八重樫東 心境がヤバい!大橋会長の引退勧告に頭の中をぐるぐる

エンタメ

八重樫東 心境が注目されていますね。

ボクシング元世界3階級制覇王者・八重樫東選手

大橋会長から引退勧告を受け現在の心境を語り話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

八重樫東 心境がヤバい!大橋会長の引退勧告に頭の中をぐるぐる

八重樫東選手の大橋会長から引退勧告を受けた事について

次のように報道されています。

プロボクシングの名門、大橋ジムの大橋秀行会長が27日までに、自身のインスタグラムにて、元世界3階級制覇王者、八重樫東(37)に引退勧告を行ったことを発信した。投稿された文章は「八重樫東には引退勧告しました。本人が考えて結論を出すと思います。これからも八重樫東を宜しくお願いします。試合の時タオルを入れるタイミングを逃しましたが、今日タオルを入れました」というもの。八重樫の37歳の誕生日となる25日に、八重樫東後援会の報告会が行われたが、その際、マイクを向けられ挨拶に立った大橋会長が、インスタに書き込んだような”公開引退勧告”を行ったという。

 

大橋会長が八重樫東選手への引退勧告の報告したインスタグラムがこちら↓

 

大橋会長から引退勧告を受けた八重樫東選手は

どの様な心境なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

八重樫東 引退勧告を受けた心境

――引退勧告を受け、結論は出ましたか?

「うーん、どうですかねえ。どうなんだろう。今は、ネットニュースだけが独り歩きしてしまっているように感じます。もう(どうするかの結論は)決まっていると言えば決まっていますが、行動に移すまでには至っていない。頭の中でぐるぐる回っている感じなんです」

引退勧告を受け結論は決まっているようですが

まだ行動には移せていないようで

頭の中をぐるぐる回っているそうです。

簡単に決められる事ではないですよね。

 

現在の八重樫東選手はジムワークを再開しているそうで

その理由を

「これから、どうしたいのか、自分では今はわからないし、何も決まっていません。次に何をしたいか、やれるのかもまだハッキリとはしないんです。正直、やる(現役続行)という選択肢はないと思うんです。でも、気持ちが変わったときに、動き始めても、もう年齢的にも遅いし間に合わない。今は、まだボクシングライセンスは返上していません。やるにしろ、辞めるにしろ、自分の気持ちが決まったときに、その時点で肉体の準備だけはしてあるという状態にしておきたいんです。決してボロボロになるまでボクシングをやろうという気持ちもないんです」

と語ります。

引退勧告を受けた大橋会長について

「会長の気持ちはだいたいわかっています。会長の言葉を受けて、僕の結論を会長に伝えて、今後、どうする、こうするについては、会長と一緒に決めることになるでしょう。でも僕としては、ハッキリと、これからどうするんだということを決めてから、会長に話をしにいくつもりでいます。幸い会長からは、いつまでに結論を出しなさい、という期限がなかったので、もう少し考えさせて下さい。いずれにしろ悔いの残るような選択はしません」

ボクシングに対してまだ未練があるのでしょうね。

悔いが残らない決断をして欲しいですね。

 

スポンサーリンク

八重樫東 心境についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

全ての試合が確実な打ち合いで、試合の度に眼を腫らして満身創痍。
熱い試合が多くて、この人こそファイターだと思いながら観てました。
ありがとうと言いたいです。
少し休んで下さい。

 

「ボロボロになるまでやるつもりはない」と言う激闘王の言葉に、どこか安堵するいちファンの自分がいる。本当にボクシングで楽しませてもらった八重樫選手には賛辞と感謝しかない!答えを出す期間を設けなかった大橋会長の優しさに感銘した。ボクシングをこよなく愛し、突き進んで来た男の花道だから十分時間をかけて答えを出して欲しいと思うし、これからも八重樫選手の動向を暖かく見守って行きたいと思う!^_^

 

まだ未練があるかもしれないけどやっぱり考えなあかん時かなあ。
でも、結構バラエティーとか向いてると思うんですけど。楽しそうやし。
良い第二の人生を謳歌して欲しいですね。

 

良くやったと思うよ 本当に!
私の中のベスト試合は井岡戦です。
あれは本当にドキドキしたよ!
これからの人生 結構長いから これからは体のケアをして欲しい。
喫茶店 繁盛させて下さい!

 

素晴らしいファイターであり、感動する試合を十分見させてもらいました。後は自分の身体をご自愛するよう望みますが、ゆっくりお決めください。

 

ガードを下げて打ち合うスタイルだけに、もう辞めないと取り返しのつかないことになります。
本当にお疲れさまでした。これまでの実績の輝きはこれからも変わらず美しいままです。

 

正直に言って、ボクシングがスピードや技術勝負だけの世界ならば、八重樫選手より上の選手は過去にも今現在にもいるけど(けしてけなしている意図ではない)、
八重樫選手が本当に光っていたのは、粘り強い姿勢と、どんな状況でも諦めない精神力。
記事のように引退なら残念だけど、今まで楽しい試合を観せて頂いた感謝と、第二の人生も活躍を祈ってます。もし指導者になるなら、良い後輩を育てそう。

 

一ファンからすると八重樫はやり切った感は確かにある、この近年は顔を腫らす試合が多く観ていても悲壮感などもあったが、その逆境から反撃する姿に感動させられた、大橋会長も苦渋の引退勧告だろうし、後は本人の意思だし、元三階級王者、八重樫東と言うブランドも今なら色あせないと思います。

 

スポンサーリンク

八重樫東 心境のまとめ

以上、八重樫東 心境について調べてみました。

 

コメント