るろ剣 逆刃刀・真打 再現がヤバい!画像あり!完成度が凄すぎる!

エンタメ
スポンサーリンク

るろ剣 逆刃刀・真打 再現が注目されていますね。

人気漫画「るろうに剣心」通称るろ剣の逆刃刀・真打

刀匠の手によって完全再現されて作られました。

漫画の刀を現実で再現した逆刃刀・真打はどの様なものなのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

るろ剣 逆刃刀・真打 再現がヤバい!画像あり!完成度が凄すぎる!

るろ剣の逆刃刀・真打の再現された刀について次のように報道されています。

4月24日から東京で開催される人気漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(作者:和月伸宏)の初となる展覧会『るろうに剣心展』。そこで展示される主人公・緋村剣心の愛刀を完全再現した「逆刃刀・真打」の詳細が公開された。

 

るろ剣の逆刃刀・真打の完全再現は関市の無鑑査刀匠により制作されたものだそうです。

愛知県・犬山市の博物館明治村の依頼のもと、岐阜県・関市の無鑑査刀匠・尾川兼國(おがわ・かねくに)氏が制作した一振りである「逆刃刀・真打」は、人を殺傷するのではなく峰打ちの状態になるよう、刀の刃と峰の部分が通常の刀とは逆向きに打たれており、原作通りに完全再現。また、茎(なかご、刀身の内側)の部分には、作中と同様に「我を斬り刃(やいば)鍛えて幾星霜 子に恨まれんとも孫の世の為」の銘が刻まれている。

 

るろ剣の逆刃刀・真打の画像がこちら↓

 

作中と同様の銘が刻まれているところが嬉しいですね。

是非とも実物も拝見したいですね。

 

展覧会の展示内容を収録した公式図録には

るろ剣の作者・和月伸宏先生とONE PIECEの尾田栄一郎先生の対談も収録されていいるそうです。

尾田先生はるろ剣のアシスタントを務めていた和月組のひとり

売れた漫画がの多い和月組の中でも最も売れている漫画家ですよね・

どんな対談をしたのか気になりますね。

 

スポンサーリンク

るろ剣 逆刃刀・真打 再現の詳細

詳しい記事はこちら

4月24日から東京で開催される人気漫画『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(作者:和月伸宏)の初となる展覧会『るろうに剣心展』。そこで展示される主人公・緋村剣心の愛刀を完全再現した「逆刃刀・真打」の詳細が公開された。

愛知県・犬山市の博物館明治村の依頼のもと、岐阜県・関市の無鑑査刀匠・尾川兼國(おがわ・かねくに)氏が制作した一振りである「逆刃刀・真打」は、人を殺傷するのではなく峰打ちの状態になるよう、刀の刃と峰の部分が通常の刀とは逆向きに打たれており、原作通りに完全再現。また、茎(なかご、刀身の内側)の部分には、作中と同様に「我を斬り刃(やいば)鍛えて幾星霜 子に恨まれんとも孫の世の為」の銘が刻まれている。

同展は1994年に『週刊少年ジャンプ』で連載をスタートしてから、2019年に作品誕生25周年を迎えたことを記念して企画されたもの。連載時の原画200点以上を一堂に集めて展示するほか、続編として『ジャンプスクエア』で連載中の「北海道編」や、作者の創作メモ、設定資料なども紹介し、物語を振り返る会場限定の映像や映画をはじめとしたメディア展開といった、ここでしか見ることのできない展示物を集めた初の大規模作品展となる。

原画展示エリアでは、『週刊少年ジャンプ』連載時の原画を中心に「仲間とは」、「正義とは」など作品を語る上で欠かせない5つのキーワードに分類して展示。その中で注目なのは「逆刃刀・真打」が展示されている「命とは」エリアで、剣心が初めてこの刀を手にした場面など多くの名シーンの原画を鑑賞することで、より深く“るろ剣”世界を堪能できる。

そのほか、作中に登場する牛鍋屋「赤べこ」「白べこ」の姉妹店としてオープンする展覧会公式ショップ『黒べこ』では、オリジナルグッズや展覧会の展示内容を収録した公式図録を販売。公式図録は、描き下ろしキービジュアルを含む展示原画200点以上が収録され、原画の魅力と展覧会の感動を伝える内容となり、かつて『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』のアシスタントを経験したこともある『ONE PIECE』尾田栄一郎氏と和月氏のスペシャル対談や、映画『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督のインタビューなどが収録される。

東京ドームシティGallery AaMo(ギャラリー アーモ)で4月24日から6月7日まで開催(会期中無休)される。(※4月24・25日は先行鑑賞券のみ入場可能。申込みは終了)。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

るろ剣 逆刃刀・真打 再現についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

しっかり赤空の一句までほってあるところにこだわりを感じる。

 

無鑑査刀匠に選任されるための基準は、「協会が主催する現代刀職展において、入賞15回のうち、特賞を8回以上(太刀・刀・脇指・薙刀・槍の部)受賞し、そのうちに高松宮記念賞(平成17年まで高松宮賞)を2回以上受賞した者、もしくは特賞を10回以上(太刀・刀・脇指・薙刀・槍の部の特賞を6回以上)受賞した者で、人格が高潔であり、刀匠として抜群の技量が認められる者」(無鑑査選任基準1)。

この基準を満たした上で、日本美術刀剣保存協会の理事会による承認議決を経て、日本美術刀剣保存協会会長から無鑑査の資格が授与されることによって、はじめて無鑑査刀匠となる

だそうです。要するにすごい刀匠。
無認可保育園とか、無免許医みたいに、ちょっと落ちるのかなと思いきや逆ですね。

 

なんと無鑑査の方か作刀されるとは驚きですね。
なんて遊び心を持たれた方なんでしょう。
愛刀の作成依頼をしたいところですか、無鑑査となると将来の人間国宝じゃないですか、とてもじゃないが手が出せないです(泣)

 

ほんの少し勉強した程度ですが
刀という力学を考えた時にあの形で刃を逆にするということに
鎌のようでいながら刀の強度や意味を持たせるということは大変難しいと知りました
鎌ならいいですが刀となると違うと

単純に見た目だけならなんとかなるかもしれませんが刀を逆にするという構造強度重点など
とんでもない作りなんだなってとんでもない技術だとただただ感嘆するばかりです

 

るろ剣は一人一人のキャラが濃いのなんのって。
連載から20年経ってるけど、未だにキャラの名前、特性、
セリフなど覚えてるからね。
こういう漫画は数えるほどしかない。

 

この間まで行われていた明治村のるろ剣のイベントで展示されていた物ですね。無鑑査という高い技術をお持ちの方が作刀されたものなので、イベントが終わってお蔵入りなら勿体ないと思っていましたが、是非多くの人に見て頂きたいですね。

 

大昔。
るろうに剣心の連載が始まるはるか前にTV番組である刀匠の方のドキュメンタリーを見たことがあります。
小学生の癖にそういうモノ作りが面白くて見てたわけですが、その方の作品が逆刃刀でした。

その番組をみて「ああ、こういう刀もあるんだなぁ」と感心したのを覚えています。

もしかすると作者の方もそれを見ておられたのかも知れないなぁ、とか連載を読んだ時に思ったもんです。

 

いやこいつはすごい。まさに完全再現。
刀匠の方ももちろんですが、研ぎ師の方にも敬意を表したい。
拵えの類は作られるのでしょうか?そちらも気になります。

 

スポンサーリンク

るろ剣 逆刃刀・真打 再現のまとめ

以上、るろ剣 逆刃刀・真打 再現について調べてみました。

 

コメント