徳光和夫 苦言がヤバい!紅白のAIで復活した美空ひばりにがっかり

エンタメ
スポンサーリンク

徳光和夫 苦言が注目されていますね。

徳光和夫さん紅白歌合戦に対して

苦言を呈した事が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

徳光和夫 苦言がヤバい!紅白のAIで復活した美空ひばりにがっかり

昨年の紅白歌合戦での目玉企画の1つ

AIで復活した美空ひばりさんが歌う企画

 

この企画に対して徳光和夫さんがラジオでがっかりしたと語ります。

「一番がっかりしたのはよみがえった美空ひばりさんでした」

「まったく僕はピンと来なかったです」

「あれだったら、ひばりさんの姿でもっとうまくできるんじゃないかなと思ったんです。昔の映像を取り入れたりして」

とAIでの美空ひばりさんをがっかりし様子です。

 

紅白のAIで復活した美空ひばりさんの動画がこちら↓


確かにAI復活の技術は素晴らしいですけど、

生歌を届ける紅白歌合戦でわざわざやる事ではありませんよね。

徳光さんの言う通りに昔の映像の方が全然いいです。

 

徳光さんはさらに紅白自体にも苦言を呈します。

「あえて一言言わせてもらうなら原点を失っているんじゃないかなということなんですね。歌合戦としての要素が年々希薄になっているんじゃないかな」

特別企画の名の下に歌合戦の祭典に関係しない形のアーティストの登場回数がちょっと多すぎるような気がして」

「結果、トータルでの出場者数が増えて1曲あたりに費やす時間が相対的に短すぎるんじゃないかなと思うんです。島津亜矢さんとか天童よしみさんとか歌の名手に割り当てられる時間が2分間程度というのは歌合戦を掲げる番組としては物足りない感じがした。ハッキリ言わせてもらえれば」

もっと歌をじっくり聴かせる番組として回帰してもらいたい。内容が盛りだくさんすぎて焦点がぼけていると思った

演出も非常に抜けるような演出でいろんな年齢を考慮してなんでしょうけど、八方美人演出よりも歌にこだわった、歌合戦にこだわった演出をしてもらいたいと勝手に思いました

 

確かに企画に力を入れる過ぎて、

肝心の歌の部分がおろそかになりすぎている様に感じます。

歌合戦ですから、企画よりも歌で対決して欲しかったですね。

徳光和夫さんの苦言は

世間の紅白に対する声の様な気がしますね。

 

スポンサーリンク

徳光和夫 苦言の詳細

詳しい記事はこちら

フリーアナウンサーの徳光和夫さんが、パーソナリティーを務める4日放送のニッポン放送「徳光和夫とくモリ!歌謡サタデー」(土曜・前5時)に生出演した。

オープニングで昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」にふれ、「一番がっかりしたのはよみがえった美空ひばりさんでした」と明かし「まったく僕はピンと来なかったです」とAIで復活した美空ひばりさんについての思いを明かした。その上で「あれだったら、ひばりさんの姿でもっとうまくできるんじゃないかなと思ったんです。昔の映像を取り入れたりして」と提案していた。

さらに「紅白」について「あえて一言言わせてもらうなら原点を失っているんじゃないかなということなんですね。歌合戦としての要素が年々希薄になっているんじゃないかな」と指摘した。

さらに「特別企画の名の下に歌合戦の祭典に関係しない形のアーティストの登場回数がちょっと多すぎるような気がして」とし「結果、トータルでの出場者数が増えて1曲あたりに費やす時間が相対的に短すぎるんじゃないかなと思うんです。島津亜矢さんとか天童よしみさんとか歌の名手に割り当てられる時間が2分間程度というのは歌合戦を掲げる番組としては物足りない感じがした。ハッキリ言わせてもらえれば」と断じた。

その上で「もっと歌をじっくり聴かせる番組として回帰してもらいたい。内容が盛りだくさんすぎて焦点がぼけていると思った」と指摘した。さらに「演出も非常に抜けるような演出でいろんな年齢を考慮してなんでしょうけど、八方美人演出よりも歌にこだわった、歌合戦にこだわった演出をしてもらいたいと勝手に思いました」とコメントしていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

徳光和夫 苦言についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

企画や特別枠多すぎ。福山雅治の毎年コンサート会場からの中継も興ざめ。会場に来られる歌手限定にして欲しい。

 

仰る通りだと思います。
一視聴者として、一部の若者の受け狙い企画の連続、手品やケン玉など、観ている方も歌に集中出来ない企画等々、終わってみればあれ?が多かった。

 

正論です。私も以前から紅白はすでに「歌合戦にはなっていません」もし可能なら高齢者、中年、若者、低学年に通用する歌手を選択し、それにグループバンドを要所に入れて国民も世界の方々も日本の祭典として
とらえて頂けるものにもう一度見直しを図るべきだと思います。

 

正論です。私も以前から紅白はすでに「歌合戦にはなっていません」もし可能なら高齢者、中年、若者、低学年に通用する歌手を選択し、それにグループバンドを要所に入れて国民も世界の方々も日本の祭典として
とらえて頂けるものにもう一度見直しを図るべきだと思います。

 

一番の印象は「落ち着いて見ていられない」でした。
オリンピックPR色が強過ぎ、歌手に対する扱いの差、口パクしかできないなら出場辞退して欲しい集団。。。
見終わってため息した出ない。感動も何もありませんでした。

 

視聴率が低迷している昨今、結局視聴率欲しさに大衆迎合しているだけだよ。NHKの劣化に比例して、番組の質も落ちているということ。

 

「紅白歌合戦」の趣旨から大きく逸脱してるって、気付いてるスタッフはさすがにいるよね?
今年の年末は、番宣兼ねたコントコーナー等を排した本来の「歌合戦」に戻ることを期待したいです。

 

同感です。
歌唱力のある島津亜矢さんや天童よしみさんの歌をじっくりと聴きたかったです。
亜矢ちゃんなんか全く演歌ではない他人の歌ばかり!
コンサートでは良く聴きますが、紅白ではたまには演歌を歌わせて️
凄い歌唱力だよ。
大器晩成なんか最高に素晴らしい歌ですよ。

 

スポンサーリンク

徳光和夫 苦言のまとめ

以上、徳光和夫 苦言について調べてみました。

 

コメント