることは、隠す人が多いと思いますが…。
【ブル中野】私はまったく隠そうと思っていないですし、そうやって世の女性たちがキレイになるために努力することは大賛成。自分も先輩たちにお会いするときには、キレイな自分で元気に明るく会いたいですしね。

■「人生に後悔なし」、がむしゃらにやってきたからこそ感じる日常の幸せ

――ブルさんの言動に勇気づけられる同年代の方も多いと思いますが、改めてご自身の人生を振り返って思うことは?
【ブル中野】自分がやりたいと思ったことは全部やってきたので、私の人生に後悔はないですね。

――そう言い切れるのはすごいです。また、人生訓は?
【ブル中野】最後の決断は自分で下す。これまでも周りに相談はしてきましたが、人に言われたことをやって失敗したら、その人のせいにしてしまう。自分は何も成長できず、その人を憎んでしまいかねないなって思うんです。それだけは絶対嫌なので、どんなときも最後の決断は自分がするようにしています。

――自分に責任を持って生きてこられたからこそ、後悔はないとキッパリ言えるんでしょうね。
【ブル中野】やりたいことをがむしゃらにやってきた分、今は旦那や家族が側にいる日常や何気ないことが、すごく幸せだと実感しているんです。今までは、世間を相手に「コノヤロー!」みたいなところがあったんですけど(笑)。今は柔らかい感情の中で、支えてくれた人を大切に、当たり前のことをしっかりと理解しながら、その人たちのために自分ができることをやっていこうと思っています。それは別に、諦めたわけでも負けたわけでもなく。ただそうしていくことで、自分の心の平和が保てるからなんですけどね(笑)。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

ブル中野 15歳年下の旦那とはどんな人?

ブル中野さんの旦那さんは

ムエタイ選手の青木大輔さん

 

青木大輔さんの画像がこちら↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

青木 大輔(@daisuke.1.1.1)がシェアした投稿

 

ブル中野さんとはムエタイの道場で出会ったという事ですが、

実は青木大輔さんは悪役レスラーブル中野の事は知らなかったのだといいます。

インターネットで検索して知ったそうで

「彼女がまさかあのブル中野だったとは全く思わなかった」

と語っています。

スポンサーリンク

ブル中野 回顧についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

痩せて美人になったとか言われるが、元々美人なんだよ。現役時代でもメイクを落としたら充分美人だった。

 

金網からのダイビングギロチンで「この人死ぬのが怖くないのか」と思った。しかも試合を仕しきったのをみて人間じゃないと思った。
ブル中野ほど恐ろしくて強い女子レスラーは世界でも見たことなかった。まさに史上最強。いまWWEに行ってたらスーパースター間違いなし

 

学生の時試合後に握手する機会があって、ふざけて「ビンタしてください」て言ったら「それはできない。握手しにくるファンに対して。」と。凄く怖かったな。

でもすぐ「ありがとう」って言ってくれた。

 

たしか、何かのイベント?誰かの引退試合かなにかで一度だけの復帰をしてる。そのときにはまた現役近くまで体重を増やしてリングに立ってた。すごいプロ意識ですよね。
金網のトップからのギロチンドロップは、本当にびっくりした。普通なら腰の骨の圧迫骨折になりかねない。男でもやらないよ。
ダンプは上背がなかったから、本当に強かったのはブル中野。あとデビル雅美。この2人は加減して技を出さないと、ほかのレスラーがすぐに壊れるレベル。そう、まさに『レヴェルが違うんだよ〜!』(^^)

 

北斗晶さんとの壮絶な戦いぶりはいまだに印象深い…
骨折ってるのをおして出てきた北斗さんを真っ向から倒し…それでも無理にでも向かってこようとした北斗さんに最後にかけた、厳しくも思いやりのある言葉…自分はあれでブル中野というレスラーが好きになった。
本当は厳しくもめっちゃ優しい人なんだろうなと。

 

ブルさんは現役時代はメイク無しだと石野真子さんに似た感じですごく可愛かったです。
ショッピングモールのイベントで迷子のお母さん探しを手伝ってくれたりで、本当に良い人でした。
プロレスはちょっと間違うと即大怪我になるからあまりおかしい人は上の方に登れないでしょうね。

 

現役時代は悪役でもあったけど、
実力もあって本格的なレスラーだと思いました
現役を退いてから色々とご苦労をされたのですね…
この後も素晴らしい人生になるといいですね

 

足の怪我をずっと引きずっておられたのでは?そんな時に優しい旦那さんと結婚して色々と差支えて貰いながら今に至りますね。記憶ではプロゴルファー目指してプロテストに励んでいた頃が1番綺麗じゃなかったのかな?

 

スポンサーリンク

ブル中野 回顧のまとめ

以上、ブル中野 回顧について調べてみました。

 

コメント