有村架純 伊藤園 狙いがヤバい!市川海老蔵とのCMで若者獲得を託す

エンタメ
スポンサーリンク

有村架純 伊藤園 狙いが注目されていますね。

伊藤園「お~いお茶」有村架純さんCM起用には

ある狙いがあったと話題になっています。

どんな狙いがあったのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

有村架純 伊藤園 狙いがヤバい!市川海老蔵とのCMで若者獲得を託す

伊藤園のペットボトル緑茶飲料「お~いお茶」のCMに

2017年から有村架純さんが起用されています。

それまで起用されていた市川海老蔵さんとの共演をする事には

ある狙いがあったのだといいます。

 

有村架純さんと市川海老蔵さんとの共演CMがこちら↓


このCMの狙いというのは

次のように書かれています。

雪が舞い散る和の雰囲気が漂う空間で、有村架純に温かいお茶でもてなす市川海老蔵。お茶をいれながら、「人を想(おも)い、ぬくもりをつなぐもの」と優しく語りかける。その言葉に「それがお茶なんですね」と、しみじみと味わっている有村が手に持つ湯飲みが、いつの間にか電子レンジでチンできる「お~いお茶」に入れ替わっている――。2000年から伊藤園「お~いお茶」のCMキャラクターを務める海老蔵と、17年から起用された有村は、18年の秋にCM内で初めて共演した。

有村の初登場は17年2月から放映された春限定の桜パッケージのCM。満開の桜を背景に、白いワンピース姿で爽やかな風に吹かれた初々しい有村の姿が印象的だった。長年キャラクターを務める海老蔵に加え、有村を追加投入したのは、若者のお茶離れを食い止めようという狙いがあったからだ

 

有村架純さんの起用の狙いは

若者のお茶離れを食い止めよう

というもので

当時NHKの朝ドラ「あまちゃん」でブレークした

有村架純さんにその思いを託されという事の様です。

 

 

スポンサーリンク

有村架純 伊藤園 狙いの詳細

詳しい記事はこちら

伊藤園マーケティング本部広告宣伝部緑茶ブランド広告チーフの谷川俊樹氏は、「お~いお茶は緑茶飲料では長年トップシェアをキープしているが、若い人は緑茶自体に苦い、渋い、薄いなどといったネガティブなイメージを持っている。ガラッとイメージを変えることで若者へのリーチという課題の解決策の一つにしたかった」と打ち明ける。

お~いお茶の前身は1984年に開発した業界初の缶入り緑茶飲料「缶入り煎茶」。低迷する緑茶(茶葉)市場の活性化を図ったものの、85年の発売以降、特に若者の「煎茶の読み方が分からない」という理由で思うようにヒットしなかった。そこで若年層にも親しみやすいネーミングを模索し、行き着いたのが俳優の故・島田正吾が当時茶葉のCMで使っていた「お~いお茶」のフレーズだった。

その狙いは的中した。89年にお~いお茶を発売したところ、幅広い年代から支持されて前年度比2倍以上、缶入り煎茶の発売翌年度と比較すると6倍以上となる約40億円にまで伸長した。

発売以後、キリン「生茶」が登場した2000年の1カ月を除いて緑茶飲料市場でトップシェアを維持し続けるお~いお茶。ヒットの起爆剤になったのが、缶より携帯利便性を高めるために開発した世界初のペットボトル緑茶飲料だ。緑茶に含まれる成分が浮遊物として発生する“オリ”を独自の特許技術「ナチュラル・クリアー製法」で取り除き、90年に1.5リットル容器での発売にこぎ着けた。

そんな伊藤園のCMキャラクターは息が長い傾向にある。その狙いを谷川氏はこう説明する。

「実はまだ伊藤園は創業から50年。歴史が短いが、一から立ち上げておいしさを追求し続けて、地に張ったものがあるという自負がある。同じキャラクターを使い続ければ、例えばお~いお茶といえば〇〇さんとイメージが定着しやすく覚えてもらいやすい。効率よくメッセージを伝えられる」

キャラクター選定は、「日本らしさを伝えられる、人気はあるがどこか古風で地に足が着いた志のある人」(谷川氏)を基準としている。00年に中谷美紀からバトンを受け継いだ海老蔵は、まさしくこの基準に当てはまった。

NHKの朝ドラ「あまちゃん」で注目されブレークした有村は、伊藤園の別ブランドTEAs’ TEAのCMに出演していた。そうした時期に「もっと生かせる場面はないかと模索していたところ『ひよっこ』のヒロインに決まり、より国民的な存在となった。まさに、お~いお茶のCMキャラクターにぴったりな存在だと思った」と、谷川氏はお~いお茶の新キャラクター起用の背景を語る。

春の限定パッケージに始まり、光を通さないパッケージの機能性、さらには世界に向けてお~いお茶の魅力を海老蔵とともに伝え続けている。「実は社内では長年、もっとCMを改善できるのではないかと指摘されていた。有村さんと海老蔵さんのコンビになってから、良くなったと評判が上がった」と谷川氏は手応えを感じている。若者への訴求についても、「SNSの反応を中心に掘り起こせてきている」と谷川氏は言う。

「緑茶市場のボリュームゾーンは40~60代。将来を見据え市場拡大という大義を考えたとき、若い人に向けて世界に誇る文化であることを訴求していくことは意義がある。だが、広告だけで何かを変えられるとは思っていない。全社一丸で取り組んでいく」と谷川氏はさらに気を引き締める。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

有村架純 伊藤園 狙いについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

誰かがCMしてるから買うってことはないんだけど?逆に広告にいくら払ってるのかなと思ってしまう。

 

若い人が持つ、緑茶のネガティブイメージは、買い叩いた低品質な茶葉で作ったペットボトル茶が広まったからでは?
広告ではなく、品質を上げることに投資した方が、日本茶のイメージは好転するはず。

 

もう一頑張りして海に投棄された時に自然に分解されるようなペットポトルを開発してくれれば一躍世界的なヒットに繋がると思うな。

 

コンビニとかでお茶を選ぶとき、CMの影響はゼロ。それを飲みたいかで選ぶし、値段も重要。
ただし新商品なら、影響はあるかなぁと思う。

 

別に好きな俳優がCMに出てるからと言ってその商品を買おうとは思わないけど。
逆に嫌いな俳優がCMに出ている商品は拒絶する場合はあると思う。

 

例えばお茶に関して言えば、人気女優等が
「すごく美味しー」って飲んでべた褒めよりも
老舗の料理人が「ペットボトルでここまでの味が出せてるのは凄い」
と大絶賛じゃない方が飲んでみたいとなるかな。
飲食に関してはその道のプロが80点程度付けた方が信憑性はある。
CMとは言え美味しくないのを褒めたら自分の価値も下がるからね。
下手な評価はしないしCMにも出ないでしょう。

 

今の時代テレビCMでそんなに売り上げ変わるとは思えないけど。
むしろ芸能人を起用することにいろいろ素行の問題とかリスクが大きいまであると思う。まぁ不倫とか浮気とか淫行とか一部分かもしれないけど。

広告費がどれだけ占めるかわからないけど、その分品質向上させて店頭に売り出し、自社のHPで宣伝すれば、気になった人は自主的に調べるんじゃないかな。CMでキャスティング費用削減して品質を上げましたって文流すだけでいいんじゃない?極論だけど。

 

まったくの意外性を注目されるというのが採用理由だと思う。が、それよりも、200%スキャンダルを起こしそうもないという安全性が、商品の安心感にもつながるという見かたもできる。

 

スポンサーリンク

有村架純 伊藤園 狙いのまとめ

以上、有村架純 伊藤園 狙いについて調べてみました。

 

コメント