根尾昂 反省がヤバい!練習試合での初ヒットも満足していない

エンタメ

根尾昂 反省が注目されていますね。

中日ドラゴンズの2年目のルーキー根尾昂選手

スタメンで出場した練習試合での反省が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

根尾昂 反省がヤバい!練習試合での初ヒットも満足していない

根尾昂選手の練習試合での反省について

次のように書かれています。

中日対阪神の練習試合が8日、沖縄・北谷で行われ、「1番・ライト」でスタメン出場した中日の根尾昂(19)が7回にライト前安打を放ち2020年初ヒットをマークした。根尾は5打席立って2本の外野フライ、2三振、1安打だったが、浅いカウントから、どんどん振っていく積極的なスイングが際立ち、与田監督も「やっと根尾らしい積極性が出た」と評価した。だが、本人は「精度を上げたい」と反省の弁。今キャンプから挑戦中の外野守備ではまだ不慣れな面も。2年目の根尾の現在地は?そして開幕1軍を勝ち取れるのか。なお試合は中日が6-7で競り負けた。

 

中日の与田監督は評価しているという事ですが

根尾昂選手は

「精度を上げたい」と

反省している様で

練習試合の結果には満足していない様子です。

 

練習試合での根尾昂選手の初ヒットの動画がこちら↓

 

中日対阪神の練習試合では

5打席1安打

2本の外野フライ、2三振

という結果でした。

開幕スタメンになるのはこの結果で満足していたら難しいでしょうから

もっと上を目指して欲しいですね。

 


 

スポンサーリンク

根尾昂 反省の詳細

詳しい記事はこちら

1球目を”マン振り”した。
「あれを仕留められればよかったんですが」
2点を追う7回一死走者なしで、マウンド上には、阪神の3年前のドラフト1位の馬場。初球のストレートを狙ったバットは空を切った。だが、そのフルスイングでタイミングをつかむ。続く2球目のストレートを弾き返すと、強烈な打球は、鋭いラインドライブを描いてライト前へ。
「捕られるかもしれないと思ったんですが、落ちてくれて良かったです」
スコアボードにヒットランプが点滅。立ち見が出るほど、6000人のファンで膨れ上がった北谷公園野球場の観客席からは大歓声が沸き上がった。
この日は、「初めての実戦で、チームのバッティングの状況がどれくらいのものかを見たかった」との理由で、与田監督はノーサインでゲームを進めた。二死となって、阪神バッテリーは根尾の噂に聞く足を警戒したのだろう。馬場は2球続けて牽制球を投げた。
根尾は走らなかったが、溝脇がライトスタンドへ6-6の同点2ラン。根尾は三塁を回るまで、それと気づかず全力で走った。

与田監督は、「最初のスイングでやっと根尾らしさが出た。次の2球目を捉えたけれども、ああいう積極的にしっかり振るところが根尾の良さ。まだまだタイミングが合わないことがあるが、投手としては、振られる怖さ、というのがある。あとは上手くどうタイミングをとっていくか」と評した。
第一打席は、阪神の秋山の初球を振ってライトフライ。2回の第二打席はカウント3-1からまたライトフライ。打球は詰まっていた。左腕の横山に対峙した4回二死走者なしからの第三打席は、ストレートに手が出ずに見送りの三振。そして、今季初ヒットは迎えた7回の第四打席だった。ちなみに北條の一発で1点を勝ち越された9回の第五打席には一死から谷川の変化球をふらされて空振りの三振に終わっている。

足を上げ体の回転力を使って打つ根尾の打法には、ぶれが生じやすい。それをカバーするのがパワーでありバットスイングなのだろうが、まだ体が出来上がっていないため、より繊細なタイミングを求められる。狙えばインサイドは打てるが、まだ追い込まれてからの対応力も不足している。

「打ち損じが多かったのでもっと確率をあげていきたい。そこを修正していきたい」
試合後にメイン球場でルーキーの郡司らとたっぷりと打ち込んだ根尾は、午後6時を過ぎて球場ロビーに準備された多くのテレビカメラの前にTシャツ姿で立った。

それでも「1本出てほっとしましたか?」と聞かれて根尾は、素直に「そうですね」とうなずいた。
「早めに(ヒットが)出てくれので、次もどんどん出していけるよういきたい」
それが本音だろう。
「ショート・1番」で出場した4日の紅白戦では3打数無安打、7日の沖縄電力との練習試合でも2打数無安打に終わっていたが、3試合、9打席目にして初のプロの他球団との対外試合で初ヒットを打てたのである。
与田監督が積極的を評価していたことを伝え聞くと、「積極性だけではもちろんダメです。まずはそこからですが、もっともっと精度をあげていきたい」と自戒した。

一方、昨秋キャンプから新たに挑戦している外野守備はどうだろう。ライトでスタートして8回からはセンターを守った。守備機会は4度あった。根尾は「風が舞っていてどうかと思ったけど、武田さん、ベンチの英智コーチにポジショニングなどの指示をもらいながらできた。ショートと比べて(外野に)やりにくさを感じたことはない」という。

与田監督は「まだまだでしょう。いろんな意味で。ただ去年の秋から取り組んでいることで特別なことではない。しっかりと流れを作っていきながら彼の良さというものをできるだけ引き出してあげたい」と注文をつけた。

与田監督が暗に示唆したのは、5回の打球判断、処理の場面だ。無死一、二塁から近本の右中間を襲う打球を背走して追った根尾は、一度、グラブを出して捕球しようとした。だが、とうてい無理な打球。打球判断がまずかった。不必要な動作をせずに最短距離を走るべきだった。フェンスに当たった打球を処理した根尾は、中継のセカンド阿部に送球したが、阿部は本塁に投げることができずに一塁走者の生還を許すことになり近本の三塁打となった。せめて本塁でクロスプレーにしなければならない中継プレーだった。

1点を争うゲームでは、小さなミスが死活問題になる。今後、ゲームの中で様々なシチュエーションを経験していくことが重要になるのだろう。今後もショートと外野の内外野二刀流でいくのならば、なおさらキャンプで多くの実戦守備機会を得る必要がある。

試合前のシートノックでは鮮やかなバックホームを投じてスタンドから歓声が上がった。大阪桐蔭高校時代は甲子園の優勝投手。最速150キロをマークした強肩はプロでも際立つ。
根尾は「たいしたことはなかったです。もっとできると思っています、もっと追求できるように」と、ファンを感激させたノックでのワンシーンを振り返った。

果たして根尾に開幕1軍を勝ち取る力はあるのだろうか?
ネット裏。中日を担当している某スコアラーは言う。
「とにかくバットを振れる。これはなかなかできないこと。やっぱり素材は違うね。あれだけのスイングをされるとバッテリーは嫌なものなんだよ。まだまだプロの体にはなっていないこと、追いこまれての対応力などに課題はある。守備も内野と外野を半々練習していて今日の中継プレーのような課題も出るが、もしかしたら早い段階で1軍に出てくるのかもしれないと考えて根尾を追いかけておかなくちゃいけないのかもしれない」
これが正当な根尾の現在地に感じた。

与田監督は、根尾に関してはキャンプ、オープン戦を通じて、「どんどん試合に出して経験を積ませたい」との考え。重要視したいのは結果よりも内容だ。代打から途中出場して7回に根尾を返す同点2ランを放った溝脇の例を出して、こんな説明をした。

「溝脇は第一打席(一塁ゴロ)の内容が良かった。本塁打に至るまでの流れがいいというか、1打席目から(打てそうな)傾向が出ていた。凡打はダメ、打ったから良しとの単純な判断じゃなく、そういう色んなつながりも見て選手を評価していく」

中日の外野陣は、この日、先制アーチでアピールしたレフトの福田、アルモンテ、センターの大島、ライトの平田らで、ほぼ固まっていて、その牙城を崩すのは簡単ではない。根尾は、その厳しいサバイバルマッチに挑戦していくことになるが、思い切りのいいバッティングに加え、内外野を守ることのできる守備力に信頼が生まれてくれば、チーム層を厚くするための貴重な存在になる可能性はある。

「実戦に入って、いいものと悪いものが目に見えてわかってくるので、いいものを形にしていきたい」
クレバーさは変わらず。2年目を迎えた4球団競合のビッグスター候補は何かをしでかしてくれるのかもしれない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

根尾昂 反省についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

同い年くらいの時の坂本式で育てるやり方も見てみたい気もするけどね。
でも長いBクラスを脱出したい中日に、当時の巨人のような我慢の起用はきついだろう。しばらく捕手も我慢して正捕手を育てていくのだろうし。
そしてショートの京田のパフォーマンスが速やかにテコ入れを要するほどの状態でないからね…一軍に根尾を置いたら、守備機会はほとんど外野だと思う。
ショートとして経験積ませたいなら、現状は二軍で育成しかないのかもね。

 

根尾くんは肩も強いし走れるから外野手向きだと思う。かつて福留も内野手を期待されて入団してきたが内野では使いモノにならず外野へコンバートされたが始めは酷かった。外野フライを取り損ねてグラブに当ててホームランにしてしまったり散々だったが根尾くんはもう少し器用に見える。我慢してでも使い続ける事が近い将来のドラゴンズの為になると思う。

 

中日のメンバー見たとき彼の出る場所はないでしょう
ある程度体もできてきたので8月くらいまでは二軍でフル出場させて、2割7分くらい打てたら9月は一軍でスタメン起用すれば良い
どちらにしても大島か平田からポジション取られるようにならなければ一軍定着はありえないですね

 

本人次第、不慣れな外野にチャレンジしてる訳ですから今は少々目を瞑って見てあげて、打つのが非力なら足で見せるとかね、天才だから色々と考えてチャレンジしてくれるかもよ、期待はしたい。

 

レギュラーになるには、大島や平田や福田を

越えなければいけないけど、5年後ぐらいには

根尾と石川がドラゴンズの主力として活躍している姿が見たいね。

 

急造外野手では打撃でよほど頭角を現さなければ開幕一軍は難しいと思う。まずは二軍でクリーンナップを打って長打力も磨いてからではないかな。

 

溝脇君いいねー。京田君より相手は怖いかも。
根尾君は、あまりポジションかえないで、ショート一本でいくべきでしょ。

 

今はすべてに精度が低いけど 近い将来は全盛期の福留のような選手になるよ

 

スポンサーリンク

根尾昂 反省のまとめ

以上、根尾昂 反省について調べてみました。

 

コメント