ピエール瀧 復帰報道がヤバい!早すぎる復帰に批判多数!

エンタメ
スポンサーリンク

ピエール瀧 復帰報道が注目されていますね。

麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中の

ピエール瀧さん復帰報道が報じられ話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ピエール瀧 復帰報道の真相は?早すぎる復帰に批判多数!

昨年、世間に衝撃を与えたピエール瀧さんの逮捕

その影響は出演していた大河ドラマの撮り直しという異例の事態にもなり

ファンのみならず業界にも大きな打撃を与えた事は記憶に新しいですね。

あの事件から僅か11カ月で早くも復帰報道が報じられました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

はまちゃん(@zep.hama)がシェアした投稿

 

ピエール瀧さんの復帰は、

テクノバンド「電気グルーヴ」の音楽活動では無く

俳優として復帰の様です。

昨年3月の逮捕から僅か11カ月で早くも復帰となります。

 

社会復帰は悪い事では無いと思うのですが、

ちょっと早すぎる様な気がしますね。

何をしても、芸能界なら許されてしまう

正に甘い世界だと思えてしまいますね。

 

スポンサーリンク

ピエール瀧 復帰作は?

ピエール瀧 復帰作は

竹中直人さん、山田孝之さん、斎藤工さんの3人が監督する

映画「ゾッキ」

の出演での復帰になるそうです。

監督の1人、山田孝之さんの後押しで復帰する事が決定したという事です。

「ゾッキ」は漫画が原作で

同作は漫画家大橋裕之氏の初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」が原作。風変わりな人々の日常をシュールに描いた短編をまとめたもので、その一部を基に長編の脚本を製作。大橋氏の出身地である愛知県蒲郡市で全編を撮影予定

 

しかし、早すぎる復帰も意外でしたが、

音楽では無く俳優で復帰するという事も少し意外でしたね。

 

 

 

スポンサーリンク

ピエール瀧 復帰報道の詳細

詳しい記事はこちら

コカインを摂取したとして昨年6月に麻薬取締法違反罪で有罪判決を受け執行猶予中のテクノバンド「電気グルーヴ」のピエール瀧(52)が、今月下旬に俳優業を再開させることが2日、分かった。竹中直人(63)、山田孝之(36)、斎藤工(38)の3人が監督する映画「ゾッキ」(来年公開)の撮影に参加する。昨年3月の逮捕から11カ月ぶりの芸能界復帰となる。

同作は漫画家大橋裕之氏の初期短編集「ゾッキA」「ゾッキB」が原作。風変わりな人々の日常をシュールに描いた短編をまとめたもので、その一部を基に長編の脚本を製作。大橋氏の出身地である愛知県蒲郡市で全編を撮影予定で、今週中にクランクインする。

ピエールが演じるのは漁師の定男。原作では別の漁師が「定男がシャバに出てくるってよ」と話題に挙げる場面で名前のみ登場している。ピエールの出演シーンは今月下旬に撮影予定で、これが俳優復帰となる。

ピエールは昨年6月に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。初公判では薬物使用の理由を「ストレス解消のため」と説明。精神的に追い詰められた原因を、役者業の仕事で多忙になったためとしていた。関係者は「それでも俳優復帰を待っている映画関係者は多く、今回も周囲に請われて出演を決断したと聞いている」と話した。

復帰を後押しした一人が、監督でありプロデューサーにも名を連ねる山田だ。13年の主演映画「凶悪」でピエールと共演。死刑囚を演じたピエールの演技は高く評価され俳優としての地位を確立する作品の一つとなった。山田が主演した昨年公開のネットフリックスドラマ「全裸監督」にも出演しており役者として大きな信頼を寄せている。

竹中と斎藤もピエールの逮捕で一時は公開が危ぶまれた映画「麻雀放浪記2020」(昨年4月公開)などで共演している。映画関係者は「監督の3人もピエールの演技を楽しみにしている。薬物で失敗したが、本人は猛省している。良い形で仕事を再開してほしいと願っているそうです」と話している。

▼ピエール瀧(ぴえーる・たき)本名瀧正則(たき・まさのり)1967年(昭42)4月8日生まれ、静岡県出身の52歳。89年に石野卓球らと「電気グルーヴ」を結成し、91年にメジャーデビュー。映画「凶悪」などでの演技が評価され、14年にブルーリボン賞助演男優賞を受賞。1メートル79、血液型AB。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

ピエール瀧 復帰報道についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

いくらなんでも甘過ぎやしないですか?
若い頃から30年以上薬物やってた事まで分かってて、それがたった11ヶ月で芸能界復帰はいくらなんでも早過ぎでしょ。
芸能人やテレビに露出する人って、その影響力が大きい事は分かりますよね。
だから薬物事犯を含め自己管理の厳し差が求められるのですが、
それが数十年薬物やってた人が僅か11ヶ月で復帰では、
世の若い人達の目には、何だ大した罪じゃないんだ!って写ってしまいますよね。
社会復帰がダメだと言ってる訳ではありません。
なんでこんなに芸能界は甘いのでしょう。

 

いいよなー芸能人はすぐに復帰できて。
一般社会人なら、こんなこと起こしたら、即クビなんですけど。
芸能界は本当に甘いね。
時か経てば、なかったかのように平然と画面に出るんだよね?怖いわ。

 

復帰はちょっと早いと思う。せめて執行猶予期間内は表に出ない方がよいのでは。今までのように俳優としての存在感を発揮するには、今から復帰は早すぎる。もっと謹慎して、その間に得たものが、更なる良い役者にしてくれそうだし。

 

この業界本当に凄い。
法に触れた人間が第一線で同じ業界に復帰できるシステム。ナニコレ?一般社会ならまず無理。
名が通ったもの勝ち。凄いよ本当にこの業界。考えもの

 

やっぱりこんなもんですよね。。。逮捕されるようなことやってこの速さで復帰出来るなんて一般社会ではちょっとあり得ないですけどこれが現実なんですよね。沢尻エリカもどうせこのパターンで復帰するでしょう。それに比べるとやっぱり不倫の社会的制裁の方がデカいですね。。

 

薬物の罪を犯した人をTVに出演させるべきか、TV業界が基準を作るべき。
一発で消える人と、いろいろな忖度があって復活する人とがが、いることが問題。
芸能活動自体への復帰を制限することは難しくても、業界としてTVに出す、出さない、くらいはTV局側が基準を作れるのだから。

 

特別、ピエール瀧を嫌いなわけじゃないけど・・・
有罪判決が出て1年も経ってないのに、この扱いは「批判対象」になるんじゃないか?

特に彼の場合「ちょっと試してみた」ではなく常習者らしいので、止めるのは難しいかと。
あれだけ世間を騒がせて、薬物の恐ろしさをテレビで訴えかけてたマーシーでさえ、結局は止められなかったのだから。

 

復帰かー
これが芸能界の甘さだよね
一般人で一般的な企業勤めなら逮捕された時点で一発懲戒免職、同じ会社に復帰することは永遠にあり得ないけどね

 

スポンサーリンク

ピエール瀧 復帰報道のまとめ

以上、ピエール瀧 復帰報道について調べてみました。

 

コメント