常盤貴子 洗礼の理由がヤバい!京都人のルールは面倒すぎる?

エンタメ
スポンサーリンク

常盤貴子 洗礼が注目されていますね。

常盤貴子さん

京都人特有のルール洗礼を浴びたと話題になっています。

どんな洗礼を受けたのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

常盤貴子 洗礼の理由がヤバい!京都人のルールは面倒すぎる?

常盤貴子さんがかつて京都の人から受けたという

京都特有のマナーの洗礼について

次のように報道されています。

京都が大好きだという常盤だが「一度、お店を紹介していただいて、その方と伺ったときにすごくいいお店だった。次に友達と京都を訪れたときに行ったら、元々紹介してくれた人が烈火のごとく怒って…『そんなん失礼やろ!』って」と京都特有のマナーの洗礼を受けたことを明かした。

「なんで失礼かわからなかった」と首をかしげる常盤だが、その理由について「京都のルールとしては一度紹介してもらったら、その人に断りを入れて『また、行かせていただいていいですか』と言うのが礼儀。人付き合いってそういうもんなんだと、『京都は厳しいな~』って。教えていただいてよかったことです」と反省しつつ前向きに捉えた。

「それを2、3回くらいやらないといけないんですよね? その上で『自分で行きよし』と言われたら、『ありがとうございます、そうさせていただきます』が礼儀なんですかね? どうなん…?」と同席した番組プロデューサーでKBS京都の石場昭雄氏に京都弁を交えて質問。石場Pは「あまり聞いたことない。よっぽどその人が厳しかったのかも?」と回答し、常盤は笑いながら「まぁ京都の人はそういうかもね!」とうなずいていた。

常盤貴子さんが受けたという洗礼は

「紹介して貰ったお店に別の人と一緒に行ったら怒られた」

というものです。

何か悪い事なのでしょうか?

常盤貴子さんが言う京都人特有のルールでは

「また、行かせていただいていいですか」と言うのが礼儀なのだそうです。

それを2、3回繰り返してから「言ってよし」という許可をもらわなければダメなのだとか

京都の人、本当にこの様なルールなのですか?

これが本当のだったら京都特有のマナーって面倒ですね。

 

スポンサーリンク

常盤貴子 洗礼の詳細

詳しい記事はこちら

女優の常盤貴子が19日、都内で行われた4月スタートのBS11・KBS京都・TOKYO MX新番組『京都画報』局合同記者会見に登壇した。これまで何度も別番組などでその魅力に触れ、京都が大好きだという常盤だが「一度、お店を紹介していただいて、その方と伺ったときにすごくいいお店だった。次に友達と京都を訪れたときに行ったら、元々紹介してくれた人が烈火のごとく怒って…『そんなん失礼やろ!』って」と京都特有のマナーの洗礼を受けたことを明かした。

「なんで失礼かわからなかった」と首をかしげる常盤だが、その理由について「京都のルールとしては一度紹介してもらったら、その人に断りを入れて『また、行かせていただいていいですか』と言うのが礼儀。人付き合いってそういうもんなんだと、『京都は厳しいな~』って。教えていただいてよかったことです」と反省しつつ前向きに捉えた。

「それを2、3回くらいやらないといけないんですよね? その上で『自分で行きよし』と言われたら、『ありがとうございます、そうさせていただきます』が礼儀なんですかね? どうなん…?」と同席した番組プロデューサーでKBS京都の石場昭雄氏に京都弁を交えて質問。石場Pは「あまり聞いたことない。よっぽどその人が厳しかったのかも?」と回答し、常盤は笑いながら「まぁ京都の人はそういうかもね!」とうなずいていた。

同番組では様々な魅力あふれる京都の美・知・芸・技・食の5つの分野にフォーカス。毎月、研究者、伝統文化・技能の継承者、料理人らを招きながら最新の京都情報を4K収録の美しい映像とともに届け、常盤は出演者として、毎月、季節の寺社仏閣や料亭、美術館、カフェなどを巡る。

常盤は「何分、こういう番組に慣れていないので全く想像できず、自分がどういう風にそこにいればわからないですが、ただただ楽しみ。大好きな京都をもっと知る機会を得られたことがうれしくて仕方ない」と噛み締めた。中でも「京都の紅葉は涙がでるほど美しい。自然ってこんなに色に溢れているんだと、東京で暮らしているとわからない。黄色のなかでも何色もある、それを知れたのは京都の紅葉が初めてだった」と感激した経験を明かした。

自身もマナーの洗礼を浴びながら「人付き合いの面白さもありますよね、『京都人の密かな楽しみ』という番組を以前やらせたもらったんですけど、『想像以上にややこしいな~』と」と苦笑。「ややこしさの裏には思いやりがあったり、そういうことを知ることで京都人を知るきっかけとなった。そういう人たちだからこそ、こういった町を守り続けることができるんだな」と納得していた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

常盤貴子 洗礼についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

時計を褒められたら話が長いの意だっけ?遠回しな表現の嫌味とか、礼儀の押し付けとか、難しい街ですよね…。

 

お茶漬けを出したら帰ってほしいとか、お嬢さんピアノ上手くなりはりましたなって言われたら、ピアノの音がうるさい忠告だとか。
性格が闇すぎる。上から目線なんでしょうね。
お互い様という言葉を知らないのかも。

 

うわっ、めんどくさっ
観光は良いけど、京都に住むのは絶対イヤ。
見栄っ張りしかいないイメージで、マウンティングで疲れそう。

 

あー、本当に面倒だわ、京都人は。
京都がいつでも1番やおもとりはりますから、
マジ面倒。
京都のしきたりが、全国のしきたりと思ってらっしゃるから、、、。

 

それなりのお店の場合だろうね。
すべての店がそうじゃないだろうから。

にしても紹介してくれた人、そんなに怒らなくてもね。
知らなかったわけだし。

 

私も仕事でひと月ほど滞在したけど地元女性の裏表に悩まされた。旅するに良いけど住めないと思った。

 

昔、紅葉の季節に京都に旅行したのですが、夜に紅葉のライトアップをしているというお寺に行く時に、近くまで来ていた様なのですが、そこから道が分からなくなり側にあったお店で道を聞こうと『ごめんください…』と言って一歩お店に入ったら(扉は全開になっていました)、奥から年配の女性が物凄い剣幕で出て来て、早口で大声で怒鳴り散らされ、最期に『塩蒔くぞー』と叫ばれました。
『ごめんください…』しか言ってないですし、、、きっと一歩お店に入ってしまったのが行けなかったのかも知れないです。
とてもビックリして涙目になりました。
せっかくの旅が台無しでした。
京都は好きで何度も行っていましたが、それ以来行かなくなりました。

 

そんな決め事は わからん地方の人にまで当てはめられてもね。 教えてもらえなかったら なんで怒られたのかもわからん。
だから 京都は苦手で行かない。いつも通過だ。
回りくどい言い方が 嫌味な言い方しかでけへんのやなって思ってしまう。

 

スポンサーリンク

常盤貴子 洗礼のまとめ

以上、常盤貴子 洗礼について調べてみました。

京都は古い町だから特有のルールがまだまだ存在していそうですね。

京都は好きな街で良く行くのですが、

住むには大変そうですね。

 

 

コメント