1リットル牛乳 物議がヤバい!算数で1リットル入らない事が判明?

エンタメ
スポンサーリンク

1リットル牛乳 物議が注目されていますね。

算数の授業の問題1リットル牛乳の量

1リットル入っていないという結果になり物議を醸しています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います

スポンサーリンク

1リットル牛乳 物議がヤバい!算数で1リットル入らない事が判明?

算数の授業で

「牛乳パックに入っている牛乳の量は?」

という問題が出され

1リットル牛乳の量を計算したところ驚きの結果が出ました。

応えがこちら↓

算数の計算によると1リットル牛乳の量は

約955ml

何と1リットルで無かった事が判明してしまいました。

この事についてツイッターで物議を醸しているそうです。

確かに1リットル牛乳に1リットル入っていなければ

表示の偽装になってしまいますよね。

実際に入っていないのでしょうか?

 

1リットル牛乳を販売している森永乳業によると

紙パックに飲料を入れると、飲料の重みで紙パックの胴部分が少しふくらみます。このふくらみで飲料が余分に入るようになることを考慮して、紙パックはやや小さ目に作られています。
記載している容量はきちんと入っていますのでご安心ください。

<詳しく説明します!>
1000mlの牛乳パックのおおよその寸法(内寸)は70mm×70mm×194mmです。これを計算すると950.6mlとなり1000mlに足りません。ところが牛乳などの飲料を入れると牛乳パックの内壁に圧力がかかりふくらみます。断面で見ると、紙自体はあまり伸縮しない素材なので周囲の長さは変わりませんが、正方形から円形に近づきます。周囲の長さが同じであれば、正方形より円の方が面積が大きくなります。飲料が入り胴部分がふくらんで円筒形に近づいた分、内容積が大きくなり計算上は1000ml入らない容器にも1000mlの飲料を入れることができます。

記載している容量はきちんと入っているとの事です。

牛乳パックは完全な正方形ではなく多少丸みを帯びた円形になり

その分、多くはいる作りだという事ですね。

算数の計算だけではわからない

良い問題ですね。

 

1リットル牛乳 物議の動画がこちら↓

 

スポンサーリンク

1リットル牛乳 物議の詳細

詳しい記事はこちら

「牛乳パックに1000mlと書いてあるのに計算すると955mlしか入っていない!」(ツイッター)など、牛乳パックは1リットル入らないという驚きのSNS投稿が今相次いでいる。これが本当であれば家計にとっても一大事だが…。

きっかけはある小学校の先生が算数の授業で子どもたちに出した問題:「牛乳パックに入っている牛乳の量は?」というものだっだ。

その中で取り上げられたのが、一般的な1リットルの牛乳パックの大きさ。
縦と横の長さは7センチで、高さは19.5センチだ。これをもとに3つの辺を掛けて入る牛乳の量を計算すると…約955立方センチ。
つまり955mlしか入らないというのだ。

では差の45mlはどこに入っている?街の人からは

30代女性:
牛乳パックの三角の部分に入っているということ?

60代女性:
三角のところに入ってる?違うか…

しかし、パックの中を見てみると、三角の部分には牛乳は入っていない。では、一体どういうことなのか?

なぜか45ml少ない牛乳パックの謎に、ネットでは「我が家では1日で1リットルがなくなる。牛乳の水増しは困る」(ツイッター)などの投稿が。

実はこの謎について、日本乳牛協会が説明をしている。
それは、「牛乳をパックに入れると中に圧力がかかり、膨らむ。そのため、パックは955mlでも、膨らみの分だけ量が増え、1リットル入る」というのだ。

取材班が実際に計ってみると1リットル入っている
そこで取材班はこのパックについて製造メーカーに聞いた。

トモヱ乳業・小川澄男専務取締役:
底面積×高さでわずかに1リットルに足りない。

しかし、その中身については…

トモヱ乳業・小川澄男専務取締役:
間違いなく1リットル入っている。

ちゃんと1リットルの牛乳が入っているという。取材班が実際に計ってみると…表示の通り1リットル入っていた。

食品表示への関心高く拡散
学校の授業がきっかけでたちまち物議を醸すこととなった今回の謎。
マーケティングアナリストの原田曜平氏はその背景に食品表示への関心の高まりがあると指摘する。

マーケティングアナリスト・原田曜平氏:
自分が体に入れるものですから、そういう社会問題が取り上げられればひ日頃から自分たちも意識するようになるので、身近さというのがネット上で盛り上げる前提条件になると思う。

教育経済学者・中室牧子氏:
授業の中で身近なものを題材にして勉強するのはとても良いことだと思う。教科書的な解答と現実は違う。もし子どもたちがそういうことを学ぶきっかけになったら素晴らしいと思う。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

1リットル牛乳 物議についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

これは素晴らしいね!勉強の中でこういう体験をすると一生忘れないよね。

 

>教科書的な解答と現実は違う
まさにこれだね。
って言うか計算しておかしいって思ったら実際に量ったりしないのね。

 

以前にTVでも取り上げられていましたね。
その時に映っていた牛乳は1L表示でしたが、「実はわずかに多くなるよう製造しています」とメーカーの方が仰っていました。

 

この授業で断面の外周が同じ長さなら
四角より円形に近い方が面積が多くなる
という事に気付ければなおいいね

 

これは実は凄い事だと思う。
算数での数式だけの計算なら答えはそのまま出るけど例えで人物とか出してやる計算だと答えは計算が全てではないと言う事になる。
凄い面白い。

 

牛乳パックの断面は中身が入ると正方形ではなく、丸みを帯びるという事ですね。
では、正方形と、同じ周長の円の面積の比較問題を解いたら面白いと思います。

 

なににでも疑問をもつのは今の時代良いと思いますが、自信で実証し正確な数値を出してからでないと問題として取り上げるのは危険だと思います。 このような記事にしても前半部分だけを読み、1リットルパックは実は955mlしか入っていないと早合点してしまう人もいるでしょう。

 

実際に測ったりすると覚えも早いし、ただの数式の暗記だけでは答えが違うってこともわかって面白いね!

 

スポンサーリンク

1リットル牛乳 物議のまとめ

以上、1リットル牛乳 物議について調べてみました。

 

コメント