GACKT マレーシア生活がヤバい!セレブ生活では無い?動画あり

エンタメ
スポンサーリンク

GACKT マレーシア生活が注目されていますね。

GACKTさんが現在暮らしている

マレーシア生活を語り話題になっています。

どんな暮らしをしているのか?詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

GACKT マレーシア生活がヤバい!セレブ生活では無い?動画あり

GACKTさんのマレーシアへの移住は8年目

マレーシアで暮らす家は

首都クアラルンプールの高級住宅街で

1700平方メートルもの敷地面積を持つ豪邸

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@gekkabijin1203がシェアした投稿


マレーシアの豪邸に暮らすGACKTさん

優雅なセレブ生活を送っていると思いますが

「優雅なセレブ生活ではありません」

とGACKTさん自身は否定

マレーシア生活での一日をまとめてみました。

GACKTさんのマレーシア生活の一日

  • 起床
  • 午前10時から2時間ティータイム
  • 3時間トレーニング
  • 1時間のティータイム
  • 2時間語学勉強
  • また1時間のティータイム
  • 2時間仕事をこなしてから食事
  • 仲間とポーカーをしたり飲みながら仕事の話をする

 

トレーニングや勉強・仕事

忙しい毎日を送っていますが、

1日3回のティータイムの時間

豪邸でのティータイムはとても優雅な時間に思えますよね。

 

そしてGACKTさんは自分にルールを作っているという事です。

 「最近テレビは一切見ないし、スマホも禁止。便利なものが多すぎて、自分で想像しなくなるから。みんな携帯に縛られているでしょう。ググらない(グーグル検索しない)ようにしています」

テレビとスマホの禁止

確かにスマホは便利ですが、

スマホに縛られているのは確かですね。

 

GACKTさんのマレーシア生活している動画がこちら↓

スポンサーリンク

GACKT マレーシア生活の詳細

詳しい記事はこちら

ソロデビュー20年を迎えたロック歌手、GACKT(46)が18日夜、初めてスポーツ紙の取材に応じ、20周年ツアーの意気込みとマレーシア生活を明かした。

女優、二階堂ふみ(25)とのW主演映画「翔んで埼玉」でコミカルな役を真剣に演じ、映画賞を受賞するなど、俳優としても評価された。「くだらない内容をシリアスに演じたけど、それが本当に面白いのか、そのときは分からなかった」と振り返り、「20周年ツアーは思いっきり笑えるようなステージを本気でやることを思いついた」とニヤリ。ツアータイトルは「GACKT無駄使い始めました」。

来年1月11日から約2カ月かけて8都市20公演をこなす。「若い頃はカッコつけたいじゃないですか。年を取って、その反対を行く、こんなGACKTを今まで見たことがないファニー(滑稽さ)を追求してやろうと。ダンサーもプレーヤー(演奏者)も大量投入して、真面目にパロディーをやります。そうとう人件費をかけていますね。ただ、裸にはなりませんよ」と笑わせた。

ライブリハーサルは、来年移住8年目になるマレーシアと日本で行っている。首都クアラルンプールの高級住宅街で1700平方メートルもの敷地面積を持つ豪邸で暮らしているが、「優雅なセレブ生活ではありません」と言って1日のルーティンを紹介。

起床後、まず午前10時から2時間ティータイム。3時間トレーニングを積んだ後、1時間のティータイムをはさみ、2時間語学勉強をした後、また1時間のティータイム。その後、2時間仕事をこなしてから食事を取り、仲間とポーカーをしたり飲みながら仕事の話をすると告白した。

「最近テレビは一切見ないし、スマホも禁止。便利なものが多すぎて、自分で想像しなくなるから。みんな携帯に縛られているでしょう。ググらない(グーグル検索しない)ようにしています」と知られざるマレーシア生活を初告白した。

来年元日放送のテレビ朝日系正月特番「芸能人格付けチェック!」(水曜後5・0)に今回も出演する。どちらが本物の高級ワインか、などの問題を当てて一流芸能人かどうかを見極めるクイズを現在52連勝中だが、「年2回テストされているようでストレスでしかない」とぽつり。

「ワインとか、ちゃんと勉強をしていますよ。苦手な盆栽も、盆栽協会から頼んでもいないのに資料が僕のところに届くんですよ。そこまでされたら勉強するしかないじゃないですか」と、決してまぐれやセンスで当ててきたのではなく、勉強や研究のたまものであることを強調した。

スポーツ紙記者の印象を聞くと、「もしクスリをやったら追っかけてくるんだろうな。決して、やってないですけどね」と笑わせ、話題はスポーツ競技に。「これまで興味がなかったラグビーのW杯を見て、ルールを教えてもらいながら楽しむことを、この年になって初めて知りました」と感激したという。

続けて「来年は東京五輪。スポーツには競技場でしか味わえない一体感とエネルギーがある。テレビやネットからは伝わらない、そこにしかない感動を会場で共有すると、頑張ろうと思える」と持論を展開し、「僕のライブも常にそうなんです!」と力を込めた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

GACKT マレーシア生活の関連動画

GACKTさんのマレーシア生活の動画を集めました。

スポンサーリンク

GACKT マレーシア生活についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

高額所得者が海外に移住すれば当然国の税収は減ってしまうんだよなぁ〜

 

肝心の音楽が売れてないし、全盛期に出した曲Another Worldもモロパクリ、ゴーストライター使ってたなど数々の疑惑あるのでいくらカッコいいこといっても説得力に欠ける。
大物気取りで余裕ぶってるけど金儲けに必死過ぎ

 

海外生活てはゆうても
住宅購入や維持費に生活費が安安な
マレーシア暮らしでは
超一流芸能人と賞賛する程ではナイわな
仮想通貨でボロ儲けでカネを巻き上げで
ドバイ辺りで超高層ビルを3つ4つ持っておるのかと
思うておったぞ
海外に住んでおる一番の理由は
仮想通貨に失敗して摘発などされても
直接自分には
危害が及ばないような仕組みにしておる
からだろう

 

確かに格付け番組では一流芸能人なのかもしれないけど
何か違うんだよな。
海外生活は税金対策だし、豪邸も物価安いから東京で家建てる程度の資金で
豪邸に住めるだけだし。
まさか麻薬とか絶対に手を出す人ではないと思うけど、不動産の仕事にしろ
なんか危うい雰囲気しか感じないんですよね。

 

国内で災害があれば、ポンと寄付金を払い、千葉が台風被害にあえば、寄付金ばかりかボランティアにも駆けつけるYOSHIKIは一流芸能人どころかスーパーマン。それに比べて、GACKTは、そういう話は一切聞いた事がないな。真の一流は誰なのか言わずもがな。

 

芸能人は好きな面だけ浅く見て他の全てに関わらないのがベストだと思う。この人はディケイドの主題歌と翔んで埼玉の出演は好きだが、他は一切興味ない。その程度でいいんじゃないのかね。

 

点から大物はマレーシアなんかに住む事はしない、ニューヨークに拠点を移し更に上を行くが、裸の王様を世界中の人が知ってるだろうか?ガクトには明治時代に流行ったオッペケペ~でも歌ってるのが良い。

 

外見やテレビなどのメディア受けを見てると本当のセレブや富豪者とは違うし、やっぱりどこか言ってる事もやってる事も薄っぺらいんだよな。
怪しい噂もあったし、大人しく海外で生活するのもありかもね。

 

スポンサーリンク

GACKT マレーシア生活のまとめ

以上、GACKT マレーシア生活について調べてみました。

 

コメント