長友佑都 給料放棄がヤバい!かっこいいけど批判の声も!

エンタメ
スポンサーリンク

長友佑都 給料放棄が注目されていますね。

サッカートルコ1部のガラタサライを退団が濃厚になっている

長友佑都選手約1億2100万円給料放棄をしたと話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

長友佑都 給料放棄がヤバい!かっこいいけど批判の声も!

トルコ1部のガラタサライの退団が濃厚になっている

日本代表DF長友佑都選手が

「練習だけで受け取る資格はない」

と約1億2100万円の給料を放棄したそうです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

YutoNagatomo 長友佑都(@yutonagatomo55)がシェアした投稿

 

長友佑都選手の給料放棄について、次のように報道されています。

トルコ1部のガラタサライで登録メンバー外となった日本代表DF長友佑都は、今後の半年分の給料に相当する100万ユーロ(約1億2100万円)を受け取らないことをクラブに伝えたという。『ヒュリイェット』などトルコ複数メディアが5日に伝えた。

 

 

長友佑都選手が給料を受け取らない理由は

これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。練習に参加するだけで、受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない

長友佑都選手の気持ちは理解できますが

サッカーに限らずの様な選手は

スポーツの世界には多くいると思います。

試合に出ていない選手は給料は貰ってはダメなのでしょうか?

最初の契約でそういう契約をしているなら兎も角

少し違うような気がしますね。

 

 

スポンサーリンク

長友佑都 給料放棄の詳細

詳しい記事はこちら

トルコ1部のガラタサライで登録メンバー外となった日本代表DF長友佑都は、今後の半年分の給料に相当する100万ユーロ(約1億2100万円)を受け取らないことをクラブに伝えたという。『ヒュリイェット』などトルコ複数メディアが5日に伝えた。

長友は冬の移籍市場でのガラタサライ退団が確実視され、イタリアのボローニャへの移籍が合意したとも報じられていたが、移籍市場が閉じる1月末までに新たなクラブは決まらず。所属する外国人選手が規定の登録人数を上回っていたガラタサライは、シーズン後半戦の登録メンバーから長友を外すことを決定した。

ガラタサライとの契約を今季終了まで残している長友は、公式戦に出場できなくとも給料を受け取る権利はあるが、100万ユーロの報酬を放棄する意志をクラブに伝えたという。トルコメディアでは「驚きの決断」「誰もが驚く行動」と報じている。

「これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。練習に参加するだけで、受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない」と長友はクラブに申し出たとのことだ。

ガラタサライでこれまで2年間プレーしてきた長友はクラブへの感謝の思いを表し、自身にとって「もうひとつの家のようなもの」だとした上で、「心配はいらない、すぐにクラブを見つけてできるだけ早く出て行く」との見通しを示したとされている。

すでに冬の移籍市場が閉じた欧州の他クラブへ移籍することは不可能だが、長友はJリーグに復帰する可能性も噂されている。「長友は日本でクラブを探しており、FC東京と接触している。おそらくこのクラブとサインするだろう」とトルコ紙は古巣復帰を予想している。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

長友佑都 給料放棄についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

これは受け取らないとダメだよ。
他の選手のためにも、こんな悪しき前例は作るべきじゃないだろう。
長友は高額だから半額返しても生活に困ることもないだろう。
そこまでサラリーが高くない選手とかで、
長友の前例だされて試合出てないから
給料返納しろみたいな流れは絶対に作っちゃダメだろう。
だから、長友は契約通りちゃんと給料は受け取るべき。
受け取った上でどこかに寄付するとかのが良い。

 

試合出られないのは残念です。しかしプロなら契約を全うする事も良いと思います。堂々と受け取りましょう。

 

野球のメジャーリーグだと、選手か望んでも選手会が絶対に認めない(悪しき前例になるから)。日本ではあったけど。

サッカーのほうってどういう文化なんだろう?

 

長友の言わんとすることは判るけど、他の似たような境遇の選手への影響を考えると賛辞だけは送れない、というかそんなことを考えてしまうのも日本人だからなのか。受け取れるものを受け取った上で満額寄付がいちばんよかったと思う。

 

ええ~。練習しているだけでも立派に仕事だと思うけどな。

同じような立場の選手が受け取りにくくなるからもらえるものはもらっていいと思う…スポーツ選手の契約ってもし不調の場合があった場合も含めての契約だと思うんだけど。

 

プロ意識が高いのは認めるが
例えばレギュラーが怪我した場合のサブメンバーって意味でも練習は仕事だから
報酬は受け取るべき。
それとは別の考えで、プロ生活の期限は限られてる。
たらればだけど今年重度の怪我をして引退になる事も有るから
家族やチーム長友のスタッフの為にも、貰える報酬は貰うべき。

 

受け取らないというのは駄目かなぁ。契約なのだし他の選手の立場もあるかと思いますが。

自分のお金をどう使おうが自由ではあるわけですので、しっかりと受け取った上で、クラブに関わるものに寄付をするとか自治体に寄付するとかであれば問題ないと思いますが。

 

契約に基づいて履行するのもプロだと思う。というのは私の感覚でしかなく、長友さんは実働も伴わないと賃金は受け取れないと考えているのですね。

ただ、これが悪しき前例となり、クラブ側都合で実質戦力外とした際に、クラブ側から選手に「長友は契約した給料を破棄したけど~」とならないことを願います。

 

スポンサーリンク

長友佑都 給料放棄のまとめ

以上、長友佑都 給料放棄について調べてみました。

 

コメント