イッテQ 祭り企画 復活報道がヤバい!内村が立ち上がり復活させた

エンタメ
スポンサーリンク

イッテQ 祭り企画 復活報道が注目されていますね。

世界の果てまでイッテQ!」でやらせ問題で自粛されていた

「祭り企画」復活報道が報じられ話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

イッテQ 祭り企画 復活報道がヤバい!内村が立ち上がり復活させた

イッテQ 祭り企画と言えば

宮川大輔さんが世界各地の祭りに参加する様子が

番組内でも人気の企画でした。

しかし、やらせ問題が発覚してからは祭り企画は

自粛されていました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮川大輔(@miyagawadai)がシェアした投稿

 

イッテQ 祭り企画 復活報道によると

晴れわたった空の下、青い法被にねじりハチマキ、白い足袋をはいた男性が、テレビ局のインタビューに答えている。カメラに真剣な表情を向けるのは、宮川大輔(47才)。ただ、これは日本のメディアではない。アメリカのあるテレビ局のニュース番組だ。

何とアメリカのニュース番組で

インタビューに答える宮川大輔さんの姿が放送されていたのだと言います。

という事は、祭り企画は既に撮影済みという事ですね。

早ければ早ければ2月中に放送されるという事です。

 

しかし、やらせ問題の発覚後は

もう二度と祭り企画はやる事は無いものと思っていました。

復活を後押ししたのは、内村光良さんなのだとそうです。

内村さんが立ち上がったそうです。視聴者からの批判も予想されますし、スポンサーとの折衝も必要。祭り企画の復活が簡単ではないことは内村さんも十分わかっていたことでしょう。それでも、番組サイドと何度も話し合いを重ね、今回やっと復活が決定したんです

やらせの批判はあるかもしれないですが、

視聴者が求めるものは面白いという事だと思います。

イッテQでも祭り企画は人気の企画でした。

復活を望む声は多かったと思われます。

流石、内村光良さんですよね。

 

スポンサーリンク

イッテQ 祭り企画 復活報道の詳細

詳しい記事はこちら

多くの『イッテQ!』ファンが待ち望んでいた「祭り企画」の“復活”が決まった。既に収録は済んでおり、早ければ2月中に放送されるという。
晴れわたった空の下、青い法被にねじりハチマキ、白い足袋をはいた男性が、テレビ局のインタビューに答えている。カメラに真剣な表情を向けるのは、宮川大輔(47才)。ただ、これは日本のメディアではない。アメリカのあるテレビ局のニュース番組だ。
法被姿の宮川といえば、思い出すのが『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の人気コーナー「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」。世界各地の祭りに参加する様子が評判を呼んだ“お祭り男”は、テレビ画面から消えて久しい。
原因は2018年11月に『週刊文春』が報じた「祭り企画のやらせ疑惑」に端を発する。現地の祭りとして紹介された「ラオスの橋祭り」や「タイのカリフラワー祭り」が、実際には存在せず、番組サイドが作り上げた“やらせ”だと、住民の証言などをもとに報じたのだ。
「日テレは “現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したものではない”と、テレビ局としてやらせには関与していないとの態度を取りつつも、祭り企画の休止を早々に決定しました」

「宮川さんはこの状況にとても心を痛めていました。常々、“今の自分があるのはすべて祭り企画のおかげ”“命をかけてやっている”と話していましたから。宮川さんは番組MCの内村光良さん(55才)に“自分の企画が迷惑をかけている”と、涙ながらに苦しい思いを明かしていたそうです。

そこで、内村さんが立ち上がったそうです。視聴者からの批判も予想されますし、スポンサーとの折衝も必要。祭り企画の復活が簡単ではないことは内村さんも十分わかっていたことでしょう。それでも、番組サイドと何度も話し合いを重ね、今回やっと復活が決定したんです」(前出・テレビ局関係者)

冒頭、宮川がインタビューに答えていたのは、「地元の祭りに日本のコメディアンが参加」というニュースだ。

今回、宮川が参加したのは、1月25日にアメリカ・コロラド州で開催された『フルーツケーキ飛ばし祭り』。フルーツケーキを投げ、距離と正確さを競ったり、へらにのせたケーキを落とさないように運び、俊敏性とバランス感覚を競うなど、計4種目で争われる祭りだ。1996年に始まり、現在では地元の風物詩になっている。今年は約500人が参加した。

“やらせ”報道後、初の祭り企画の収録とあって、進行はかなり慎重に行われたようだ。祭りの現地広報担当者が話す。

「日本の番組スタッフから連絡があり、番組の内容や意図についてメールで何度もやりとりしました。収録に参加したタレントは宮川さんだけでしたが、番組スタッフは15人ほどいましたね。宮川さんは開催日前日にとても熱心に練習していました。優勝したかって? それは言えないけれど、観客は彼のパフォーマンスに大笑いしていて、大会を盛り上げてくれましたよ」

以前の「祭り」収録は、スタッフがわずか4人ほどだったと伝えられている。15人と大幅に増員したことからも、企画の復活にかける番組の決意が伝わってくる。

「放送日は2月16日だと聞いています。今のところ大々的に告知はせず、さりげなく流す予定。これは宮川さんと内村さんの考えだとか」(日本テレビ関係者)

お祭り男の決めぜりふ、「ワッショーイ!」のかけ声とともに、『イッテQ!』復活の起爆剤になってほしい。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

イッテQ 祭り企画 復活報道についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

これは良いのでは無いですか?

むしろ宮川さんは被害者と言うか。

視聴者の方も多くの人が楽しみにしていると思います。

作り手の方が同じ過ちを繰り返さなければ個人的には問題ないかと思います。

 

実在する祭りに、正規の手続きでもって参加してくれるのなら、何の問題もない。
あとは宮川大輔が無理してケガをしないことを祈るのみ。

 

最近のイッテキューはあまり面白く無かったので祭り企画の復活には大いに期待したい!麒麟が来るとポツンと一軒家も録画してますが(^^)

 

海外でやらせ祭りをするくらいなら、国内でマイナーだったり、担い手がいなくて消えそうな祭りに宮川大輔が参加、の方がいい。

 

イッテQ!のなかで、このコーナーが1番好きだったからまた見られるかと思うとすごく嬉しい。
おそらく、視聴者の皆も心待ちしていたのではないかと思う。
制作の仕方を間違えさえしなければ別に問題はないと思う。

 

イッテQファンとしては待ってましたよ!
最近はイモトさんとみやぞんさん、中岡さんのロケが中心で正直、退屈してました。
祭り企画復活と同時に新たな企画も出来ることを望んでます。
コロナウイルスで世界にロケに行くのが各局難しいらしいですが、国内でも良いのでイッテQには頑張ってもらいたいです。

 

「祭り企画」復活、嬉しいですね。おかしな乗り突っ込み企画(探検隊)よりも100倍楽しみです。ただ、心配は宮川です。最初の頃はいつも大健闘して盛り上がっていたのが、最後の方は箸にも棒にも引っかからない大惨敗続きで盛り上がりに欠けてたような。ミヤゾンをメンバーに加えるとか運動神経の良い新メンバー加えないと厳しい気もしますが、宮川頑張って欲しいですね。応援してます。

 

復活おめでとうございます。待ってました!
いつかなぁいつかなぁって思ってました。
宮川がヤラセをした訳では無かったのに、代表作が無かなった番組は出演していて辛かっただろう。
晴れて復活!全力の宮川大輔をまた見せて欲しい!!

 

スポンサーリンク

イッテQ 祭り企画 復活報道のまとめ

以上、イッテQ 祭り企画 復活報道について調べてみました。

 

コメント