とろサーモン像 現在はどこに?撤去の理由はM-1の暴言?

エンタメ
スポンサーリンク

とろサーモン像 現在が注目されていますね。

とろサーモン2人の出身地の宮崎で作られた

とろサーモン像現在が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

とろサーモン像 現在はどこに?撤去の理由はM-1の暴言?

皆様はとろサーモン像の事はご存知ですか?

2017年「M-1グランプリ」で優勝した「とろサーモン」

破竹の勢いで駆け上がって行く彼らを称え

2人の出身地・宮崎県で作られたとろサーモン像

 

 

しかし、ご存知の通り

2018年「M-1グランプリ」後の

審査員・上沼恵美子さんへの暴言

破竹の勢いで駆け上がって行くと思った

「とろサーモン」はまさかの失速

この騒動の波紋は地元にまで届きました。県選挙管理委員会には「選挙の啓発にふさわしくない」という苦情が20件ほど相次ぎ、選挙公報や新聞広告に載せる予定だった2人の写真は県庁本館の写真に差し替えられました。

そして、物産館に設置していた銅像も撤去されてしまいました。

久保田さんは騒動後に出演したテレビ番組で「(宮崎にある銅像は)民衆がヒモをかけて倒したらしいです」と自虐。

とろサーモン像はひっそりと撤去されていたのだそうです。

 

気になる現在のとろサーモン像は

「県庁内の倉庫に眠っている」

のだといいます。

日の目を見ず、倉庫でひっそり眠っているとろサーモン像

あの暴言さえしなければと悔やまれますね。

 

最も

銅像は、吉本興業との契約上の理由から、2018年末までの期間限定の展示品という扱いだったそうです。

銅像は期間限定の展示品だったそうで

暴言騒動で「展示終了が約2週間早まった」という事の様だったみたいです。

 

スポンサーリンク

とろサーモン像 現在の詳細

詳しい記事はこちら

2017年の「M-1グランプリ」で優勝した「とろサーモン」。その後に起きた暴言騒動を覚えている人は多いと思います。2人は宮崎県の出身ですが、実はM-1が映りません。それでも優勝に県民は沸き、2人の偉業をたたえようと、県は銅像を制作しましたが、騒動の余波でひっそりと撤去されてしまいました。撤去された当時は騒がれましたが、今あの銅像はどこに行ってしまったのでしょうか。宮崎に赴任して気になっていた記者が、取材しました。

温水洋一さんが元祖

「宮崎空港のすごく目立つベンチのところに温水さんの銅像があるんですけど、そこにわれわれ、とろサーモンの銅像も」

優勝後の記者会見で、2人は賞金の使い道を聞かれ、そう答えました。宮崎空港には県のPRの一環として2016年から、地元出身の俳優・温水洋一さんの銅像が設置されています。

2人の声を聞き、県庁が動きました。

商工観光PR事業の一環として予算200万円で、銅像を制作。縁側で2人がお茶を飲んでいる様子を模した銅像は、「日本のひなた宮崎県」をキャッチコピーにしている宮崎らしい温かみのあるデザインでした。

銅像は2018年4月からの約4カ月間、東京にあるアンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」に設置されました。劇場「ルミネtheよしもと」に近かったこともあり、お笑いファン層の呼び込みにも貢献したそうです。

出身芸能人の筆頭格に

10月からは宮崎市内の「みやざき物産館KONNE」に引っ越し。県内のイベントや宮崎空港へたびたび「出張」し、行く先々でファンや県民から好評だったようです。

さらに、とろサーモンは2018年の末にあった宮崎県知事選のPRキャラクターにも起用されました。

ある県職員はとろサーモンの2人を「全国区のテレビ番組でたびたび宮崎のことを話してくれる貴重な存在。さわやかな村田さんと良くも悪くも正直者の久保田さんのコンビには広告塔としてのうそ臭さがない」と話します。とろサーモンは名実ともに宮崎出身芸能人の筆頭格となっていきました。

そんな中、「あの事件」は起きました。
審査員への暴言

優勝から1年経った2018年のM-1グランプリ決勝後。久保田さんがこの年に出場した他の芸人と一緒に、インターネット上に動画を配信しました。

審査員を務めた上沼恵美子さんに対する批判や暴言を繰り返す内容に批判が殺到し、炎上騒動へと発展。動画を削除し、謝罪する事態となりました。

この騒動の波紋は地元にまで届きました。県選挙管理委員会には「選挙の啓発にふさわしくない」という苦情が20件ほど相次ぎ、選挙公報や新聞広告に載せる予定だった2人の写真は県庁本館の写真に差し替えられました。

そして、物産館に設置していた銅像も撤去されてしまいました。

久保田さんは騒動後に出演したテレビ番組で「(宮崎にある銅像は)民衆がヒモをかけて倒したらしいです」と自虐。

2人と地元の関係は冷え込んでしまったように見えました。
撤去は当然?過剰?

当時ネット上には、「PR活動からは徹底排除すべき」「(発言は)高齢者女性を蔑視するもので多くの人を傷付けた」「顔見るのも不愉快」など、久保田さんへの辛辣な意見が飛び交いました。

ただ、久保田さんは犯罪に手を染めたわけではありません。「過剰反応ではないか」「せめて地元は応援してあげるべきじゃないの?」と、県側の対応に疑問の声も少なからずあがりました。

県選管は苦情に対し、「知事選挙を周知する啓発の内容自体に問題がない」として、ポスターやテレビCMは予定通り使用しました。ただ、準備中だった広告の写真は差し替え、事態の沈静化を図りました。銅像撤去もそれに準じて行われたそうです。

県職員の1人は「正直、もともとそういう芸風の人だと分かっていたじゃないか、という気持ちはありました。ただ、県庁としては県選管と足並みをそろえるべきという考えもあり、個人的には非常に歯がゆい思いの中での撤去でした」と本音を話してくれました。

撤去後、あの銅像は一体どこに行ったのか。観光や物産などのプロモーションを担当する県オールみやざき営業課に聞きました。

結論から言うと、「県庁内の倉庫に眠っている」とのことでした。

そもそもあの銅像は、吉本興業との契約上の理由から、2018年末までの期間限定の展示品という扱いだったそうです。撤去されたのは2018年12月中旬だったので、実際は「展示終了が約2週間早まった」とも言える状況だったそうです。

銅像の所有権は県にありますが、肖像権は事務所側が持っています。現在は銅像に関する県と事務所の契約は満期終了した状態で、当時の騒動があろうがなかろうが、公の場所に展示ができないという事情がありました。

担当職員は「今も展示したい気持ちはありますが、吉本さん次第な部分がある。いつかまた銅像が日の目を見る時が来るのではないか、という思いから庁内で大切に保管しています」と話しています。

騒動から1年。「あの銅像、そろそろ展示再開してあげてもいいのでは」という県民やファンからの声も、県庁には届いているといいます。ただ、いまのところ展示が復活する予定はないそうです。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

とろサーモン像 現在についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

問題が起きたら突き放す

起きたら ではなく 起こした
の間違い。確かに過剰な部分もあるが、騒動の余波は思った以上に広がったため、いまだに表だって応援できない事情も理解すべき。

 

たしかに過剰な反応だった部品はあるかも。ただ、それよりも大事なことは、とろサーモンの漫才が本当につまらないこと。炎上は別にして、あれじゃ漫才の仕事来なくなるぞ。

 

やはり、問題を起こしてしまった人達の銅像を飾っていたら、文句を言う人達がいますからね。
片付けられてしまっても、仕方がないでしょう。

 

宮崎県民ですが、 もともと沸いた実感は全然なかったです。ただ空港職員のなかで沸いて勝手に作った感じでした。正直特になにか功績を残したわけでもないのにあんなことして県民としては恥だと思ってます。

 

ここまで叩かれるということは、やっぱり普段からあまり「良し」と思っていない人がただただ多かったんでしょう。

 

幾らM-1グランプリで優勝したからと言って思い上がりも甚だしい。
最低限、芸能界の先輩に対するコメントではない。
無礼千万、芸能界からも干されるだろうし、せっかく銅像まで作ってもらったのも無駄になる。
自分のコメントに対する社会の影響も理解できない程の愚か者だったってことでしょうね。
小学生並みですね・・・・

 

「売れてる時はもてはやし、忘れられたら突き放す」のであれば、地元貢献を好意でやってる芸能人も多い中、あんまりな対応だと思います。
世間では忘れられても支え続けるのが、売れてる時に世話になった地元の役目とも思います。

が、「いいときばかりもてはやし、問題が起きたら突き放す」のは当然でしょう。
あれだけ国中のヘイトを集める中、「地元だったら公金を使ってでも火中の栗を拾え」と、そう仰りたいのでしょうか。

 

新人芸人が上沼さんのような古株芸人しかも審査員という立場の人を非難するなどもってのほかあってはならない事 とろサーモンはこのまま消えてもしかたないんじゃないかな

 

スポンサーリンク

とろサーモン像 現在のまとめ

以上、とろサーモン像 現在について調べてみました。

 

コメント