有田哲平 高評価がヤバい!今はお笑い界の最重要人物?

エンタメ
スポンサーリンク

有田哲平 高評価が注目されていますね。

くりぃむしちゅーの有田哲平さん

業界内外から高評価を受けていると話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

有田哲平 高評価がヤバい!今はお笑い界の最重要人物?

くりぃむしちゅーと言えば、

「海砂利水魚」からコンビ名を「くりぃむしちゅー」変更後

当初は薀蓄(うんちく)の上田晋也さんが注目され

ブレイクしたイメージがありますね。

しかし、現在は有田哲平さんもまた

業界内外からの高評価を受け

お笑い界の最重要人物と目されているのだといいます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

有田哲平(@aritateppei)がシェアした投稿

 

有田哲平さん凄さがわかるエピソード沢山ありますが

その中でも最も最近注目されたのは

アンタッチャブルの舞台を用意した事ではないでしょうか?

 

 

あの松本人志さんも

ダウンタウン・松本人志もまた、この復活劇を観たことを12月8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でコメント。「もちろんアンタッチャブルはすばらしいんですけど、それを見つめる有田がすごく良かった」と復帰の舞台を用意した有田を高く評価している。

有田哲平さんの凄さを認めています。

 

20年以上にわたるアンタッチャブルとの交流、そして“一寸先はハプニング”という猪木イズムからくるプロレス愛に満ちた有田でなければこのサプライズ演出は生み出せなかったわけで、改めて番組の存在感と有田のプロデュース力を知らしめることとなった。

アンタッチャブルと有田哲平さんの

関係があったからこその事かもしれませんが、

10年もの長い間、漫才をしていなかったアンタッチャブルにとって

最高の舞台での復活だったのは間違いないですよね。

 

スポンサーリンク

有田哲平 高評価の詳細

詳しい記事はこちら

バラエティに留まらず、トークや情報番組、さらにはドラマまで数多くのお笑い芸人がエンタメ界を盛り上げるなか、いま最もシーンをけん引する芸人として脂の乗った存在なのがくりぃむしちゅーの有田哲平だ。NHK総合で冠バラエティ『有田Pおもてなす』を持つ一方で、Amazon Primeの『有田と週刊プロレスと』ではそのプロレス愛を存分に漲らせるなど、マスとコアの両方から高く支持されている。さらにその両面のバランスを取った番組とも言える『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)は、業界内外から高い評価を受ける。プレイヤーとしてはもちろん、番組の企画立案や演出、プロデュースといった裏方的な側面でも才覚を発揮する有田哲平の絶対的なポジションとは?

お笑いコンビとしてすでに盤石なポジションを確立しているくりぃむしちゅー。『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)や『くりぃむナンチャラ』(テレビ朝日系)、『くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館』(テレビ朝日系)、『くりぃむクイズ ミラクル9』(テレビ朝日系)、『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)など、地上波ゴールデンのレギュラー、冠番組は多数。その多くが長年続いており、近年のバラエティをけん引する存在となっている。

~中略~

このようにコンビとして盤石な基盤を築きつつ、ピンでの活躍も目覚しいくりぃむしちゅーだが、なかでも近年の有田は、NHK朝ドラ『半分、青い。』(18年)の出演をきっかけに年配層にまで認知を広げている。さらに、朝ドラと同タイミングでレギュラー放送が始まった『有田P おもてなす』(NHK総合)で、プレイヤーとは異なる才能が一気に知られるところとなった。

有田がプロデューサーとして、ゲストを最上級のおもてなしで喜ばせることをコンセプトとする同番組。そのおもてなしの方法もまた、ゲストの趣味嗜好を膨大なアンケートでリサーチした上で、若手から中堅の芸人にこの番組でしか見られないオリジナルネタを披露させるという、笑いに貪欲な有田Pならではのものだ。

ゲストを喜ばせるという名目のもと、有田が芸人たちに繰り出すムチャ振りも番組の見どころのひとつ。出演する芸人にとっては一瞬も気が抜けない緊張感があるものの、有田が一緒にネタを作ることを楽しんでいるだけに、妙なプレッシャーを感じさせないのも観ていて心地がいい。また、そうしたムチャ振りやネタのプロデュースを通して、有田が芸人たちの新たな一面や才覚を引き出していることも見逃せない。そこからは、有田が若手の底上げにも尽力していることがわかる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

有田哲平 関連動画

有田哲平さんお動画を集めました。

 

 

上田さんは有田さんの笑顔が見たいからやっている?

 

スポンサーリンク

有田哲平 高評価についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

「海砂利水魚」からコンビ名を変えて良かったね。
さま~ずも「バカルディ」から名前を変えて大ブレーク。
きっかけをくれた(与えた?)ウッチャンナンチャン様々だな。

 

M-1あとにおかべろって番組にM-1決勝進出者たちが「東京で成功するために岡村隆史さんについて行きます」って言ったら岡村が「やめてくれ。そういうのは内村さんのとこに行け」って言ってたが本当にそうだよな。
くりーむしちゅー、さまーず、あと有吉もか。
千鳥なんかは直接的ではないが笑がみ様の打ち上げで千鳥は東京で売れると思うと言って泣きそうになったと言ってた。
ウッチャンは凄いねー

 

海砂利水魚で埋もれることなく、くりぃむしちゅーとして花開いただけの事はある。
改名はただのきっかけだったかもしれないけれど、あの時から今にかけて凄まじい活躍は実力があったからこそ。
大好きな芸人さんの1人だ。
周りも書いているけど、ウッチャンはさらに凄い芸人さんだ。

 

有田がすごい!って思ったのは、
【銭形金太郎】から。
有吉は、内Pの猫男爵。
さまーず、くりーむしちゅう、有吉
全部、内村さんが絡んでいる。
もっと言うと、【笑う犬】でネプチューンも。
あっ、出川も【誰かがやらねば】。
こう考えると、非吉本系は、内村さんが世に出し、吉本系は松本さんが世に出した。
やっぱ、【夢で逢えたら】は、
すごい番組だった。

 

なんの番組か忘れましたが、ハイOKです!と、声かかったとたんに素に戻り、礼儀正しく共演者や、スタッフさんにありがとうございました、って言ってたのをみてかなり好印象でした。頭もいいですもんね。ミラクル9は大好きです。

 

若い世代は知らないかも知れない。
有田が上田とくすぶってた頃。海砂利水魚だったかな?くりぃむしちゅーの前のコンビ名。
内村の番組の企画でさまーずと改名対決で両コンビとも名前を変えてブレイクしました。
その番組で有吉も使ってやって再ブレークしたと言っても過言でも無いと思う。

ウッチャンは人を使って笑わす才能がある。
出川がその典型。中良いからなー。

 

脱力タイムスは結構攻めてる番組で好きだわ。
芸人のコント番組がほとんどない中、報道を使っていろんな笑いで笑わしてくれる。知識人のコメンテーターもそのコントを演じるって言うのが新鮮だった。
この前見た出川の捏造インタビューもテレビ局のやらせを逆手にとっていて面白かったよ。

この番組の企画会議って結構時間かけてそう。

 

有ペイはトークが上手いんだよね。
上田もそうだけど。
コンビでトークが上手いっていうのは武器だと思う。
もちろんネプチューンや福田の力もあるが、しゃべくりは本当に面白い。

 

スポンサーリンク

有田哲平 高評価のまとめ

以上、有田哲平 高評価について調べてみました。

 

コメント