Aimer 自身初のオリコン1位にネットは歓喜の嵐!

エンタメ

Aimer 自身初が注目されていますね。

女性シンガーのAimerさんのシングルがオリコンで自身初の1位を獲得

女性ソロのシングル1位は5年ぶりだと話題になっています。

スポンサーリンク

Aimer 自身初のオリコン1位にネットは歓喜の嵐!

Aimer(エメ)さんの最新シングル「I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing」が、

オリコン週間シングルランキングで初登場1位を獲得。

Aimerさんのデビュー以来、自身初の1位となります。

更に、女性ソロのシングル1位は5年ぶりという事です。

 

 

「I beg you」は、

劇場版アニメ『「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」II.lost butterfly』の主題歌で

ミュージックビデオには、浜辺美波さんが出演している事も話題となっています。

「花びらたちのマーチ」、「Sailing」も含めたトリプルA面シングルとなっています。

 

 

Aimerさんのプロフィール非公開

自身の長年の愛称である「エメ」に由来し、名前を付けたそうです。

ェメが愛称とは、本名はなんて言うのでしょうね。

Aimerさんはアニメの曲を多く歌っていて、

いわゆるアニソン歌手の一角をイメージを持っておられる方が多いと思います。

しかし、アニソン以外にも良い曲は沢山あり、

アニソンのくくりにはとらわれない歌手だとおもいます。

 

 

スポンサーリンク

Aimer 自身初についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

Lemonも好きな曲だけど
抜いたのがとても嬉しい!

レ•ミゼラブルの主題歌も
ドラマとマッチしていたし
本当に良い唄を毎日聴いて勇気付けさせてもらっている!
個人的には1位はRef:rainだったけど
Sailingが上回った!

もっと評価されるべきアーティストだと思う!

これからも躍進し続けることを祈っていま

 

ガンダムUCのエンディングテーマで彼女を知り、以来ずっと注目していました。
今の歌声は病気が原因で、治療すると変わってしまうと聞きました。
完治してほしいのはもちろんですが、今の歌声が変わってしまうのは寂しい、複雑な気持ちです。
どちらにしても、今後益々の活躍に期待したいです。

 

アニソンの恩恵も有るんだろうけどおめでとう。
去年ライブ行ってからAimerの大ファンになりました。
MCで最近急に売れ出したためか不安やファンへの気遣い
等繊細で謙虚なアーティストでした。
ライブはポップな曲もありますがクラシック聴いてるみたいで引き込まれます。

 

Aimerはもっと売れていいアーティスト。
RAD WIMPSの野田が楽曲提供したり、
澤野弘之とのコラボ([nzk])だったりと、
良曲が多い。
あまりメディアに顔を出さないのですが、
過去にはMステにも出演されているので、
個人的にはもっと売れてほしい。

 

一作毎に売り上げも順位も上げ
コンサートも規模を広げ
確実に記憶にも記録にも少しずつ広げてきた
Aimerこそ歌姫の称号をこれから獲得していって欲しい。
音楽業界が不振だからこそトップニュースにすれば良いのにね。

 

Fate以外でもUCとか夏目とか、アニソンが多いのは確かだが、歌唱力が評価されてのランクインは嬉しい。
大量にCDを売り上げていても、実際にはヒットしていない事ばかりの現在、もっと実力がランキングに反映されるべき。

 

アニソンを歌う事が多い彼女だが最近のアイドル声優なんか目じゃないくらいに上手いし歌声が綺麗

 

これを機会に過去の名曲も評価されて欲しい

 

Aimerさんのオリコン1位の獲得を喜ぶ声が多いですね。

もっと、世間に評価されて欲しいという声も多数見分けられます。

 

スポンサーリンク

Aimer 自身初の詳細

詳しい記事はこちら

日本人女性歌手Aimer(エメ)の最新シングル「I beg you/花びらたちのマーチ/Sailing」がオリコン週間シングルランキング(オリコン調べ、集計期間1月7日~13日)で初登場1位を獲得、11年9月のデビュー以来、シングル・アルバムを通じ自身初の1位となった。女性ソロアーティストのシングル1位は14年1月20日付の岩佐美咲以来5年ぶりとなる。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

スポンサーリンク

Aimer 自身初のまとめ

以上、Aimer 自身初を調べてみました。

人気アニメの主題歌だから、と言うよりはAimerの歌唱力が評価されてきた結果の

オリコン1位獲得ですね。

Aimerの過去作品の再評価もありそうな感じですね。

 

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント