東京五輪 ドラマ撮影 影響がヤバい!撮影が出来なくなる?

エンタメ
スポンサーリンク

東京五輪 ドラマ撮影 影響が注目されていますね。

今年開催される東京五輪の期間中に

ドラマ撮影の影響が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

東京五輪 ドラマ撮影 影響がヤバい!撮影が出来なくなる?

今年2020年に開催される東京五輪で

それはドラマ撮影に思わぬ影響が出ているのだといいます。

それは

都内でドラマのロケ撮影ができる場所がないんですよ。しかも同時期に各制作会社が場所を押さえにかかるため、定番の撮影場所は順番待ちの状態なんです。撮影スタジオも予約でいっぱいです」

都内でのロケ撮影が出来ないという事です。

 

 

ドラマ撮影に影響が出るのは東京五輪の開催期間

7月24日から8月9日までの17日間

更にその前後10日間のおよそ1カ月間は、都内では渋滞も予測されているといいます。

 

まさか東京五輪の開催中はドラマが無くなってしまうのでしょうか?

これはドラマ好きのひとからしたら大問題ではないでしょうか?

 

このための対策として

ドラマの前倒し撮影がされているのだという事ですが

「通常、4月スタートのドラマの多くがクランクインするのは2月末から3月。しかし今年は12月から撮影を開始しているものが多いんです。つまり1月なのに4~6月の服装をしなければならない」

これは出演者にとっては大変ですね。

早くに撮影するとこういう影響が出てしまうのですね。

 

国を挙げて開催される東京五輪に

思わぬ影響が出ていますね。

 

 

スポンサーリンク

東京五輪 ドラマ撮影 影響の詳細

詳しい記事はこちら

NHKや民放キー局のドラマプロデューサーが悲鳴を上げている。

「都内でドラマのロケ撮影ができる場所がないんですよ。しかも同時期に各制作会社が場所を押さえにかかるため、定番の撮影場所は順番待ちの状態なんです。撮影スタジオも予約でいっぱいです」(ドラマ関係者)

ドラマ関係者が締め出されている理由は「2020年東京オリンピック」開催のため。警備や競技場準備のためにドラマ収録で使えた撮影場所が、次々と使用不可になっているというのだ。

「特に開催期間の7月24日から8月9日までの17日間とその前後10日間のおよそ1カ月間は、都内は渋滞も予測され移動もままならない。みんな頭を抱えています」(事情通)

悩んだドラマ関係者らが渋々始めたのが撮影の前倒し。

「通常、4月スタートのドラマの多くがクランクインするのは2月末から3月。しかし今年は12月から撮影を開始しているものが多いんです。つまり1月なのに4~6月の服装をしなければならない」(ドラマ関係者)

4月期に放映されるドラマ「スーツ2」(フジテレビ系)で主演を務める織田裕二は寒がりのため、基本は局内スタジオでの撮影が中心になっているという。

「織田は腰痛持ちのため寒さは大敵なんです。どうしてもロケに臨むときは全身防寒スタイルで対処しています」(関係者)

同じく「BG~身辺警護人~シーズン2」(テレビ朝日系)に出演する木村拓哉も撮影場所に泣かされている。

「基本、ロケが中心のドラマなのですが、ロケ場所が確保できずに関西のホテルを借り切って撮影を行ったそうです。制作費は通常の3倍に膨れ上がってしまった。1本あたり7000万円相当。これは視聴率15%でやっとペイできる金額です」(放送作家)

■3月にTシャツ、短パン姿

しかし、4月期ドラマ以上に頭を抱えているのがオリンピック開催時期とモロかぶりしてしまう7月期ドラマだ。

「こちらも前倒しして3月ごろから撮影を始めることになるでしょう。しかし、やはりスタッフや出演者を悩ませているのが季節感。3月だとまだ肌寒いのですが、演者はTシャツや短パン姿など真夏の格好にならなければならない」(芸能プロ関係者)

そうした事情から、東京五輪を避けようと、地方でロケをするケースも増える見込みなのだが……。

「ロケバスなどの交通費にスタッフの人件費が倍増します。それに拘束が長くなれば俳優のギャラも高騰する。視聴率のハードルも自然に上がってきます」(制作関係者)

東京五輪はドラマ関係者にとってはまさに鬼門になったようだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

東京五輪 ドラマ撮影 影響についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

放送時間も競技時間とかぶるから、放送話数そのものが減るんじゃないかとも言われていて、それでいつも通りに撮影しようとするとコストがかさむって、局としては頭が痛いだろうね。わかりすぎていた事なんだから、事前にロケ場所やらキャストについても考える時間はあったろうに…

 

オリンピック開催に於ける様々な不都合で。まず会場の建設費や、その後の維持費などが伝えられてきたが。自分が真っ先に思い浮かんだのは、半年も前からのテロ対策などの理由による関連施設等での利用の停止。それにより、イベント日に恩恵を受けていた周辺飲食店が大打撃を被るということ。日韓共催のワールドカップの際にみなとみらいにあった飲食店の話を聞いたことがある。この店はパシフィコ横浜でイベントがある度に大忙しで連日賑わっていた。それがパシフィコがメディアセンターとして使われることになり、半年も前から同施設でのイベント開催がなくなったのである。数千万の売上減となった。オリンピックの経済効果と言われているものの恩恵を受ける人とはどのような人なのだろうか。それにしても、野外の撮影すらできなくなる状況が今一つ理解できない。この後も様々な不都合が出てくるのであろう。オリンピックの開催国になどなるものではないな。

 

普段はドラマ楽しみに見ている人です。が、そこまでして作らなくても良いのでは?
ないならないで映画とか海外ドラマとか。
制作する人は自分の仕事がなくなっては困るので死活問題なのかもしれませんが、需給を崩したらむしろ困った事になるんだろうなぁ。
お金をかけて作っても見る人が少ないと言う期間になる気がします。オリンピックパラリンピックなどのスポーツ熱が盛り上がると思うので、毎週そう言う番組をやるとか。どちらにしてもテレビはオリンピック競技にチャンネルを合わせるんだろうけど。

 

これを機に東京のテレビ番組を2割削減し、その2割を地方に振り分けたらいいと思います。そうすれば製作費や東京の芸能人のギャラも抑えられるというリストラもできます。それにどのテレビ番組を見てもほかの番組の焼き増しにしかすぎない。

 

ドラマは見ないから別にかまわんが、他のスポーツ、イベント、夏祭りが中止になるのは納得できない。

オリンピックなんて関東だけのもんだし外れた人は見に行けないんだから、他のイベントもちゃんとやって欲しい。

 

テレビ屋に限らず、仕事をする多くの人々にとって
オリンピックは邪魔もの。
迷惑千万だからオリンピックなんか中止してほしい、と
ずっと前から言っているのですけどね。

メディアはむしろ、
オリンピックを礼賛して散々煽ってきた立場でしょう。
通常の番組が作りにくくなったら、今さら大騒ぎですか。

ドラマなんぞ、どうでもいい。しばらく制作を中止すればよい。
一般的な業務に迷惑を及ぼさないよう、
もう少し考えてほしい。

 

ドラマだけじゃないです。世の中のイベントや仕事がすべてオリンピックをに影響が出ないように前倒しや先送りで時期を調整してます。みんな前からわかってたことなので大変でも文句言わずに頑張ってます。

 

夏クールはドラマせず、映画や1話完結のドラマの再放送すればいいんじゃないの。
その分秋クールを4ヶ月にするとか。
無理してもやっても、スタッフが疲れるだけ。

 

スポンサーリンク

東京五輪 ドラマ撮影 影響のまとめ

以上、東京五輪 ドラマ撮影 影響について調べてみました。

多分、ドラマ撮影だけではなく

他にも沢山の影響があるのかもしれませんね。

 

 

 

コメント