平間隼人 球団史上初がヤバい!育成新人が1軍キャンプに大抜てき!

エンタメ
スポンサーリンク

平間隼人 球団史上初が注目されていますね。

プロ野球・巨人の平間隼人選手

球団史上初となる育成新人の1軍スタートになったと話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

平間隼人 球団史上初がヤバい!育成新人が1軍キャンプに大抜てき!

巨人の育成ドラフト1位で入団した平間隼人内野手が

宮崎での1軍キャンプに大抜てきされる事になりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

徳島インディゴソックス(@indigosocks_official)がシェアした投稿

 

平間隼人内野手は四国IL徳島から

巨人に育成ドラフトで指名され入団したばかりの新人

何と育成ドラフトで指名された新人の1軍スタートは

巨人としては球団史上初となるのだといいます。

 

平間隼人内野手のジャイアンツ球場での練習動画がこちら↓

まだ、1軍キャンプへの参加が認められたに過ぎませんが

ここでアピールして1軍での開幕スタートを目指して欲しいですね。

 

スポンサーリンク

平間隼人 球団史上初の詳細

詳しい記事はこちら

巨人の育成ドラフト1位・平間隼人内野手(23)=四国IL徳島=が宮崎での1軍キャンプに大抜てきされることが17日、分かった。東京・よみうりランド内のジャイアンツ球場でコーチ会議が行われ、キャンプのメンバー振り分けを話し合った。関係者の話を総合すると、俊足巧打が売りの平間が今年の新人で唯一、切符を勝ち取った。育成ドラフトで指名された新人の1軍スタートは球団史上初となる。また、原辰徳監督(61)は若手のアピール期間を縮める方針を明かした。

原巨人が用意する超サプライズが判明した。育成ドラフト1位・平間が1軍キャンプスタートを切ることが分かった。この日、G球場に原監督をはじめ1、2、3軍首脳陣が集まり、キャンプメンバーの振り分けをメインに約2時間、会議を行った。指揮官は「メンバーについては伏せておいた方がいいでしょうね」と明言は避けたが、新人では唯一、平間が1軍メンバーに割って入った模様だ。

本人も知らないうちに“アピール”に成功していた。14日にG球場でコーチ会議が行われた際、首脳陣はルーキーそれぞれの特徴などをスカウト陣からレクチャーを受けた。その中で平間は徳島時代の昨年9月12日に行われた阪神とのファーム練習試合(鳴尾浜)で、メッセンジャーから右越えの三塁打を放つ映像が流されたという。その時に首脳陣に残った強烈な印象が、大抜てきをたぐり寄せる決め手となったという。育成ドラフトで指名された新人がキャンプ1軍スタートとなれば史上初の快挙となる。

50メートル走5秒9を誇り、昨季、四国ILトップの43盗塁の快足と、二遊間をこなす守備力に定評がある平間。18年上半期は家庭の事情で一度、野球を辞めて電気工事士として働いた経歴も持つ。それでも夢を諦めきれず、18年後期から徳島に復帰し、不断の努力で昨年の育成ドラフト1位を勝ち取った。

徳島時代に守っていた二塁は現在、不動のレギュラーがいない状況。吉川尚、若林、田中俊、山本、徳島時代の先輩でもある増田大らがこの春も激しい火花を散らすことになり、平間がアピールに成功すれば開幕前の支配下登録から一気のレギュラー奪取も夢ではない。

平間の他にも育成から黒田、与那原、前楽天からこのオフに育成契約を結んだ八百板が1軍キャンプスタートが濃厚となっている模様。坂本、丸、亀井、炭谷の「S(スペシャル)組」がファームでのマイペース調整を容認されている分、多くの若手にチャンスが訪れるだろう。原監督も「(メンバーは)まだ多少、流動的ではあるけど、骨子的なものはね。着々と進んでいます」とうなずいた。フレッシュな春が間もなく幕を開ける。

【メッセ打ちVTR】19年9月12日に鳴尾浜で行われた阪神2軍との交流戦に四国IL徳島の「3番・二塁」でスタメン出場。右肩故障からの再起を目指して先発したメッセンジャーから初回2死、四球を選ぶと、すぐさま二盗を成功させて俊足ぶりを見せつけた。3回の第2打席は二ゴロだったが、5回2死一塁では右越えに適時三塁打を放ち、徳島はこの回4点とメッセを攻略した。チームは4―10で敗れたが、平間は視察に訪れたNPBスカウトに走攻守をアピールした。

◆原巨人のキャンプ1軍抜てき

▽長田昌浩 ルーキーイヤーの03年、高卒新人では松井以来10年ぶりだった。

▽辻内崇伸 プロ1年目は1軍登板0試合だったがオフにウィンターリーグで特訓。2年目の07年でメンバー入り。

▽松本哲也 育成選手だった1年目の07年は2軍からスタートしたが、1軍紅白戦に呼ばれた際に猛アピール。キャンプ終盤から1軍練習に合流し、帰京後すぐに支配下登録された。

▽坂本工宜 19年は2軍スタートだったが1次キャンプ中の紅白戦で奮闘し、2次キャンプから1軍に昇格。3月2日に支配下登録。

◆平間 隼人(ひらま はやと)

▼生まれとサイズ 1996年12月16日、徳島・海部郡牟岐町(むぎちょう)生まれ。23歳。173センチ、75キロ。右投左打。背番号002。

▼球歴 牟岐若潮クラブで軟式野球を始め、牟岐町立牟岐中では軟式野球部。鳴門渦潮高3年夏は主将も務めたが、日本ハムのドラフト1位・河野竜生擁する鳴門高に敗れ準優勝。その後、四国IL徳島に入団。

▼好きな食べ物 肉。中でもカルビがお気に入り。

▼座右の銘 凡事徹底。

▼趣味 車、釣り。国産車が好きで、GT―Rに乗ることを夢見ている。

▼特技 阿波踊り。祖母の影響で3歳から小2まで「とんまれん」という団体に所属。

▼好きな芸能人 ZIPのお天気コーナーを務めている貴島明日香。「朝見て癒やされています」

▼マイブーム ネットフリックスでの映画観賞。好きな映画は「ワイルド・スピード」。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

平間隼人 関連動画

平間隼人内野手の動画を集めました。

 

 

スポンサーリンク

平間隼人 球団史上初についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

まず3軍の選手へのモチベーション付けのためもあると思う。
そして、ソフトバンクに全敗惨敗した昨年日本シリーズでの悔しさを、
世の中で一番強く感じているのは原監督であろうから、
その臥薪嘗胆の監督の腹の中の内訳を、今シーズンは、全てこんな形でも見られるような気がする。

 

そもそも育成ドラフトまで残ったのが奇跡だったレベル
早々に支配下登録される可能性も十分あると思う

 

ドラフトで自由枠を除く最高位で指名された長田やドラ1の辻内の抜擢と、松本や坂本工の抜擢は意味が異なると思う。
平間は、後者の方だと思うので、何か掴んで欲しいね。

 

メッセンジャーからと言っても引退間際だったし独立リーグで通算2割後半の打撃をどこまでレベルアップできるかにかかってるな。
それこそキャンプでかなり打って、イースタンでも3割維持できれば支配下まっしぐらだろう。
守備走塁が良いのはわかってるし。

 

代走の切り札かな。

終盤、ここ一番で代走に出て盗塁して欲しいという場面に原監督はじめベンチの期待があるのでは。

守備がこなせれば一軍ありか。

 

先月、一足先に入寮して育成選手の同期練習に参加してたのも大きいと思う。
阪神との練習試合のVTRを観ただけでは判断できないだろう…。
冬季練習に参加し指導したコーチ陣が直接確かめたい生きた情報が後押しになったのでは?

 

逆に、ここでアピールして食らい付かないともうチャンスは来ないかも知れない
これが最初で最後のチャンスと思って全てを出し切ろう!

 

昨シーズン存在感を示した増田と同じタイプだね。
増田もオフに進化していないとポジションが危ないね。

 

スポンサーリンク

平間隼人 球団史上初のまとめ

以上、平間隼人 球団史上初について調べてみました。

 

コメント