10キロおじさん 問題点がヤバい!逆あおり運転は取り締まり可能?

エンタメ
スポンサーリンク

10キロおじさん 問題点が注目されていますね。

神奈川県でノロノロ運転を続けている

10キロおじさん問題点が話題となっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

10キロおじさん 問題点がヤバい!逆あおり運転は取り締まり可能?

10キロおじさんとは

神奈川県清川村周辺の道路で、「ノロノロ運転」を

10年続けているおじさんがいるそうです。

ノロノロ運転の速度は5km/hから10km/hと、歩くスピードから徐行程度というかなりの低速。片側一車線の追い越し禁止道路では、十数台もの後続車が連なることもあり、周囲は長年、大迷惑しているとのことです。

後続車がトラックやバス、ダンプカーでもお構いなく同様の行為をおこない、さらに、後続車が追い抜こうとするとクラクションを激しく鳴らして威嚇することもあるといいます。

 

10キロおじさんの動画がこちら↓

 

周りの人間にとは迷惑行為そのものの

10キロおじさんの問題点とは実際にどういう物なのでしょうか?

警察交通相談ダイヤルによると

「この事例は『逆あおり』ともいえる悪質な行為です。一般道路には最低速度は設定されていないので、最低速度違反で取り締まることはできませんが、道路交通法第27条『追いつかれた車両の義務』での取り締まりは可能です。歩くような遅いスピードで延々と走ることは交通の円滑な流れを妨げるもので、後続車にも大迷惑です」

 

10キロおじさんには

道路交通法第27条「追いつかれた車両の義務」が該当するそうです。

道を譲る義務が発生する基準となるのは自動車60km/h、原付30km/hなど車両ごとに政令で定められた「法定速度」だということです。つまり、A車が30km/h制限の道路を30km/hで走っていて、後ろからB車(法定速度60km/hの自動車)が追い付いてきたら、A車には「追いつかれた車両の義務」が発生します。ただし、これはB車に速度違反が科せられない、ということではありません。

 

10キロおじさんは

逆あおり運転を10年続けていたという事ですが、

取り締まる事が可能だったのなら

なぜ今まで取り締まられなかったのか疑問も残りますね。

 

 

スポンサーリンク

10キロおじさん 問題点の詳細

詳しい記事はこちら

ニュース番組で報道されたこともあり、10年間という長きに渡って時速10km前後でノロノロ走り続ける「10キロおじさん」が話題です。

一般道では最低速度違反で取り締まることはできませんが、じつはあまり知られていない「追いつかれた車両の義務違反」によって取り締まり対象となるようです。

10キロおじさんとは、神奈川県清川村周辺の道路で、約10年間にわたって「ノロノロ運転」を続けている男性のことです。

ノロノロ運転の速度は5km/hから10km/hと、歩くスピードから徐行程度というかなりの低速。片側一車線の追い越し禁止道路では、十数台もの後続車が連なることもあり、周囲は長年、大迷惑しているとのことです。

後続車がトラックやバス、ダンプカーでもお構いなく同様の行為をおこない、さらに、後続車が追い抜こうとするとクラクションを激しく鳴らして威嚇することもあるといいます。

静かな山間部の道路ということもあって、クルマを運転しない住民の間でも、さぞかし不快な騒音になっていることでしょう。

また、山間部の道路ゆえ見通しの悪いカーブが多いですが、10キロおじさんはカーブの先に停止したり、または停止に近いスピードで走行していることもあるそうです。

カーブを抜けた先にほぼ停車状態のクルマがいたら、追突事故が起こる可能性も十分にあるでしょう。ノロノロ運転は、事故を誘発する危険な行為といえます。

これが高速道路や自動車専用道路であれば、「最低速度違反」(高速道路では時速50km、首都高速などの都市高速では30km/hに設定されていることが多い)として取り締まりの対象になりますが、一般道路では対象となりません。

進路を妨害するように走るノロノロ運転を取り締まることはできないのでしょうか?

警察交通相談ダイヤルに聞いてみたところ、次のような回答がありました。

「この事例は『逆あおり』ともいえる悪質な行為です。

一般道路には最低速度は設定されていないので、最低速度違反で取り締まることはできませんが、道路交通法第27条『追いつかれた車両の義務』での取り締まりは可能です。

歩くような遅いスピードで延々と走ることは交通の円滑な流れを妨げるもので、後続車にも大迷惑です」

道交法第27条に「追いつかれた車両の義務」という規則があります。あまり聞いたことがないかもしれませんが、かなりユニークな規則です。

後続車の進路をふさぐようにノロノロ走り、左に寄るスペースがあるのに進路を譲らず走り続けることは、追いつかれた車両の義務違反として取り締まり対象となるようです。

では、そこが追い越し禁止の道路だったらどうでしょうか。

「追い越し禁止の道路では、たとえ前に遅い車がいても追い越しをすることはできません。

一方、ノロノロ走るクルマが一時停止をしていれば、それは障害物と見なされ、バス停に停まっているバスなどと同様に、追い越すことは違反にはなりません」(警察交通相談ダイヤル)

道交法第27条「追いつかれた車両の義務」はあまり知られていませんが、社会問題となっている「あおり運転」の被害者にならないためにも知っておくべき運転のルールです。

「追い越し車線」が指定されている道路においては、追い越しが終わって安全に走行車線に戻れる状況にあるにも関わらず、その車線をずっと走り続けることは「車両通行帯違反」として取り締まりの対象になります。

また、あおり運転の多くは、追い越し車線で進路を譲らないことがきっかけで発生しています。

高速道路や一般道路で車線が2車線以上ある場合、後続車が追い付いてきたら速やかに左車線に移ることがマナーであり、ルールといえます。

そして、「追いつかれた車両の義務」は自動車専用道路でも一般道でもドライバーが果たすべき義務になります。

簡単にいうと、「後続車が追い付いてきたら左に寄せて進路を譲る」「追い越しの間、加速してはならない」という法令です。

第27条は「車両通行帯がない道路」(片側一車線の道路)において適用されるルールです。

その道路が追い越し禁止であって、後続車を先に行かせたい場合には、クルマを左に寄せて完全に一時停止をして道を譲れば問題ありません。

~中略~

高速道路でも一般道路でも、後ろに速いクルマが来たらひとまず道を譲るのが鉄則です。常に前だけを見て制限速度以下で走っていれば安全運転、ということではありません。

周囲の交通状況を確認し、交通ルールを守りながら、後続車が追い付いてくることがあれば冷静に道を譲りましょう。あおり運転の被害者にならないための賢い運転です。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

10キロおじさん 問題点についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

このおじさんに問題がある。
心を病んでおられるのだろう。
普通じゃないから、早急に免許取り消しの手続きをしないと。

 

10年もやっていたのだから
警察はもちろん知っているだろうね。
このジジイの存在を。
何をやっているんだろうか?
免許を更新させないとか
何かやりようはあったはず。

 

ようするに空気を読まない自己中のドライバーが多いという事。煽り運転ももちろん悪いが、それを誘発する運転者も多い。後ろにつかれたら左車線に移る。または安全な場所でハザードをつけて道を譲る。思いやり運転は自分を守ることにもつながる。

 

これだけ騒がれ 逆煽り 迷惑運転者と
言われ 道交通法にも明らかな違反だと
言われているが
神奈川県警 相模原署は 既に取り締まったのか?
事故が起きなければ
取り締まりの対象にならないとか…
お決まりの回答なのか? そこを知りたい

 

10年やり続けても捕まらないんだから、法改正でもしない限り取り締まるのは難しいんじゃない?

 

「車両通行帯違反」「追いつかれた車両の義務」
常に前だけを見て制限速度以下で走っていれば安全運転、ということではありません。周囲の交通状況を確認し、交通ルールを守りながら、後続車が追い付いてくることがあれば冷静に道を譲りましょう。

 

制限速度以下で走っている車を追越禁止じゃない道路で抜いたら、ホーンを鳴らされてハイビームまでされたことがあったけど、その時も年寄りの車だった
煽りたくないから抜いたのに、こう言う年寄りは結構いるから注意

 

安全に運転してるだけならともかく、追い越そうとしたらクラクションを激しくならす行為をしてるなら、完全に悪意を持って後ろの車に嫌がらせをしてるようにしか見えんな。記事にあるような取り締まりが出来るなら早く取り締まってほしいわ。法律の整備も急務。このようなあおり運転・逆あおり運転をする人は運転する資格すらない、何度でもやるだろう。一発で免許取り消しにするべき。

 

スポンサーリンク

10キロおじさん 問題点のまとめ

以上、10キロおじさん 問題点について調べてみました。

 

コメント