残業好きの人たちがヤバい!働き方改革は窮屈?どれぐらいいる?

エンタメ
スポンサーリンク

残業好きの人たちが注目されていますね。

働き方改革が叫ばれる世の中が窮屈と考える

残業好きの人たちが中にはいるのだと話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います

スポンサーリンク

残業好きの人たちがヤバい!働き方改革は窮屈?どれぐらいいる?

残業好きの人たちについては

次のように記事に書かれています。

「働き方改革は、ものすごく矛盾している」

「その通りだ。自由度の高い働き方を、と言いながら、かえって窮屈になっている」

「柔軟性を求めるなら、残業も認めてほしいね。残業代は要らないから」

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントだ。絶対達成とは、どんなに想定外のことがあっても目標の1%も下回ってはならないという発想である。だから、このフレーズが好きな人たちは、だいたいハードワーカーと決まっている。

そのせいもあって、私の周りには、どうしても「ワーカホリック(仕事中毒)」な人が集まってきてしまう。

そういう人たちの言い分は、だいたい同じだ。働き方改革を否定するわけではない。しかし、多様性の時代と言いながら「労働時間を減らせば、みんなハッピー」的な価値観の押し付けに、「ノー」を突きつけたがっている。

 

仕事中毒の人間で

残業代は要らないから残業をしたいと思う人たちがいるのだという事です。

のっけから想像していた事とは違ってきました。

残業好きの人たち→お金を稼ぐため

だと思っていましたが、まさかの「ワーカホリック(仕事中毒)」の人の事だったとは。

家族を養うため、遊びのためにお金を稼ぎたい、そのために残業をしたいと思っている人とは

一線が違っているのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

残業削減に不満を覚える人はどれぐらいいる?

では「ワーカホリック(仕事中毒)」の

残業好きの人たちはどのくらいいるのでしょうか?

働き方改革の時代になって、企業が最も力を入れているのが「長時間労働の是正」である。

労働時間を減らすことによって、働く人の健康や、意欲を促進することができることは間違いない。しかし、世の中には必ずしもそうではない人がいるし、それどころか、反対の感覚を持っている人も多い。

冒頭にも記した、いわゆる「働くことが好き」な人たちだ。

正直なところ、「仕事が趣味」「趣味が仕事」という人は、多数派かというと、そうではない。

100人の組織であれば、5~10人ぐらいしかいないと思う。

また、仕事が好きかというと、そうではないが、ある程度キリがつくまでは帰りたくない。中途半端な状態で終わらせたまま翌日や翌週を迎えたくない、という人はどうか。

こういう人は、20%ぐらいはいる気がする。100人いれば20人ほどか。

ということは、少なく見積もっても、組織には残業を減らされても喜ばないどころか、不満を覚える人が20%はいるということだ。

 

20%ぐらいはいる気がしているそうです。

 

スポンサーリンク

残業好きの人たちが残業を好きな理由は?

残業とは、読んで字のごとく、定時後も職場に「残って業務を執り行う」ことを指す。

他の人が帰宅しているのに、自分だけが残っていると「取り残された」感覚を覚える人も多いだろう。

しかし自らすすんで「残る」人もいるはずだ。この「残る」という表現、ネガティブにとらえられるケースもあれば、ポジティブなケースもある。

たとえば、「最後まで残る」のは勝者の証だ。甲子園やワールドカップなどのトーナメント戦であれば、わかりやすい。

「決勝まで残った」「ベスト8まで残れなかった」

みたいな表現をする。

「9社は業界を去ったが、3社は残った」

といった言い方もする。

つまり残業が好きな人は、ほとんどの社員が去ったあとの職場に残り、多少なりとも「勝者的感覚」を覚えているのかもしれない。

1988年から約3年間放映された『やっぱり猫が好き』というコメディドラマがある。このタイトルと同じような感覚で『やっぱり残業が好き』という会社員はいる。

現場に入ってコンサルティングをしていると、定時後になった途端に生き生きしてくる連中を見る。「定時を過ぎた。10分でも20分でも早く仕事を終わらせて帰りたい」と焦って仕事をするのもいるが、「夕方6時を過ぎたので、そろそろエンジンかけるか」的な感じで、腕まくりをする者もいる。

「残業好き」な人の味方をするわけではないが、よく考えると不思議な話である。

働き方の多様化、柔軟化を進める時代なのだから、定時後、人気(ひとけ)がなくなったオフィスで、気楽に仕事をするのが好き。

休日に、ほとんど誰もいないオフィスに昼から出社し、コンビニで買ったコーヒーとチョコレートを口にしながら、ダラダラと作業をするのが、意外と嫌いじゃないんだよな。

――こういった感覚を、本当に否定していいものか、と思ったりする。他人に強要するのはよくないが、そういう働き方の「嗜好」なのだと言われたら、どう反論すればいいのだろうか。

確かに、修学旅行などで先に寝るのを嫌う人はいますね。

それと同じ様に会社から帰るのも最後がいいのでしょうかね。

それで「勝者的感覚」を覚えているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

残業好きの人たちについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

スポンサーリンク

残業好きの人たちのまとめ

以上、残業好きの人たちについて調べてみました。

 

コメント