清原和博 苦痛がヤバい!「人前が怖い」と今でも苦しんでいる!

エンタメ
スポンサーリンク

清原和博 苦痛が注目されていますね。

元プロ野球選手の清原和博さん

社会復帰している今でも薬物後遺症の苦痛

苦しんでいる事を告白して話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います

スポンサーリンク

清原和博 苦痛がヤバい!「人前が怖い」と今でも苦しんでいる!

覚醒剤取締法違反で逮捕され、

有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さん

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

芸能ちゃんねる(@geinou_c)がシェアした投稿

 

 

昨年は公開トライアウトで現場監督を務め

社会復帰をしています。

 

トライアウトで監督としてあいさつする清原和博さんの動画がこちら↓


 

しかし、今でも薬物後遺症の苦痛には苦しんでいるのだといいます。

 

「いまもまだ、人前に出るのが怖いんです」

 

野球イベント終了後の1週間は、落ち込んで何もできなかったのだそうです。

今でも苦痛を抱えているそうで

一見、元気の様に見えても薬物後遺症の影響は計り知れないのでしょうね。

 

 

そんな清原和博さんの回復の大きな支えとなったのが2人の息子さん

「息子たちに再会していなかったら、いまも絶望の中で、死にたいという思いが強かったのではないでしょうか」

現在では2人の息子さんとの再会をしているそうで

野球をしている次男にはバッティングを指導しているという事です。

 

PLの後輩・片岡篤史さんのYouTubeチャンネルで

事件後の心境を語る清原和博さん動画がこちら↓

色んな人からの支えがあっての社会復帰だと思います。

同じ過ちはもう二度と繰り返す事無く

頑張って欲しいですね。

 

スポンサーリンク

清原和博 苦痛の詳細

詳しい記事はこちら

覚醒剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博さん(52)が、薬物依存症の治療の様子や現在の暮らしぶりを朝日新聞へのインタビューで明らかにした。昨年末に野球のイベントでユニホーム姿を披露して回復ぶりを印象づけたが、実際は道半ばで、薬物依存症の後遺症に悩まされ、うつ状態が続いているという。

昨年12月、清原さんが精神的なよすがにしている、示現寺(神奈川県藤沢市)の住職鈴木泰堂さん(44)との対談本『魂問答』(光文社)を出版したのを機に、近況を語った。

清原さんは昨年11月から12月にかけて、監督を務めた「トライアウト」などの野球イベントでほぼ4年ぶりにユニホーム姿で人前に登場。笑顔を見せ、薬物依存症やその後遺症のうつからの回復を印象づけた。

しかし、イベント終了後1週間は、落ち込んで何もできなかったという。「いまもまだ、人前に出るのが怖いんです」と話す。

「トライアウト」の記者会見では、カメラのフラッシュを浴び、「全身から汗が出て頭の中が真っ白になり、何を話していいのかわからなくなりました」と話した。覚醒剤取締法違反で逮捕されて送検される際に車の中で浴びたフラッシュの記憶がよみがえったという。

また、薬物事件を起こしたことで世間の厳しい目にさらされることもあったという。引っ越し先を探そうとして、100軒以上断られた経験なども披露した。

そんな中、回復の大きな支えになっているのが2人の息子との再会だという。野球をしている次男とは定期的に会い、バッティングを指導している。「息子たちに再会していなかったら、いまも絶望の中で、死にたいという思いが強かったのではないでしょうか」

今年6月、4年間の執行猶予の期間が終わる。清原さんは「それまでは社会復帰の準備期間というつもりで、精神科の先生のアドバイスに従い、焦らずゆっくり少しずつ活動を増やしていきたい」と話す。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

清原和博 苦痛についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

PL後輩片岡氏のYouTubeに出て近況を語ってるのを観ました。
子供達の為にも必死で薬物依存や鬱と闘っておられる様子。打ち克って更生し、同じ病と闘う人達の希望となって欲しい。
しくじった人に厳しい人が多いが、真面目に更生しようと頑張ってる人は追い詰めず、寛い心で見守りたい。

 

やっぱりこういう風になると家族の存在、とりわけ子供の存在ってすごく大きいんだね。
これからも、清原には子供励みに道を外さず更正してもらいたいよ。
家族だけでなくファンも応援してます。

 

元々ハートはそんなに強い方ではないんでしょうね。
桑田は自分で自分をコントロール出来るんだろう。ボールに話しかけてたし。

 

結局は一度でも薬物を使用してしまえば、一生薬物と付き合っていく事になるし完全に断ち切る事は出来ない。
清原氏にはもう同じ過ちをしてほしくは無いし、彼の経験をこうして世に発信していくのも彼の使命だと思う。

 

もう大丈夫と思ってるよりもこうやって素直に怖いと思ってる方が自制出来てると思う。
久しぶりの野球の仕事が出来てやりがいを感じた分それが終わってしまって気が抜けてしまったんだろうけど
少し違うかもだが自分も長年の親の闘病に付き添ってたが亡くなった後しばらくなんとも言えない変な感じが続いた。
これからもまだまだ厳しい道のりが続くだろうし有名人だから余計にそういう人が寄っていく事もあるかもだけど応援してくれてる息子さん達の為にも誘惑に負ける事なく頑張って欲しい。

 

表面はトライアウトの監督で復活の印象があっても、実際はそれが当然です。でも、人前が怖かったり世間の厳しい壁にぶち当たるというのは、立ち直ろうとしている証拠とも言えます。日によってブレもあるに決まっている、少しずつ平凡でも前向きな日常を取り戻せばいい。今の清原さんは良いと思う、応援しています。

 

人前に出るのが怖いなら無理してでなくてもいいよ、その怖さが薬物依存を助長するからね。怖いなら怖くなくなるまで人前にでなくていいし、執行猶予が終わるからといって無理して社会復帰しなくてもいいよ。できることをできる範囲でやっていけばいいよ。周りの期待に応えなくてもいいよ、そんな義務は無いんだから、薬物使用者の希望の星にならなくていいよ。周囲も清原に何かを期待するべきではないよ。
無理することで薬物を再開してしまってはいままでの苦労が水の泡になるよ。

 

西武ライオンズ発足以来のライオンズファンです。
清原さんには沢山の喜びを頂いた。
ゆっくり、着実に前進して下さい。
何も力にはなれませんが、今もこれからも応援しています。

 

スポンサーリンク

清原和博 苦痛のまとめ

以上、清原和博 苦痛について調べてみました。

 

コメント