スリムクラブ 胸中告白がヤバい!先輩達に救われていた!

エンタメ

スリムクラブ 胸中告白が注目されていますね。

営業問題で謹慎生活を送ったスリムクラブ

再起をかけた思いを語った胸中告白が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

スリムクラブ 胸中告白がヤバい!先輩達に救われていた!

お笑い界に衝撃を与えた闇営業問題

現在では殆どの芸人が活動を再開しています。

その中のスリムクラブの胸中はどんな思いなのでしょうか?

 

2019年夏、お笑い界は、大スキャンダルに揺れた。吉本興業所属の宮迫博之や田村亮ら芸人が反社会勢力の集まりに参加し、連日、ワイドショー等を賑わした一連の闇営業問題である。

その渦中の6月28日、そこから飛び火するかのように一枚の写真が写真週刊誌に掲載された。夜の飲食店らしきところでスリムクラブと数人の男が一緒に写っている写真だった。この写真は遡ること3年、2016年夏に撮られたものだった。

スリムクラブは他事務所の芸人仲間から「ギャラ10万で飲食店経営者の誕生日会に来て欲しい」と声をかけられ、軽い気持ちで応じた。ところが、そこに座っていたうちの1人が指定暴力団の幹部だったことがのちにわかったのだ。

2人の所属先である吉本興業は、無期謹慎処分を言い渡す。その際、2人は事務所が発表するリリース用の謝罪コメントをしたためた。奇しくも、同じ書き出しになった。

〈悔しいです〉

真栄田が本音を明かす。

「恨み節ですよ。僕らを紹介した人に対してとか。飲食店のオーナーって言ったじゃんって」

だが、いろいろな人の意見を聞いて、その言葉は削除した。内間が話す。

「気持ちはわかるが、自分に非がないということを押し出し過ぎてると。今になると、そうだなと思えるんですけど、あのときは本当に悔しさしかなかったんで」

内間は復帰ステージに立ったときの心境をこう思い出した。

「お客さんが、今の僕らにあまりいいイメージを持ってないと思っていたので、『お帰り!』とか言ってもらえて、うわ、本当にお騒がせしてすみませんっていう気持ちになって。他に何を言えばいいのかわからなくなってしまいましたね」

だが、しんみりとさせることが彼らの仕事ではない。客を笑わせなければ舞台に立つ資格はない。不謹慎の誹りを受けぬよう、ギリギリのところで真栄田は「罪」を笑いに変えた。

 

闇営業問題への本音は悔しいでしょうね。

 

復帰後の舞台の様子がこちら

 

スポンサーリンク

スリムクラブを救った先輩とは?

謹慎中は落ち込んでいたですが

そんなスリムクラブを先輩たちが支えてくれたそうです。

謹慎中、真栄田は軽いパニック症状に陥ったという。

「無期謹慎って言われたときは、人生でいちばんの恐怖を味わった。胸が苦しくなって。夜もなかなか眠れないので、外を歩き回って。パニックになって、いろんな人に電話をかけて、金貸してくれ、金貸してくれって。ちょっとおかしくなってましたね」

2人とも稼ぎは悪くなかったが、真栄田には極端な浪費癖があった。

「おれ、蓄えがないんです。ギャンブルはやらないんで、ほとんどが飲み代ですね。それも後輩に奢って、自慢したいだけなんですよ。まあ、女も好きなんで、浮気もしましたけど」

一方、内間はカメラ恐怖症になった。

「ネットにうちの住所が晒されていて。丁目も番地も号も、最後まで載っていたので、家にけっこう記者が来て。家を出るとわーっと寄ってきて、それがめっちゃ怖かったです。それ以来、カメラを持っている人を見ると、ビクッとするようになっちゃって」

ただ、苦しかったときだけに、人の優しさが身にしみた。

真栄田の窮状を知り、真っ先に手を差し伸べてくれたのは吉本興業の先輩でもあるダウンタウンの松本人志だった。真栄田が振り返る。

「食事に呼んでもらって、まず最初に『お前、嘘はついてないよな。ほんまに知らんで行ったんよな』と。なので、はい、と答えました。そうしたら、経済的なことでもなんでも助けてやるって言ってくれたので、お願いしますって即答したら、横にいた(先輩芸人の)たむらけんじさんに『早い! 早い! 一回は断るもんや』ってたしなめられました。

でも、しばらくして、放送作家の方がうちにお金を届けてくれたんです。誰からですかって聞いたら、『本人はタイガーマスクと名乗ってます』って。あ、松本さんや、ありがとうございます、って」

また、事件後に降板したバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』で一緒だった松村邦洋は毎晩のように真栄田に電話をかけてきてくれた。あるときは漫談を30分も聞かせてくれた。

情報番組『スッキリ』でMCを務める加藤浩次が吉本興業に対し「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める!」とかみついたときは、加藤の身を案じつつ、こんな持論をぶつけてきた。

「真栄田君、大塩平八郎の乱も、島原の乱も、乱と呼ばれたものは全部、鎮圧されてきた。加藤君も、加藤の乱って言われてるじゃないですか。彼は、ちょっと早まったんじゃないかな」

真栄田は松村にも無心を申し出たが「僕は金の貸し借りはしてないんだ。ごめんね」と断られる。すると、後日、一冊の本が送られてきたという。

「相田みつをの本でした。彼、優しいんですよ。そのあとも、酒でも飲んでくれって、獺祭を送ってきてくれましたね」

謹慎中は老人ホームでボランティアをしながら、時間さえあれば、災いを招いてしまった自分たちと真正面から向き合った。内間は自分の卑しさを恥じた。

「あのときは、せこい考えがあった。生活費を稼ぐためというより、僕は単なる遊ぶお金が欲しかったんです。もらえるもんはもらっておこうみたいな考え方です」

真栄田は『探偵!ナイトスクープ』の2代目局長だった俳優・西田敏行からの電話で目が覚めたという。

「自分の中にあった恐怖心について考えてるとき、西田さんから電話があって『真栄田君、自分が何でお笑いを選んだのか、何で舞台に立っているのか、もう一度、よく考えてみなさい』って言われて。そうだって思った。やっぱり、人を笑わせるのが好きだったんですよ。なのに、いつの間にか地位とか金を追いかけてた。そんなんじゃ楽しくできねえよなと」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

松本人志さん、松村邦洋さん、西田敏行さん

スリムクラブはたくさんの先輩達に手を差し伸べられたみたいですね。

落ちている時に助けて貰えるのは本当に嬉しいですよね。

これからの活躍で恩返しをして貰いたいですね。

 

 

スポンサーリンク

スリムクラブ 胸中告白についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

酒飲んだり浮気したり浪費しながら金貸しくれって感覚がそもそもおかしい。
松村は大正解。

 

人にすぐに金貸してくれ貸してくれと言える人はロクな奴が居ないが私の持論。病気になれば?家族に何かあったら?なんて考えないで使っていたんだから、貸したり金渡す人も優しいとかは私は思わない。なんかあれば貸してもらえる。誰かが助けて金くれるが身についたら人は変わらないだろうと思う。

 

困っている時に助けてもらうって事は一生忘れないですよね。逆に今まで仲良かったのに距離を置く人もいるでしょう、自分はどうだろう?助けてあげれる人間になりたいが、なかなか難しい。

 

この記事を読んだ限りでは、真栄田の場合は身から出た錆って感じがするけど。

 

松村邦洋さんは爆笑問題の太田さんが事務所を辞めた時も毎日のように電話してきて太田さんに励ましの言葉を掛けてたって話聞いたけどこういうことができる人ってなんかいいよね

 

やはり松村さんはほんとに優しくていい人だ、っていう話ですよね。当事者は、本人の人間性に問題がありそうだから、またなんかしでかしそう。

 

松本さん、松村さん、西田さん皆さん素晴らしい方々です
その恩を忘れずに頑張ってほしいです

 

松本さん、西田さんもホントに優しく後輩思いですね。松村さんはキッパリとお金の貸し借りは断るが、そこがまた優しさですね。
先輩達の優しさを絶対に忘れないで欲しいです。

 

スポンサーリンク

スリムクラブ 胸中告白のまとめ

優しい後輩思いの先輩達に助けられていたスリムクラブ

これから巻き返して活躍する事で先輩達に恩返しをして欲しいですね。

以上、スリムクラブ 胸中告白について調べてみました。

 

コメント